2018-02

ぷりぷり/ローザ・ルクセンブルグ - 1986.02.21 Fri









[sales data]
1986年2月21日
[producer]
ローザ・ルクセンブルグ
山口州治
[member]
玉城宏志(vo/g/etc)
永井利充(vo/b/sax)
久富隆司(どんと)(vo/g/harmonica)
三原重夫(ds/per)




「どんと」は何が出会いの契機だったか記憶がないのですが、
最初の印象は「妙な人」だなという感じでした(笑)

ローザ・ルクセンブルグ結成の経緯は1983年頃に京都のライヴハウス「拾得」で
どんとと玉城宏志氏が知り合ったことからスタートし、
翌1984年NHK「YOUNG MUSIC FESTIVAL」で「在中国的少年」で金賞を受賞、
審査員が矢野顕子&細野晴臣だったことから?MIDIからメジャーデビューした1st。
(在中国的少年はシングルでも発売)
ROSA LUXEMBURG

見た目はイカ天に出てきそうな色物バンドですが、全く違うのは、今でも劣化しない
高品質な楽曲を生み出すクリエイティヴなバンドだったことです。
どんとのフラワーなコミック性と玉城氏のロックテイストも併せ持つという
双方の演りたいことが微妙にズレながらからみあっているそんな感じです。
80年代の音楽は商業拡大の渦に巻き込まれて、あっとういう間に劣化していきましたが、
90年代に花開く音楽の種はしっかり蒔かれていたんですね。
ローザもボ・ガンボスもCDが廃盤で入手難の状態が続きましたが、
どんとの死後、再発運動が活発になり殆どの作品が再び陽の目を見ました(喜)

スポンサーサイト

Rosa Luxemburg Ⅱ/ローザ・ルクセンブルグ - 1986.12.20 Sat









[sales data]
1986年12月20日
[producer]
ローザ・ルクセンブルグ
山口州治
藤井丈司
伊東俊郎
[member]
玉城宏志(vo/g)
永井利充(vo/b)
久富隆司(どんと)(vo/g)
三原重夫(ds/per)
*****
近藤達郎(b/org/etc)
EPO(bvo)
川上KYON(hamondo/etc)
高木親(sax)
妹尾隆一郎(blues harp)




どんと says "This album is just only「the greatest rock」album"

どんとと玉城氏の相異バランスをうまく保ち、バンド2枚目にして最高のアルバムを
クリエイト。
(kyonやEPO、チャクラ時代から小川美潮さんと活動を共にする近藤達郎氏などが
ゲスト参加)

ファンの方は皆同じことを感じているようですが、このハイテンションでもう1枚作って
欲しかったなと。
全体的にどんとが11曲中9曲に関わり創作意欲が花開き、ボ・ガンボスな香りが
既に漂い始めています

Stay But Eat/ローザ・ルクセンブルグ - 1987.07.21 Tue









[sales data]
1987年7月21日
[producer]
山口州治
藤井丈司
[member]
玉城宏志(vo/g)
永井利充(vo/b)
久富隆司(どんと)(vo/g)
三原重夫(ds/per)
*****
藤井丈司(programing)
近藤達郎(key)
高橋佐代子(bvo)
小嶋さちほ(bvo)
小澤亜子(bvo)




ローザ最後のスタジオミニアルバム(ファンの間の通称は「ステバチ」)
バンドの解散が既に決まっており、完全にどんとと玉城氏のやりたい音楽が違うことが
はっきりした感じです。
ZELDAのメンバーがゲスト参加しており、この頃よりどんととさちほさんは
同棲生活(>後結婚)をしていたそうです。

donto sachiho

どんと・永井はkyon&岡地明とボ・ガンボスを結成、玉城氏はソロ>マチルダロドリゲスと
別々の道を歩みますが、どんとがソロに転向した後どんとと玉城氏は時々ライヴで
共演していました。

Live August/ローザ・ルクセンブルグ - 1987.09.15 Tue









[sales data]
1987年9月15日
[producer]
ローザ・ルクセンブルグ
[member]
玉城宏志(vo/g)
永井利充(vo/b)
久富隆司(どんと)(vo/g)
三原重夫(ds/per)




1987年8月6日(渋谷エッグマンでのラストライブ)
1日目(8/5)をビデオ化、2日目がレコード(3枚組)化(8/6)されました。

ローザも一度、生で見たかったですね(シミジミ・・・)

ラストライヴのわりには悲壮感がなく、全速疾走での25曲完走。
だらだら惰性でバンド存続させずあっさり解散した潔さはどんとが目指す
次の桃源郷(約束の地をめざす?)「ボ・ガンボス」に受け継がれていきます。







ポンパラス/ローザ・ルクセンブルグ - 1987.12.31 Thu









[sales data]
1989年10月21日
[producer]
Hiroshi Okura
[member]
どんと(vo)
玉城宏志(g/vo/etc)
永井利充(b/vo)
三原重夫(ds)
*****
藤井丈司(synthe)
近藤達郎(key)
KYON(key)
WHACHO(per)
EPO(bvo)




私の場合、ローザ・ルクセンブルグはボ・ガンボスからの後追いだったので、
当時、ローザのオリジナルアルバムは全廃盤でこのベストだけでローザを聴き知ることが
できました。

ローザ入門編という位置づけですが、デビュー前同志社大学放送局主催による
「僕、ボッキ」ファースト・コンサート(700人動員)記念に発売され即日完売した

rosa lukenburg
rosa lukenburg2
rosa lukenburg3

"ROSA LUXEMBURG"の自主制作盤(ソノシート)の楽曲が収録されているので
コアなファンも買わなければならない仕組みになっています(笑)

Live at 磔磔 1988.07.11/ボ・ガンボス - 1988.07.11 Mon









[sales data]
2000年12月8日
[producer]
松井元
瀬戸英夫
BO GUMBOS
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)




どんとの死後、リリースされたメジャーデビュー前の貴重なライヴ蔵出し音源。
(録音は村八分の草臥れて、ゲイター・ワブル事件で有名な?松井元氏)

ボ・ガンボスは1987年9月13日に結成後、1987年11月22日明治大学生田祭の
初ライヴ以降、メジャーデビュー前に全国の比較的小さな小屋で100回以上
ライヴを行っており、本ライヴは1988年7月11日、京都磔磔で行われた
通産66回目のライヴで有料入場者数206名とデータが記されています。

まだ色とりどりのボ・ガンボギャルがステージに踊りに上がってくるようなお祭状態の
雰囲気はなく、サウンド一極集中時代でボ・ガンボスの絶頂期はメジャーデビュー前だ!
なんて言う人もいるぐらいテンションの高い演奏です。
初期の頃はお馴染みの楽曲でも歌詞やアレンジが違うプロトタイプなので面白いですね。

宇宙サウンド/ボ・ガンボス - 1989.02.19 Sun









[sales data]
1989年4月21日
[producer]
Ikuro Meguro
Ikko Shimizu
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)


bo gumbos ucyu sound



本作は1989年2月19日浅草常盤座でのライヴ。
ローザ・ルクセンブルグ解散後、どんとが凄いバンドを作ったという評判は
音楽業界では既に話題になっていたそうで各社争奪戦の末、エピック・ソニーと契約し
100回以上の肩慣らしのライヴ活動を通じボ・ガンボギャルと呼ばれる
派手な格好の女性ファンが増殖していた頃の映像です。

もう既に新人らしからぬ圧倒的なパワーを発揮し、タイトル通りの「宇宙サウンド」です。
エキセントリックなんて形容詞が当てはまる日本人はそういないと思うのですが
まさに「どんと」にぴったりな言葉なんじゃないかと思う次第です。
(PS)
余談ですがボ・ガンボギャルをやっていた友人がいたのですが、
当時の衣装&鳴り物は結婚後も箪笥の奥に大事にしまってあるそうです(笑)

Bo & Gumbo/ボ・ガンボス - 1989.04.21 Fri









[sales data]
1989年4月21日
[producer]
Bo Gumbos
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)
*****
Bo Diddley(vo/g/etc)
AlFred Roberts(conga)
Kenneth Williams
(conga/timbales/etc)
Cyril Neville(conga/timbales/etc)
Scott GouDeau(g)
松井元(Claves)
Charles Ellam III(bvo)
Pamela B Jordan(bvo)
Terry DeGruy(bvo)
Jackie Mayfield(bvo)
etc




ボ・ガンボスはデビューアルバム、シングル、ビデオ(宇宙サウンド)を同日発売

bo gumbos jidaiwokaeru 

「さぁ皆さんも一緒に時代を変える旅にでよう!」

どんとにによる「ボ・ガンボス取り扱い説明書」(レコード店向け資料)抜粋

「Xdayの日、大喪の礼と、お上の事情で簡単に音楽が消されたのをおいらは
見てしまいました。社会的にはどの程度の影響があったのかは、
おいらには全くどーでもよいですが、音楽の無限のパワーを信じるおいらには
全く腹立たしい出来事でした。その日を堺に、
おいらは音楽で世界をぶっ飛ばしてやろうと決意したんです。
だからビデオ、シングル、アルバムなどやれる事は
全部やっておいらたちの色で地球の色を少しでもカラフルに自由に
好き勝手に塗り替えてやろうと思います。」

新人にあるまじき海外(ニューオリンズ)レコーディングによるデビューアルバム。
元々演奏力の高いメンバーが集い1987年結成以来、実に100回以上のライヴを行い、
楽曲をシェイプアップし、やる気が充満した制作現場にボ・ガンボスのメンバーが
師とするボ・ディドリーが参加。
(ボ・ディドリーと初競演したどんとは彼の怪獣ぶりに圧倒されたとライナーに
記しております(笑)

ボ・ガンボスの本来のノリの良さを殺さず、スタジオ録音でこれだけ緻密で
完成度の高いアルバム(収録曲の殆どがボ・ガンボスのライヴ定番代表曲)は
制作に関わる全ての好条件が揃わないと誕生しないのではないでしょうか。



*****追記*****
ボ・ガンボス1989(BOX)



[sales data]
2015年1月28日

デビューアルバム「BO & GOUBO」発売25周年記念(3CD+DVD)

オリジナルアルバムにシングル4曲の最新リマスター音源、
アルバムセッションから初蔵出しの別テイク音源、
浅草常盤座ライヴ(1989年2月19日)を収録した「宇宙サウンド」に
同ライヴ未収録映像追加
豪華別冊ブックレット付

■別冊ブックレット内容(全84P)
・故ヒロ伊藤氏撮影、ニューオリンズ未発表カラー写真多数
・初出音源解説(Dr.kyOn)
・どんとによるニューオリンズレコーディング写真日記
・どんとによるボ・ガンボス取扱い説明書(1989年ディーラー資料復刻)
・書き下ろしライナーノーツ(湯浅学)、インタビュー(丸山茂雄)
・当時の担当ディレクターによる制作覚え書き(名村武)
・ボ・ガンボス1989年活動記録

単なる未発表音源集で終わらせるのではなく「どんと」という稀有のアーチストの
音楽的功績を後世に語り伝えていく上で当時の資料もよく整理してあり
(90年代以降のアーチストは映像が残っているのが強みですよね)
新旧ボ・ガンボスファンは躊躇無く買いです!!!


Walkin' to New Orleans/ボ・ガンボス - 1989.07.01 Sat









[sales data]
1989年7月1日
[producer]
Ikuro Meguro
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)
*****
Bo Diddley(vo/g/etc)


bo_gumbos_Walkin_to_New_Orleans.jpg




1989年4月、ニューオリンズで録音を行ったデビューアルバムのレコーディング風景
(ボ・ディドリー乱入(笑)や地元Jazz & Heritage Festival(4/27&28)に
参加した模様などを収録したドキュメント映像。
(現在この映像は「宇宙サウンド」(DVD)にカップリング収録されています)

映像を見ると改めてボ・ディドリーって人は音楽そのものっていいますか、
音楽が鳴ると巨体を上手にクネクネ始終動かしていて踊ってないと居心地悪そうで
落ち着きのないとっつあん小僧です(笑)
ボ・ディドリーは"ずんずん"でギターソロを弾いている他、本映像と同日にリリースされた
セカンドシングル"BO GUMBOS"はボ・ディドリーから贈られた共演作品です。

bo gumbos

尚、この年ボ・ディドリーは来日して、ボ・ガンボスと競演ツアーを行っています。

donto and bo

Jazz & Heritage Festivalでは言葉の壁もなんのその、最初はボ・ガンボスに
興味なく座って見ていたニューオリンズの観衆が演奏が進むにつれ
ボ・ガンボスの演奏に釣られて自然に立ち上がって盛り上がっている
熱いパフォーマンスは注目です。



この年レコード大賞「アルバムニューアーティスト賞」を受賞したのは当然の結果です。

熱帯の友情/海の幸 - 1990.08.10 Fri









[sales data]
1990年8月10日
[producer]
海の幸
[member]
どんと(vo)
小嶋さちほ(vo/b)
井上ケン一(vo/g)
井ノ浦英雄(ds/per)
kyon(vo/key)




ボ・ガンボス、ZELDA、SUNSETSのメンバーが日本橋で寿司を
食べている時に何か変わったプロジェクトでシークレット・ライヴを
やろうということになり、プロジェクト名をつけるにあたり美味しかった
寿司にあやかり「海の幸」になったとのことです。
フリーコンサート1回切りの単発プロジェクトのつもりが、意気投合し
スタジオ盤を作ろうということになり、メンバーがバリ島やジャカルタを
旅行したついでに旅先で吸収したインスピレーションを音にする企画物。
どんとの手記によるとバリ島で曲名にもなったムスティカという少年と仲良くなり
一緒に観光案内してもらっているうちに、漁師達の浜辺の食堂で
「1曲歌え!」と言われ、ズンズンを腰を振ってHに歌うと大うけで
その日のうちにズンズンがその浜で流行し、皆「ジュンジュン」と歌って
喜んでいたとのこと。

第一印象はまさに小川美潮さんのいたチャクラとか夕焼け楽団で、
どんとのフラワーなパワーは控えめですがボガンボス解散後、ソロ活動で
新規開拓しようとしていた琉球音楽に目覚めていく入り口の作品です。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1302)
Live In Japan(黒船襲来) (49)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
Atomic Rooster (5)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (30)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (42)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (1)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (8)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (57)
ジャズ・フュージョン (536)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (35)
Bernard Purdie (3)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (35)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (8)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (4)
Mike Stern (13)
Miles Davis (32)
Miles Davis関連 (2)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (4)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (9)
Weather Report (29)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (52)
邦楽 (633)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (92)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (17)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する