FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-05

Walkin' to New Orleans/ボ・ガンボス - 1989.07.01 Sat









[sales data]
1989年7月1日
[producer]
Ikuro Meguro
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)
*****
Bo Diddley(vo/g/etc)


bo_gumbos_Walkin_to_New_Orleans.jpg




1989年4月、ニューオリンズで録音を行ったデビューアルバムのレコーディング風景
(ボ・ディドリー乱入(笑)や地元Jazz & Heritage Festival(4/27&28)に
参加した模様などを収録したドキュメント映像。
(現在この映像は「宇宙サウンド」(DVD)にカップリング収録されています)

映像を見ると改めてボ・ディドリーって人は音楽そのものっていいますか、
音楽が鳴ると巨体を上手にクネクネ始終動かしていて踊ってないと居心地悪そうで
落ち着きのないとっつあん小僧です(笑)
ボ・ディドリーは"ずんずん"でギターソロを弾いている他、本映像と同日にリリースされた
セカンドシングル"BO GUMBOS"はボ・ディドリーから贈られた共演作品です。

bo gumbos

尚、この年ボ・ディドリーは来日して、ボ・ガンボスと競演ツアーを行っています。

donto and bo

Jazz & Heritage Festivalでは言葉の壁もなんのその、最初はボ・ガンボスに
興味なく座って見ていたニューオリンズの観衆が演奏が進むにつれ
ボ・ガンボスの演奏に釣られて自然に立ち上がって盛り上がっている
熱いパフォーマンスは注目です。



この年レコード大賞「アルバムニューアーティスト賞」を受賞したのは当然の結果です。

熱帯の友情/海の幸 - 1990.08.10 Fri









[sales data]
1990/8/10
[producer]
海の幸
[member]
どんと(vo)
小嶋さちほ(vo/b)
井上ケン一(vo/g)
井ノ浦英雄(ds/per)
kyon(vo/key)




ボ・ガンボス、ZELDA、SUNSETSのメンバーが日本橋で寿司を
食べている時に何か変わったプロジェクトでシークレット・ライヴを
やろうということになり、プロジェクト名をつけるにあたり美味しかった
寿司にあやかり「海の幸」になったとのことです。
フリーコンサート1回切りの単発プロジェクトのつもりが、意気投合し
スタジオ盤を作ろうということになり、メンバーがバリ島やジャカルタを
旅行したついでに旅先で吸収したインスピレーションを音にする企画物。
どんとの手記によるとバリ島で曲名にもなったムスティカという少年と仲良くなり
一緒に観光案内してもらっているうちに、漁師達の浜辺の食堂で
「1曲歌え!」と言われ、ズンズンを腰を振ってHに歌うと大うけで
その日のうちにズンズンがその浜で流行し、皆「ジュンジュン」と歌って
喜んでいたとのこと。

第一印象はまさに小川美潮さんのいたチャクラとか夕焼け楽団で、
どんとのフラワーなパワーは控えめですがボガンボス解散後、ソロ活動で
新規開拓しようとしていた琉球音楽に目覚めていく入り口の作品です。

Jungle Gumbo/ボ・ガンボス - 1990.09.21 Fri









[sales data]
1990/9/21
[producer]
ボ・ガンボス
Takeshi Namura
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)




2nd。
どんどの歌世界は鮮やかな色彩の絵本です。
詩の内容は何のこっちゃ?なのが多いんですが

[どたあけ]
ああ くだらねえぜ やってらんねえ~
ああ やっちまった あんな女~
ああ あんな女 股が裂けた~
ああ 股が裂けた 松葉くずし~

これを歌として聴かせてしまうどんと節に脱帽(笑)
このアルバムは妙に男女の夜の営みに関する歌が多いです。
どんとは意図的ではないかもしれませんが言葉遊びのような擬音を使った語呂合わせとか
日本語をとても愉快に使った吟遊詩人でありました。



このアルバムには収録されませんでしたが、シングル「ナイトトリッパー・イェー」のカップリング曲
「最後にひとつ」の女性デュオのOliveさんとはNOKKOさんです。

b_20200222222945f36.jpg

Hot Hot Gumbo '90/ボ・ガンボス - 1990.12.01 Sat









[sales data]
1990/12/1
[producer]
Isac Sakanishi(film)
Taekshi Namura(sound)
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)
*****
山口冨士夫(g)
石川二三男(harmonica)


hot hot gumbo 90



2ndアルバムのJUNGLE GUMBO発売のプロモーションとビデオ録りを目的とした
代々木公園野外音楽堂で行われたフリーコンサート(1990年9月8日)

アルバムプロモーション目的なのにアルバム収録曲からは"ちんちろりん"1曲だけの
演奏とレコード会社の企画意図を全く無視(笑)
山口冨士夫がゲストで登場しますが、どんとと冨士夫さんの関係はこんな感じ。

対談 どんと×山口冨士夫(「宝島」88年8月号)

以後、HOT HOT GUMBOは、映像収録目的のフリーコンサート形式で4年間続けられました。

ストラトレッド/玉城宏志 - 1991.09.21 Sat









[sales data]
1991/9/21
[producer]
玉城宏志
楚良隆司
[member]
玉城宏志(g/b/etc)
青山純(ds)
CHOKKAKU(programming)
寺田創一(programming)
バカボン鈴木(b)
佐々木久美(org)
梶原茂美(ds)
光永巌(b)
佐藤一憲(per)
ヤヒロトモヒロ(per)
関島雅樹(programming)
駒沢裕城(steel g)




ギターがロックの主役から降りて久しい90年代。
ぼんやり見ていたCATVの音楽番組でRED SQUIDSのPVがパワープレイされていて
どんなアーチストなんだろうと興味が沸いて購入してみたところ
元ローザ・ルクセンブルグというバンドでどんとと一緒にプレイしていたギタリスト
だったというじゃありませんか。

2_201506041855415b5.jpg

というのを当時、購入して初めて知りました(苦笑)

ローザ解散後4年経ってのリリースなのでなかなか作品発表の機会に恵まれなかった
みたいですね。
ローザ解散後のどんとには明確な音楽ビジョンがありましたが、玉城氏は方向性が
定まっていなかった感じで、色々と演ってはいるのですがローザの玉城サウンドとも違う
プログラミングを多用したインスト作品でかなり小さくまとまってしまっています。
玉城氏は本当にこういう音楽が演りたかったのかな?と疑問符の付く内容です。
(Dance With Horsesはアド街ック天国のエンディングで使われているのでお馴染み?)
(PS)
ローザの元ドラマー三原重夫氏のHPにローザ結成の記述があったのでご紹介します。

Hot Hot Gumbo'91/ボ・ガンボス - 1991.12.12 Thu









[sales data]
1991/12/12
[producer]
名村武
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)

sim_20150604184813598.jpg


1991年のボ・ガンボスはアルバムリリースはなくライヴを精力的にこなし
7月にはエストニア共和国(当時ソビエト連邦)のライヴイベントROCK SUMMER'91に出演し
(共演はジェスロ・タル、レニングラード・カウボーイズ等)10万人の観客の前で演奏。

翌月8月31日、伊豆下田吉佐美大浜の海水浴場で行われた恒例となった
第三回フリーコンサート、HOT HOT GUMBO'91。
ライヴは事前告知されていたのかどうか分かりませんが、客の大半はファンというより、
たまたまその場に居合わせた場違いな海水浴客が混ざった不思議な空間でのライヴです(笑)

どんと(ライナー寄せ書き)
「この世はなんもない!おれはアンモナイト ギャー!!」

どんとの死後ボ・ガンボス関連の音源、映像はファンの再発運動で陽の目を見たのですが
LDばかりは流石に対象外で、このライヴLDだけなかなか見つけられなくて
半ば諦めてDVDで購入しようと思った時にGETできたのが、丁度お盆時期だったので
どんとが地上に帰って来てるのかなぁと思いました。

Ultravelin' Elephant Gumbo/ボ・ガンボス - 1992.02.21 Fri









[sales data]
1992/2/21
[producer]
ボ・ガンボス
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key)
永井利充(b)
岡地曙裕(ds/per)
*****
石川二三夫(harp)
LYGIA FORREST(bvo)
LINDA DORSEY(bvo)
藤井真由美(bvo)




このアルバム制作時期、沖縄本土復帰20周年で琉球音楽ブームが起り、
国際先住民年記念として沖縄で開催されたニライカナイ祭りに参加したメンバーで
喜納さんのRainbow Movementに参加するなどどんとが永住の地に選ぶ「沖縄」に接近したアルバムです。
(「RegーWink」のヴォーカル藤井真由美さん参加)

カラフルなアルバムジャケット&挿絵はどんと作画なのですが、詩を読んでも精神的に
どこか人間界と一線画したような視点で物事を見た抽象的なものが多くなっています。
(あえて宗教臭くなったとは言いません(笑)

又サウンド面でフランク・ザッパやキング・クリムゾンのように渋谷ON AIR、日比谷野音などの
ライヴ音源をベーシックトラックにスタジオでオーバーダブしたためかなりダイナミックな
サウンドになっています。

どんとの日本人離れしたグルーヴィングな歌唱力は定評のあるところですが、
実はギターソロについても、特にバラード調の曲の間奏は歌心をエモーショナルに
表現する素敵な演奏が多いのですが「ゆ~らゆら祭りの国へ」のギターソロは
絶頂期のマイク・ブルームフィールドが憑依したようなフレージングで鳥肌立ちます。

どんと談
「「はいここからレコーディング」「はいここからLIVEツアー」といったメジャーバンドとして
あたりまえの、そんなルーチンな活動はこのバンドではやりたくない。
要するに俺はずっとLIVEをやり続けたいんだ。その中で新曲をどんどん発表して
それが直接アルバムになればいいのさ。ってな事を言っている。
観客のいない落語のテープとかあるけどおもしろくないやん。それと一緒」

>観客のいない落語のテープ
これってきっと三遊亭円生師匠だよね?(笑)

ライヴ命のどんどの信念でこの後、ライヴ音源をベースにスタジオアルバムを制作する手法がとられ、
新曲を丸々ライヴ盤でリリースしたりもしました。

Hot Hot Gumbo'92/ボ・ガンボス - 1992.08.01 Sat









[sales data]
1992/12/2
[producer]
unknown
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)

92.jpg


どんととkyonの母校、京都大学西部講堂前特設ステージでのライヴ(1992年8月1日)

当日、ライヴ告知のため京都市内をトラック上で演奏宣伝しながら京大のステージに
流れ込む様子が冒頭にちょろっと入ってますが、後に発売された
GET ON UPのおまけDVDに街頭宣伝の模様がしっかり収録されています。

2_20200228151655560.jpg

当日のライヴを見ていた中川敬も断言する「ボ・ガンボスのベストライヴ」
他の邦楽ロックバンドに真似できないグルーヴ感満載のボ・ガンボス絶頂期を堪能できます。

Bo Gumbo Radio Show(Gris Gris Time)/ボ・ガンボス - 1993.04.21 Wed









[sales data]
1993/4/21
[producer]
ボ・ガンボス
[member]
どんと(vo/g)
永井利充(vo/b)
岡地曙裕(ds)
Kyon(vo/key)
*****
喜納昌吉
ボ・ディドリー
etc



1992年頃から曲ができたらすぐレコーディングするというコンセプトで制作され
ラジオ番組形式(曲間にCM有り(笑)でアルバム進行させる作品。

そのためライヴでお披露目済みの曲の寄せ集めでアルバムの統一感はなく
あくまで本人達がまず楽しんじゃおう的お遊び感覚。

どんと王国国歌(BUUUUUN!)収録

Hot Hot Gumbo'93/ボ・ガンボス - 1993.09.11 Sat









[sales data]
1993/12/22
[producer]
坂西伊作
[member]
どんと(vo/g)
KYON(g/key/vo)
永井利充(b/vo)
岡地曙裕(ds)

IMG_0223.jpg


1993年9月11日&12日 六本木PITT INN。
全編カバー曲(SOUL/VooDoo/ROCK'N ROLL)のみのライヴで、各日オールナイト3部構成、
総入れ替え制。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2165)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Asia (4)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (11)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (20)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Dream Theater (4)
Eagles (9)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (5)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (17)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (31)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Joe Walsh(James Gang) (3)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (12)
Neil Larsen (5)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (15)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (17)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (31)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (89)
ジャズ・フュージョン (762)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (48)
Baby Face Willette (3)
Bernard Purdie (0)
Big John Patton (2)
Bill Evans (4)
Billy Cobham (15)
Boogaloo Joe Jones (1)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Donald Byrd (2)
Frank Gambale (4)
Grant Green (13)
George Benson (12)
Hank Mobley (1)
Herbie Hancock (10)
Herbie Mann (0)
Idris Muhammad (0)
Jaco Pastorius (5)
Jack McDuff (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Jimmy McGriff (0)
Jimmy Smith (2)
Joachim Kuhn (3)
Joe Pass (16)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (8)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Kenny Burrell (3)
Larry Carlton (0)
Larry Coryell (13)
Larry Young (2)
Lee Morgan (0)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lou Donaldson (5)
Mark Nauseef (6)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (2)
Melvin Sparks (0)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (9)
Oregon (1)
Pat Martino (4)
Pat Metheny (0)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (0)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stuff (11)
Tony Williams (12)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (9)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
本多俊之 (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (39)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (55)
邦楽 (893)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (29)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (12)
大瀧詠一 (8)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (45)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (7)
人間椅子 (12)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (22)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (34)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (34)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (40)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (34)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (21)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (7)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (11)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (128)
備忘録 (24)
パチスロ (65)
お悔やみ (30)
メディア番宣(テレビ、ラジオ、映画など) (8)

リンク

このブログをリンクに追加する