2018-07

アウト・オブ・マインド/加川良 - 1974.11.10 Sun









[sales data]
1974/11/10
[producer]
エイント・NG
中川イサト
加川良
[member]
加川良(vo/g)
中川イサト(g)
佐藤博(p)
田中章弘(b)
林敏明(ds)
末長博嗣(hca)
長野たかし(accordion)
金森幸介(bvo)
松井知子(vo)
中川五郎(vo)
高田渡(vo)
村上律(g)
鈴木茂(g)




元々はURCの社員で高田渡のマネージャー業をやってるうちに見よう見まねで
歌い始めて歌手になったという変わった経歴の加川良の4th。
デビュー当時は代表作「教訓Ⅰ」のような反戦プロテスタント関西フォーク正当派でしたが
URCからベルウッドに移籍しての本作は、70年代から全国各地、旅から旅を繰りかえし
今までの社会性のメッセジーを排除したストリートミュージシャンとしてのロードソング集大成です。

kagawa.jpg

私はたまたま1996年頃、加川さんが有山じゅんじと一緒に自己カバーをギンギンのロックで
演っているのを見て、相変わらず尖がってる人だなぁと思ってたのですが、
こんなカントリータッチな柔らかい作品があることを長年知りませんでした。



当時、東の拓郎、西の加川と呼ばれていたご両人は歌のやりとりがありまして
拓郎の最初の奥さんと加川氏がデートした時の手紙を拓郎氏が入手して歌にした
「加川良の手紙」(「元気です。」収録)へのアンサーソング「2分間のバラッド」は
例の吉田拓郎の金沢事件を歌ってます<地味にP音入ってます(笑)

このアルバムのCDのメンバーindexにハックルバック名義が印字されていますが
オリジナルアルバムにその記載はなく、当時、石田長生と"THIS"で活躍していた
(佐藤/田中/林)と鈴木氏がこのアルバムで知り合い、翌年BAND WAGONのツアーで
バック演奏するバンドを探していた鈴木氏が交渉してハックルバックを結成したため
このアルバム制作時は正確にはハックルバックは存在していません
(キングレコードの拡売のための偽の摺り込み情報には注意しましょう(笑)

スポンサーサイト

Band Wagon/鈴木茂 - 1975.03.25 Tue









[sales data]
1975/3/25
[producer]
鈴木茂
[member]
鈴木茂(vo/g)
Daivid Garibaldi(ds)
Doug Ranch(b)
Don Grusin(key)
Bill Payne(p)
Pete Shristileb(tp)
Gene Goe(sax)
Dick Slyde Hyde(trombone)
Kirby Johnson(horn Arrange)
Greg Errico(ds)
Richie Hayward(ds)
Ken Gradney(b)
Sam Clayton(congas)
Wendy Hass(synthe/clavinet)




はっぴいえんど最後のアルバム「HAPPY END」を米レコーディングした際、
ローウェル・ジョージやヴァン・ダイク・パークスとのセッションが大きな刺激となり
単身渡米し現地アーチストを集めて制作したソロファーストにしてJ-POP大名盤!
(全詞:松本隆/全曲:鈴木茂)

ロスに単身で渡ったものの、オーダーしていたミュージシャンは1人もブッキングできておらず
急遽、サン・フランシスコに飛び、即席に組んだバンドでリハを続け、何曲かレコーディングし
(David Garibaldi&Doug Rauchが参加しているのがシスコ録音だと思われます)
途中連絡が入り、ロスに戻るとツアーから帰ってきたリトル・フィートのメンバーが加わり
事なきを得たというハプニングもあったようです。

センスのいい楽曲が複数収録されていて(歌は下手ウマの部類ですが味があります(笑)
鈴木茂氏のギターはクリーンかつメロディアスで、単なるギター技を披露するだけの
ギタリストのアルバムとは一線を画します。
未だに元はっぴいえんどのギタリストという肩書きが通用するご時勢もどうかと思いますが
歌物を引き立てるタイプの鈴木さんは日本のジョー・パスさんだと思います。

このアルバムは人気があることをいいことに再三、形を少し変えて
何度も再プレスされてファンの怒りを買っております(苦笑)



尚、2014年5月13日「BAND WAGON」の再現ライヴが行われました

band wagon live

幻のハックルバック/鈴木茂 - 1975.11.16 Sun









[sales data]
1989年10月5日
[producer]
?
[member]
鈴木茂(vo/g)
佐藤博(key)
田中章弘(b)
林敏明(ds)




ハックルバックとはアルバムBAND WAGONを米ミュージシャンをバックに制作したため
日本でのツアー期間限定(2/11(目黒区民センター)~11/16(東京厚生年金)で
結成されたユニットでこの音源はオーディオ・フェアのサンスイブースで流すため
レコーディングされたもので1989年にCD化されました。

実はハックルバック結成は鈴木さんらしい裏話があって、当時のティン・パンの活動は
細野氏の色が強くなり又エキゾチックで趣味性の高い音楽に肌が合わなかった反動で
ティン・パンのメンバーを裏切るような形で単身渡米して作った作品がBAND WAGONで
そのツアーを日本で行うためのバックメンバーとして、その制作経緯からティン・パンの
メンバーに負い目を感じてライブサポートを頼めなかったため石田長生とバンド“THIS”で
活躍していた(佐藤/田中/林)と加川良のオウト・オブ・マインドで知り合い
ハックルバックを結成したという流れです。

鈴木談
「バンドを続ける必要性を感じれば、そうするつもりだったんです。
でもはっぴいえんどとは違って、誰にもバンドをひとつにまとめようとする気持ちがなかった。
それぞれが自分のキャリアのステップとしてしか考えてなくて、終われば自分の世界へ戻るものと
思っていました。互いに自分の主張ばかりで歩み寄りが少ない、みんながそうだったんです。
一応は僕と佐藤さんが先導してましたが、彼も気持ちはソロ・デビューへ向かってましたからね。
かくいう僕もアレンジ志向が強まってますから、バンドなんて続くはずがなかったんです」



又ハックルバック名義ではありませんが、西岡恭三さんのろっかばいまいべいびいでも
演奏を担当しています。

nisioka.jpg

Lagoon/鈴木茂 - 1976.12.15 Wed









[sales data]
1976/12
[producer]
鈴木茂
[member]
鈴木茂(vo/g)
細野晴臣(b)
林立夫(ds)
Mark Levine(key)
浜口茂外也(per)
ジョン山崎(spinet)
岩沢幸矢(harmonica)
小原礼(b)
矢野誠(key)
岩沢幸矢(bvo)
薩摩光二(fl/sax)
村岡建(sax)
羽鳥幸次(tp)
吉田憲司(tp)
新井英治(trombone)
Ino Yoshihisa(bvo)
山田栄(horn)
砂原俊三(sax)




BAND WAGONなウエストコースト風とは趣きを変えボサ・ノヴァやサンバのリズムに
松本隆の詩を乗せたMILD CITY POPS作品
(ハワイのAOR名門スタジオSOUND OF HAWAIIで録音)

鈴木さんの脱力系ボーカルはこのサウンドにはぴったりなんですが、
ギターソロは殆どなくBAND WAGONなノリを期待したファンはスカされたでしょうね。
鈴木談
「音楽の方向性が、レイド・バックしていると言うか、ゆったりと波の音を聴いているような
気分だったので。スタジオもトロピカルと言うか、当時、トロピカルなものが流行っていて、
それでハワイに行きました」
鈴木さんの活動を追っていると、なんかフィーリングというかなんとなくというか
非常に日本人っぽい曖昧な流れに乗ってやってる感じがしないでもありません。

kubota.jpg hosono.jpg


このレコーディングは久保田麻琴と夕焼け楽団のディキシー・フィーバーと同時に行われ
その時の様子は泰安洋行を発売したばかりの細野さんのchronologyをご参照ください。
(このハワイレコーディング滞在後記にピストル密輸事件のことも記載されています(笑)

Caution/鈴木茂 - 1978.01.25 Wed









[sales data]
1978年1月25日
[producer]
鈴木茂
[member]
鈴木茂(vo/g)
吉川忠英(g)
石川鷹彦(g)
駒澤裕城(pedal steel g)
細野晴臣(b)
後藤次利(b)
高水健司(b)
田中章弘(b)
林立夫(ds)
渡嘉敷祐一(ds)
浜口茂外也(per)
松任谷正隆(key)
坂本龍一(key)
今井裕(key)
佐藤準(key)
斉藤ノブ(per)
淵野茂雄(sax)
ジェイク・H・コンセプション(sax)
相馬充(fl/piccolo)
Nishikawa Youichi(fl/piccolo)
羽鳥幸次(tp)
数原晋(tp)
新井英治(trombone)
トマトセクション(strings)
ラジ(bvo)


suzuki shigeru caution






ソロ活動の「鈴木茂ミュージック」がピークを迎えた作品。

このアルバムは大瀧さんが歌っても全く違和感がないお洒落な歌物。
今回の作詩は松本隆氏以外に伊勢正三氏、来生えつこさんも提供していますが、
世界観がいつもと違うのですぐ分かると思います。

物凄く上手いという歌唱力ではないのですが、ウエストコースト風に吹かれながら
気持ちよさそうに丁寧に歌っているのが高感度大。

ある雑誌の対談で語っていたのですが、鈴木さんはデイヴ・メイスンが好きなんだそうで、
ALONE TOGETHERを聴きまくってフレージングを熱心に研究していたそうなのです。
(う~んこの記事を読むまで全く気づかなかった・・・)



ウエストコーストなイメージからするとじっとり湿った感じの英国のスワンプロックに興味を
持っていたのは意外なのですが、アンサンブルの中で自分の存在を控えめにアピールする
スタイルに共感していたのかもしれませんね。

New York/鈴木茂/松原正樹/水谷公生/松木恒秀/秋山一将/大村憲司/矢島賢/竹田和夫 - 1978.11.21 Tue









[sales data]
1978/11/21
[producer]
unknown
[member]
鈴木茂(g)
後藤次利(b)
坂本龍一(key)
ロバート・ブリル(ds)
浜口茂外也(per)
松原正樹(g)
林立夫(ds)
水谷公生(g)
佐藤 準(key)
岡沢茂(b)
斉藤ノブ(per)
田中清司(ds)
松木恒秀(g)
江夏 健二(key)
岡沢 章(b)
渡嘉敷 祐一(ds)
秋山一将(g)
濱瀬 元彦(b)
笹路 正徳(key)
山木 秀夫(ds)
横山 達治(per)
宮本 典子(vo)
大村憲司(g)
高水 健司(b)
村上 秀一(ds)
矢島賢(g)
渋井 博(key)
竹田和夫(g)
春日博文(g)

竹内 正彦(b)
上綱 克彦(key)
樋口 晶之(ds)




[memo]
Guitar Workshopが好評だったための対抗盤?
CBSソニーサウンドイメージシリーズの第二弾で少しロック色の強い8人のギタリストを
(マニア的には竹田さんの曲で春日博文さんも演いているので9人です)
セレクトしニューヨークをイメージして作ったオリジナル&カバー曲集。

複数ミュージシャンによるオムニバス盤は名前負けする雑なものが多いですが
本作は十分アルバムコンセプトを理解し又参加ギタリストはスタジオミュージシャンが
多いこともあり作りが丁寧で内容がとても充実しています。

矢島賢氏が個人的にお初だったので調べてみると
井上陽水、吉田拓郎、布施明、太田裕美、西城秀樹、沢田研二、野口五郎など
数多くのアルバムに参加している人気セッションマンで特に長渕剛氏は
「ソロギタリストで唯一頭が上がらない人物」と公言しており
「海」は矢島氏のために書いた曲で矢島氏のギターソロが大々的にフィーチャー
されているそうです。



[YMOネタ]
ティン・パン時代から細野さんと太いパイプのあった鈴木茂氏が
何故YMO関連の作品に顔を出さないのか少し疑問だったのですが、
同年の細野氏の泰安洋行制作後の鈴木茂氏談
「(アルバム制作は)面白かったけど、余りにロックテイストがなくなってきた
気もしていた。例えばチャイニーズ・メロディとか、ある程度は分かるけど、
ここから先はどう対処していいか分からないという気持ちもあった。
そこら辺で噛み合いにくい時期も、かつてはありましたね」
細野さんのコンセプト(エキゾチックサウンド)に抵抗があったことから、
ストレートにお洒落な音楽を演りたかったためか?
本ソニーサウンドイメージのメンバーとCautionTELESCOPEを制作し
Band Wagonからスタートした鈴木ミュージックを完成させるも
クロスオーバー的なセッションへの参加は消極的でYMO関連の人脈と距離が離れてしまい、
そのためYMOのギターサポートに一切声がかからなかったのではないかと推測されます。

Telescope/鈴木茂 - 1978.11.25 Sat









[sales data]
1978年11月25日
[producer]
鈴木茂
[member]
鈴木茂(vo/g)
林立夫(ds)
Robert Brill(ds)
Chack Rainey(b)
後藤次利(b)
松任谷正隆(key)
佐藤準(key)
坂本龍一(key)
吉川忠英(g)
斉藤ノブ(per)
浜口茂外也(per)
数原晋グループ(tp)
新井英治グループ(trombone)
沖田晏宏(horn)
衛藤幸雄(fl)
山川恵子(harp)
Ohno Strings Section(strings)
玉野ストリングスセクション(strings)
トマトストリングスセクション(strings)
Buzz(bvo)
菅原進(bvo)
伊集加代子(bvo)
和田夏代子(bvo)
鈴木宏子(bvo)


susuki sigeru telescope



全曲、松本隆&鈴木茂コンビ作品。
ギターの鳴りは潜めましたが、CAUTIONで到達した「鈴木ミュージック」の続編。

この頃の作品の参加メンバーを列挙していて思うのは、昔のアルバムは人を使いましたよね。
リズムセクションだけでも3~4人。
80年以降、シンセサイザー登場のおかげで人を使わず制作コストが安くなった分、
スタジオセッションで顔を合わせたアーチスト交流でインスピレーションを得る機会が激減し
共鳴して偶発的に生み出される斬新なサウンドがなくなったことは嘆かわしいことです。

最近、CDは売れないがライヴには人が集まるという現象は、直線的な解釈しかできない
デジタルミュージックに物足りなくなった人たちがアナログ的な曲線的で変化に富んだ
複数解釈を欲しているからではないかと思います。

White Heat/鈴木茂 - 1979.02.25 Sun









[sales data]
1979/2/25
[producer]
Iwata Hiroyuki
[member]
鈴木茂(g)
Robert Brill(ds)
高橋幸宏(ds)
浜口茂外也(per/fl)
ペッカー(per)
ラリー寿永(per)
小原礼(b)
後藤次利(b)
坂本龍一(key)
佐藤準(key)
矢野顕子(key)
The Ohno Strings(strings)
ジェイク・H・コンセプション(sax)
数原晋(tp)
新井英治(trombone)
村岡建(sax)
砂原俊三(sax)
サリータ・エスコバール(vo)




COSMOS'51と同年(1979年)発売ですが、このアルバムは長年在籍したクラウンではなく
ビクターInvitationからリリースされた作品です。
(鈴木茂 by courtesy of CROWN RECORDSとあるので
アルバム単独の契約だったのでしょうか?)

鈴木氏があまりメジャーになりきれない理由として、このクロスオーバーブームの時に
セッション活動に消極的で他のギタリストがブームに乗っかってアルバムを量産していたのに
鈴木氏のフュージョン系といえるのはこれ1枚という少なさです。

渡辺香津美のKylynなメンバーを揃えたのに

「ギターが主役に感じられないのは何故?」

一つは鈴木氏本人が前に出るよりも、後で引き立てたいという縁下の力持ちスタイルなので
セッションというより、他人の演奏に合わせるというスタジオミュージシャン活動の
弊害のようなものを感じてしまいます。

Band Wagonで切り開いた鈴木ミュージックの面影が微塵もないこの手の音楽に
興味がなかったと見えて、この後個人活動をしばし休止し、スタジオミュージシャンとして
数限りなくバッキングに徹し、次アルバム(SEI DO YA)まで6年を要すこととなります。

Cosmos'51/鈴木茂 - 1979.09.05 Wed









[sales data]
1979/9/5
[producer]
鈴木茂
[member]
高橋幸宏(ds)
Rpbert Brill(ds)
小原礼(b)
坂本龍一(key)
佐藤準(key)
薄井俊明(g)
鈴木茂(g)
斉藤ノブ(per)
ペッカー(per)
Tom Scott(sax/fl)
Ernie Watts(sax)
Buddy Collette(sax)
Jerry Hey(tp)
Dennis Christianson(tp)
Stuart Blumberg(tp)
Jack Redmond(trombone)
David Campbell(strings)
Sherile Mathews(bvo)
Anthony Walthera(bvo)
Venetta Fields(bvo)

cosmos51.png


タイトルの1951年とは鈴木茂氏の誕生年。

細野氏のエキゾチックなサウンド嗜好に反目して、Band Wagonで鈴木ミュージックを確立するも
クロスオーバー的なセッションへの参加は消極的でYMO関連の人脈と距離を置いて
いましたが、遅まきながらNew Yorkセッションなノリで坂本&高橋の他トム・スコットなどの
LA組が参加し、ラテン、ソウル、ディスコ、勿論AORな楽曲など幅広く演奏した
シティPOPS盤。
隠れ名曲「あと5歩で君のくちびる」収録。

サンセット・ヒルズ・ホテル/鈴木茂&細越麟太郎 - 1987.02.21 Sat









[sales data]
1987/2/21
[producer]
鈴木茂
[member]
鈴木茂(g/key)
細越麟太郎(photo&words)
今剛(g)
松原正樹(g)
斉藤英夫(g)
和田アキラ(g)
吉川忠英(ukulele)
笛吹利明(g)
国吉良一(p/key)
倉田信雄(p/key)
富樫春生(p/key)
松任谷正隆(p/key)
Jake H. Conception(sax)
向井滋春(trombone)
数原晋(flugelhorn)
小池修(sax)
八木のぶお(harmonica)
前田昌利(violoncello)
美久月千晴(b)
高橋茂宏(b)
上原豊(ds)
浜口茂外也(per)
迫田到(synthe programming)
本田淳子(vo)




細越麟太郎が出版した「サンセット・ヒルズ・ホテル」という世界各地のホテルや
黄昏時の夕日を収めた写真集を素材に鈴木茂がプロデュースした
「IMAGINATION FILE」(リゾート・ミュージック・プロジェクト)の第一弾。

このシリーズは3枚あります

SUNSET LIGHT COCKTAIL

SUNSET HILLS HOTEL RESERVATION CALENDAR

又翌年、この続編で

オフ・シーズン/サウス・ウィング~サンセット・ヒルズ・ホテル


オフ・シーズン/ノース・ウィング~サンセット・ヒルズ・ホテル
というのもあります。


suzuki shigeru sei do ya


鈴木さんはSEI DO YAリリース後ソロ活動を封印し、殆どスタジオミュージシャンの活動に
徹していましたので豪華なメンバーが集結し久々の大仕事でしたが、
何故かあまり話題にならなかったのではないでしょうか。
(70年後半のCBS/SONY SOUND IMAGE SERIESは話題になったのに(苦笑)
リゾートイメージのインスト物なので鈴木茂氏のギターがどうこうの内容でなく
深みはないですがBGMとしては最適です。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1376)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (8)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus(Carmine Appice) (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (65)
ジャズ・フュージョン (627)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (6)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (15)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Lou Donaldson (2)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (9)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (6)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (95)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (55)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する