2018-06

攻殻機動隊 - Stand Alone Complex O.S.T 1~3 & Solid State Society - 2003.01.22 Wed









[sales data]
O.S.T 1(2003/1/22)
O.S.T 2(2004/5/26)
O.S.T 3(2005/7/21)
Solid State Society(2006/11/22)
[producer]
菅野よう子
[member]
菅野よう子
Origa
スティーブ・コンテ
今堀恒雄
渡辺等
佐野康夫
三沢またろう
本田雅人
etc







本パチスロで快勝したため一気にまとめ買いです。

9212.jpg

大規模な核戦争による第3次核大戦~第4次非核大戦を経て荒廃した2029年から
世界が「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台で、
士郎正宗原作の劇場用アニメ映画が1995年に公開され、TVアニメ作品も放送された
人気シリーズ作品なのですが、[士郎正宗の原作版][押井守の映画版][神山健治のS.A.C.]
[黄瀬和哉と冲方丁のARISE]では時代設定や主人公の草薙素子のキャラクター設定、
ストーリーを始め多くの相違点があり、それぞれが原作を核とした別作品という変わった
作品です。

アニメ内容はTVやDVDで見ていただくとして音楽全般を仕切っているのが
数多くのアニメ作品の音楽を担当している菅野よう子さん

近未来のアニメ作品質から打ち込みやブレイクビーツを多用したエレクトリカルなサウンドで、
バンドサウンドには今堀恒雄、渡辺等、佐野康夫、三沢またろう、本田雅人らも参加。

今回もいつものように音楽の良さに魅かれているのだろうと思っていたのですが、
TVアニメシリーズをず~っと見ていたにも関わらず全く場面が浮かびません・・・
通しで聴いて分かったことですが、このアニメ特製をフルに使った電脳世界という
特殊な作品コンセプトや薬害問題、難民問題、高齢化問題など現実的なネタに
はまっていただけで音楽に魅了されていたわけではありませんでした(苦笑)

ただOP曲や各所に挿入されるOrigaさんの透き通るような声質には「ビビっ」と来るものがあり、
色々調べていたら、ロシアの方でソ連を訪れた札幌大学の教授と偶然懇意になり、
1991年11月に姉妹都市の交流プログラムの一員として来日し札幌で3か月ホームステイする間に
数々のコンサートやテレビ出演を重ねていたところをスカウトされ、
1992年に札幌のインディーズ・レーベルからアルバムを発売するという流れで
東芝EMIからもソロアルバムもコンスタントにリリースしているのですが、
昨年肺がんによる心不全でお亡くなりになっているようです(44歳没)







尚、スティーヴン・スピルバーグとドリームワークスが本作品の実写映画権を獲得し
3D実写映画として製作すると発表されましたが公開時期は未定。
スポンサーサイト

ガールズ&パンツァーOST/浜口史郎 - 2012.12.26 Wed









[sales data]
2012/12/26
[composer]
小池克実
[member]
浜口史郎(key.synthe)
高桑英世/森川道代(fl)
元木瑞香/秋山かえで/
川井夏香/野田祐介(clarinet)
平原まこと/近藤淳(sax)
藤田乙比古/高橋臣宜(horn)
西村浩ニ/菅坡雅彦/
横山均/奥村晶(tp)
中川英二郎/鹿討奏/山城純子
(trombone)
後藤文夫/大山智(euphonium)
次田心平/大塚哲也(tuba)
高田みどり/藤井珠緒/草刈みどり(per)
篠崎正嗣ストリングス(strings)






夏公開予定からかなりずれてスロットの方が一足早くデビューしましたが
ガルパン劇場版、いよいよ本日公開です!



劇場版のサントラも既に購入済みですが、映画はもう少し人が減ってから、
人目を忍んで観に行く予定なので(苦笑)鑑賞後に改めてレヴューしたいと思います。

アニメの内容を説明するのは野暮なので、興味のある方は自分で調べてください。
[ガールズ&パンツァーとは]

私がこのアニメにはまったのは内容というより「突飛な発想」です。

特に戦車マニアというわけではありませんが、キャピキャピの女子高生が戦車に乗って
市街戦でドンパチやるという発想は美少女ロボットアニメに飽き飽きしていた自分には衝撃的でした。

最近は軍艦物も多いんですよね、「艦隊これくしょん」とか「蒼き鋼のアルペジオ」とか
次は戦闘機物になるんでしょうか?

 

又アニメの舞台が以前、営業でお世話になった茨城県の大洗町で津波被害を受けた
復興&町興しに一役買っているのも親近感を覚えます。


大洗町「ガールズ&パンツァー」特設サイトはこちら

そして音楽が良い。

音楽担当の浜口史郎氏はインタビューの中で、水島努監督から1曲ごとにハッキリ細かく
指示が出て、特に戦闘場面では「最近のハリウッド映画的な音楽ではなく
昔の戦争映画音楽っぽく」というリクエストに応えて仕上げたとおっしゃっていますが、
特に演奏面で工夫したのがチューバ2本、ユーフォニアム2本更にトランペット4本
(コルネットを併用)と管楽器を厚くしてブラスバンド感を強調したとのことで
打ち込みではなく吹奏楽演奏(弦楽器含)なのが作品質にとても合っています。
にんまりしてしまったのはそのチューバやユーフォニアムは「響け!ユーフォニアム」の
おかげで地味ながら力強い演奏風景が目に浮かびます(笑)
又個人的には藤井珠緒さんが参加しているのがナイスですが、音楽隊のサウンドにするため
パーカッションを強調するためスネアを3人で叩くなど細部にかなりこだわっているようです。



最近、アニメや映画はベタなクラシック大曲を取り入れたものが多いように感じますが
やはり場面、場面に合わせたオリジナル曲でその情景を表現して欲しいですね。





巷で大人気、あんこう踊り


ではスロッターの有志よ、サントラ聴いて気分を高揚させ
いざ、パンツァー・フォー(Panzer vor) 健闘を祈る!!!



これは余談ですが、以前、北海道の富良野~旭川と営業で車で飛ばしている時に
上富良野近辺の国道の信号機で自衛隊のトラックの後に止まったんですね。
何か後に積んでるなと思ったら、幌が風でめくれて何かこっちに向いてるんですよ。
何だろうと思ったら、戦車の戦車砲がこっちに向いてるんですよ。
弾入ってなくてもちょっと怖かったです。
私は目撃してませんが千歳市では訓練所の移動の際、市道を走るようです(笑)

しろくまカフェ ミュージックプレイリスト - 2013.01.25 Fri









[sales data]
2013/1/25
[producer]
河野裕介
[member]
JP
クラムボン
近藤研二他




しろくまカフェ高田馬場店、好評営業中!!!

sirokuma.jpg

本ブログ強力推薦アニメ「しろくまカフェ」のサントラです。

アニメをご覧の方はご存知かと思いますが、番組エンディング曲は作品出演の動物達や
登場キャラクターがほぼ全員持ち歌を持っていてそれぞれがどんどんシングル発売されていて
ボーカルアルバムもあります。



本作はサントラなのですが、このアニメの音楽担当は近藤研二さん(栗コーダーカルテットの
メンバーで「つみきのいえ」という作品で第81回アカデミー賞短編アニメーション賞受賞)
という方が一手(一部外注)に担当しているようで、手記によると番組担当者から
「全体的に残念な感じで」と制作を依頼され、サザエさんのような世界を意識して作ったそうです。

しろくまカフェの常連客にはたまらないホンワカな53トラック収録盤です!

魔法少女まどかマギカ Music Collection - 2013.12.25 Wed









[sales data]
2013/12/25
[producer]
森康哲
[musician]
梶浦由紀(key&programming)
Claris(vo)
Kalafina(vo)
鹿目まどか(vo)
美樹さやか(vo)
佐倉杏子(vo)
etc




スロットのまどマギフリーズ2回目記念で購入してみました。
アニメ作品のサントラ購入はEVA、しろくまカフェに次いで3枚目です。
作品内容に精通しておらず、パチスロBGMで興味を持った私のようなにわかファンには
アルバム用のオリジナル楽曲も収録されていて耳馴染みないサウンドが多いのですが
上質なアンビエント作品でアニメ作品をじっくり鑑賞すれば、印象が変わるかもと
思いながら、毎日聴いていたらジワジワ良さが分かってきました。

もし私が本アルバムの販促プロモーターなら迷いなく、パチスロのフリーズ演出担当した人に
10分程度のダイジェスト編集をお願いして映像特典(CD-ROM版)を付けたのになぁ・・・


(コネクトはとってもいい歌だと思います)

(PS)
巷で指摘されてるかもしれませんが、劇中効果的に使われているnumquam vincarのベース旋律は
マイク・オールドフィールドのチューブラー・ベルズのパクリですよね?(苦笑)

のんのんびよりOST/水谷広美 - 2013.12.25 Wed









[sales data]
2013/12/25
[composer]
水谷広美
[member]
水谷広美
nana.RIPE
宮内れんげ
一条蛍
越谷夏海
越谷小鞠
etc




私事ですが、本日滞りなく父の一周忌を終えることができました。

そんなこんなで今夜はゆる~い脱力系ネタで行きたいと思います。

今年はまったアニメは「ユリ熊嵐」「響け!ユーフォニアム」と「のんのんびより」の
三作品。

最近のアニメはテンポが速くてストーリーも難解なものが多いのでこの手のユルユルアニメに
心癒されることが多いのですが、「のんのんびより」は2013年にTV放送されていたのですが、
その時は見逃してしまったのですが今年放送されたTVアニメ第2期「のんのんびより りぴーと」を
たまたま観てその世界観にどっぷり魅入りました。



このアニメは殆ど女の子しか出てきませんが、今流行なHな場面は皆無です。
登場する人物設定がしっかりしていて、それぞれが個性的で上下、縦横の人間関係を
整理して観ると更に面白いと思います。

音楽を担当した水谷広美さんによると川面監督に「音は薄めでひたすらのんびりゆったりした
田舎を表現したい」という強い要望があったとのことです。

過疎の進む田舎暮らしの生活は、このアニメ世界で描かれるようなほのぼのしたものでは
ないでしょうが、どこかにこんな「人間味溢れる心豊かな現実」があって欲しいと願ってしまう
のほほ~んとした桃源郷を音で表現した素晴らしい内容です。



れんげちゃんの「にゃんぱすー」は人気となり、2013年度アニメ流行語大賞金賞(第1位)を
受賞したそうです。

艦響/艦隊コレクション「艦これ」OST - 2015.03.25 Wed









[sales data]
2015/3/25
[producer]
亀岡夏海




出撃の音楽が「サンダーバード」なことには触れませんが(笑)かなり良いです。

改めてサントラを聴くと音楽は抜群にいいのにアニメコンテンツ内でBGMの印象が
薄い気がするのは、通常のサントラは主テーマ部分のアレンジを変えて何度も挿入して
音イメージのインプット(固定化)をするのですが、「艦これ」の場合は細かく場面場面で
複数のメイン曲があるため「ここぞ」の場面に持ってくるサビ部分のインパクトを
弱く感じさせてしまうのではないかと思います。

a_201602012110595ce.jpg

続編が春から放送とのことですので、音楽ともども新たな展開をとても楽しみにしていますが
主題歌を含め「「艦これ」の音は「これだ」」という決定打の登場に期待します。



最終回の最終場面に写った如月ちゃんの髪飾りがファンの間で物議を呼びましたが
謎は解けるのでしょうか・・・

img_11_201504071808301c9.jpg

ユリ熊嵐 オリジナルサウンドトラック - 2015.04.24 Fri









[sales data]
2015/4/24
[producer]
橋本由香利
[musician]
河合代介(org)
近藤奈々(bvo)
五阿弥瑠奈(bvo)
遠山哲郎(g)
渡辺等(b)
春野春樹(p)
竹下良成(sax)
ボンジュール鈴木(vo)
今野均ストリングス




最近、感激したアニメのサントラを即買いする傾向が強まってきたのですが
今年、初めに魅了されたシュールでファンタジーな作品のサントラです(ガウガウ)



色の使い方が独特で「断絶の壁」「透明の嵐」「約束のキス」など謎のキーワードを散りばめ
ここまで分析するか?というマニアな方の視点の作品評もありますのでご参照ください)
最初はストーリーが難解で、百合から想像できるように最近流行の?レズ色が強かったのですが
その難解なストーリーが回を追うごとに「カイソウ(回想)」というスタイルで
ピースを当てはめどんどん明確になっていくという面白い展開でした(ガウガウ)

ただこのサントラには個人的に二つ不満な点があり

1)誰もが思っている思いますが、クマショック!とか携帯着信音とかの効果音を入れるなら
  何故「タイトルコール」を入れないのかと!(ガウガウ)
  オープニングは当然これから始まるものかと思ってましたよ・・・

  

2)制作背景を知る資料が何もない(ガウガウ)
  橋本由香利さんのコメントの一つでもあってよさそうなものなのに・・・  
  謎を解きたかったら公式ガイドブックも買えってことガウ?

  

このサントラを聴いていて気づいたのは、私個人はこの作品の音楽全般が素晴らしいと
感じていたのですが、実はこのアニメ音楽の基本展開は

タイトルコール排除の儀携帯着信音断絶のコートユリ承認アヴェ・マリアの繰り返しで、
42トラック収録されている中で印象に残っているサウンドがあまりないことが意外でした。

ただ場面、場面での音の使い方が絶妙でそれで音楽全般が素晴らしいと思い込んでいたのですね。
特に最終話でのボンジュール鈴木さんの歌う「あの森で待ってる」の使い方は最高でした(ガウガウ)

響け!ユーフォニアム/おもいでミュージック - 2015.07.08 Wed









[sales data]
2015/7/8
[producer]
松田彬人
[member]
江草啓太(p)
渡辺格(g)
室屋光一郎ストリングス(strings)
松田彬人(programming)
洗足学園音楽学園
北宇治カルテット
フレッシュマン・ウインドアンサンブル
etc




officialSite.jpg

え~本ブログではかなり宣伝しましたが、京都のとある高校の吹奏楽部の青春アニメです。
京都が舞台なのに何故か京都弁が一切登場しない謎・・・
アニメは地区予選で終わってしまったので、全国大会の続編を楽しみにしています>京アニ様)

最近のアニメを大別すると

「ロボット(魔法)美少女アニメ」「多人数の冒険ファンタジー」「レズ物(お下劣H物)」

と代わり映えしないテーマなものが多い中、女子高校生のとてもありがちな日常生活の中で
「楽器愛」(特にマイナーな低音管楽器)にスポットを当てた素晴らしい内容でした。
後輩が先輩にチューバの良いところを質問したところ
チューバの一番いいところはな、良い所がないところだ。
良い所がないのに一生懸命頑張る、ひたすらに頑張るっ。そこがいいんだよ!いや、それがいいんだよ!
その気持ちがわかれば、お前も立派なチューバ吹きだ」
高校生にしてこの悟り恐るべし(笑)

tuba.jpg

制作の京都アニメーションは私は見てないのですが軽音楽をテーマとした「けいおん! 」でも
キャラクター名義のCDとして初のオリコンチャート1位を獲得したり、登場人物の使用する楽器が
急激に売上げを伸ばすなど、その経済的影響力も大きな注目を集めたそうです。

本作と似たような感じの作品では「のだめカンタービレ」というオケを題材にしたアニメが
ありましたが、どちらかというと「のだめ」という個性の強い主人公キャラ推ししたドラマで
音楽はそんなに印象に残っていなかったのですが、
本作はコンクールの自由曲「三日月の舞」を初めオリジナル楽曲で印象に残るメロディが多く、
このサントラの音楽的なスパイスは松田さんの記述を読むまで気づかなかったのですが
「劇伴では全く管楽器を使っていません。これは作品のカラーを決めるという重要な
要素もありますが、一番の理由は管楽器を使うと劇中のキャラクターが演奏している
音なのかそれともBGMとして鳴っている音なのかの境目が曖昧になる恐れがあった
ためです。この音の使い分けによって、演奏シーンを上手く浮き立たせることが
できたのではないでしょうか」
とのことです。

サントラBGMと吹奏楽部の演奏曲を分離して2枚組にしていたり、
「暴れん坊将軍のテーマ」「海兵隊」を滝先生の指導前(下手)と指導後(上達)の2verを収録していたり
黄前ちゃんが挫折した低音パート部分(157~162小節)はカットされてますが(笑)
「奮起のトランペット」や「愉快な&増殖するチューバ」「きらきら星」など話の展開にアクセントをつけた
細かい所までフォローしており、オーディション対決した香織&麗奈のトランペットソロ別で
「三日月の舞」を聴けるようにサービスしたりとファンには嬉しい編集内容です。



このアニメを見たら、あなたも明日から管楽器が演奏したくなること請け合いです(笑)

[響け!ユーフォニアム2]新シリーズいよいよ本日深夜スタート!(初回は1時間SP) - 2016.10.05 Wed

[公式サイト]
hibike2.jpg

前シリーズに激ハマってしまい、その恩恵で苦手な管楽器の作品(特にjazz系)を
違う感受性で聴けるようになった、今時珍しいエロチシズムゼロの体育会系吹奏楽部の
音楽本格派ドラマです(もちろん全編に流れる音楽は抜群です!)

いよいよ本日深夜より以下のスケジュールで放送開始(初回は1時間SP
となりますので万障お繰り合わせの上、ご視聴ください。

TOKYO MX 10/5(水) 24:00~
ABC朝日放送 10/5(水) 26:14~
テレビ愛知 10/5(水) 26:05~
テレビ神奈川 10/5(水) 25:00~
BS11 10/6(木) 24:00~
KBS京都 10/6(木) 25:30~
AT-X 10/7(金) 22:30~
※放送日時は局の都合により変更になる場合がありますので必ず当日のTV欄を
必ずご確認ください


[予告1]

[予告2]


「えっ!前シリーズを観てない?大丈夫ですTVダイジェスト版の映画(DVD)あります」

[DVD]

[劇場版予告]

【響け!ユーフォニアム2】第5回「きせきのハーモニー」は神回だった・・・ - 2016.11.03 Thu

あまり神回とか神が舞い降りたとか安っぽい形容は使いたくないのですが
(見てない人の楽しみのために内容は書きませんが)
第5回「きせきのハーモニー」はまさしく神回でした。



PART2は音楽というよりオーボエ担当の少女(鎧塚みぞれ)の心理変化がストーリーを
引っ張っていたので、関西大会決勝はどういう風に演出するのか少し不安だったのですが
セリフが殆どない後半の展開はアニメとは思えないほど緊張しました。
(思い出シーンを含んだカット割も最高でしたし、鎧塚さんの最後のセリフを引き出すための
5回だったことも腑に落ちました)

yoroiduka.jpg

中盤回にこれを持ってきたということは全国大会の最終話はこれより凄い展開になることを
期待していいんですよね?>京アニさん

さぁ、いよいよ全国大会へ、そして次の曲が始まるのです!



この演奏は京都大会決勝の音源ですが、今回の方が格段に演奏力がUPしている違いを
明確に聴かせることまでアニメの演出で計算していたことはとてつもなく凄いことだと思います・・・

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1365)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (11)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (4)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (8)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (64)
ジャズ・フュージョン (604)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (5)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (6)
Mike Stern (13)
Miles Davis (55)
Miles Davis関連 (5)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (93)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する