2018-02

加藤和彦とサディスティック・ミカ・バンド - 1973.05.05 Sat









[sales data]
1973年5月5日
[producer]
加藤和彦
[member]
加藤和彦(vo/g/synthe)
ミカ(vo)
高中正義(g)
小原礼(b)
高橋幸宏(ds)
*****
つのだひろ(per)
今井裕(key/p)
小田和正(p)
Steacven Israel(synthe)




「帰ってきたヨッパライ」で一世を風靡した「ザ・フォーク・クルセダーズ」解散後
加藤和彦&北山修コンビは、学生合唱祭の定番曲「あの素晴しい愛をもう一度」(1971年)を
リリースし大ヒット。
(この曲は加藤氏とミカ夫人の結婚祝いに北山氏が詩を贈り、その年のクリスマスに
加藤が曲をつけてミカ夫人にプレゼントしたという逸話があるようです)

sadistic_mika_band2.jpg

時代を先取りするサウンドメイクに長けていた加藤氏はロック志向となり
フライド・エッグのつのだひろの協力で「スーパー・ガス」(ソロ2nd)という
個性的なアルバムを発表。

41B7920245L.jpg

翌年、加藤、つのだ&ミカ夫人の3人で「サイクリング・ブギ」を制作し
自身が設立したプライベート・レーベル「ドーナツ・レコード」から
「サディスティック・ミカ・バンド」名義でシングルをリリース。

754451.jpg

その後つのだひろが自身のバンド結成のため脱退するも、フライド・エッグで
ベースを弾いていた高中正義、ガロのバックを演っていた小原礼&高橋幸宏が加入し
本格的なバンド活動がスタートします。
(小田和正がサポートで参加しているのはちょっと驚き)

この頃の邦楽はフォークや歌謡曲全盛でロックといっても洋楽ロックの模倣に過ぎず、
オリジナル性がなかなか発揮されなかったのですが、英国ロック志向が強かった加藤さんは
あえて海外の音楽をたくさん吸収しそれを加工して出すという「加工貿易型ロック」を目指し
T.レックスなどのグラム・ロックに刺激され陽気でノリが良く「茶目っ気たっぷり」な
分かりやすいポップセンスを打ち出し(加藤氏曰くの「汗くさくない」ロック)
一気にシーンに躍り出ます。

私は最初、なんてカラフルな音なんだろうと感動した覚えがありますが
邦楽ロックを小馬鹿にしていた音楽ファンを魅きつけたのは各メンバーの
高い演奏力に他ならないのですが、このバンドが強烈なオリジナル性を放ったのは
何といってもミカ夫人の素人もどきの下手な歌唱力で、技術云々を超えてオーラを放ち
メッセージを音の乗せて確実に伝えるその資質(存在)がロックそのものだったのでは
ないかと思います。

Sadistic-Mika-Band-resized.jpg

間違いなく邦楽のロックバンドも洋楽バンドと遜色なくここまで演れることを証明した
レベルの高さでしたが、同期デビューのキャロルに話題をさらわれアルバムセールスは
芳しくなかったようですが、日本よりも先にロンドンで評判となり、逆輸入という形で
日本でも評価されるようになりあのクリス・トーマスによる大名盤が誕生します。



スポンサーサイト

黒船/サディスティック・ミカ・バンド - 1974.11.05 Tue









[sales data]
1974/11/5
[producer]
加藤和彦
Chris Thomas
[member]
加藤和彦(vo/g)
ミカ(vo)
小原礼 (b/per)
高橋幸宏(ds/per)
今井裕(key.sax)
高中正義(g)




このアルバムのサウンドメイキングはクリス・トーマスの偉業だったことは
後に知ることになるのですが、アナログ時代、今までの邦楽アーチストアルバムでは
聴いたことのない音響ミックスには大変感動しました。

日本ではキャロルの登場で影に隠れてしまったファースト・アルバムが、輸入盤として
英国に出回り、評判となりその縁でブライアン・フェリーやクリス・トーマスと知り合い
当時は珍しいロンドン録音になったわけですが、最近、海外録音を売り文句にしている
アルバムが多数あるんですけど、アーチストの休暇兼務の海外研修じゃあるまいし、
どれだけ効果があるのか?疑問符が付くものが多いのですが、このアルバムは
30%近くクリス・トーマスの仕事によるところが大きいです。
(レコーディングは実に450時間だったとか)

加藤和彦の持てる才能をフル発揮し、各メンバーが高い演奏力で応え、
それを名プロデューサーがトラックダウン。
日本のロックバンドが海外に向けて開国を意図する「黒船」というコンセプトの元
まさにアルバム制作の理想的な整合性が取れたケチの付け所のない大名盤!
翌年英国でも「Black Ship」のタイトルでリリースされ、ロキシー・ミュージックの
オープニング・アクトで全英ツアーを行うことになります。

しかしこの時、クリスとミカの間に恋が芽生えたのは想定外でしたね・・・

Live In London/サディスティック・ミカ・バンド - 1975.10.14 Tue









[sales data]
1976/7/5
[producer]
加藤和彦
[member]
加藤和彦(vo/g)
ミカ(vo)
高中正義(g)
今井裕(key)
高橋幸宏(ds)
後藤次利(b)




バンド解散後に発売されたライヴ盤。

1974/8/10郡山で行われたONE STEP FESTIVAL出演後



クリス・トーマスがプロデュースしたことで英国で黒船がBlack Shipというタイトルで
リリースされる事になりプロモーションを兼ね1975年10/2から始まった
ロキシー・ミュージックの5thアルバムSiren英国ツアー(全10箇所18公演)の
前座で演奏したマンチェスター(10/14&15)とロンドン(10/17&18)の音源です。



10月2日 PRESTON, Guildhall
10月3日 LIVERPOOL, Empire
10月4日 LEEDS, University
10月5日 LEEDS, University
10月6日 STOKE,Trentham Gardends
(10月7日 イギリスBBCの音楽番組「OLD GREY WHISTLE TEST」に出演。
「何かが海をやってくる」と「塀までひとっとび」を生演奏)
10月8日 GLASGOW, Apollo
10月9日 GLASGOW, Apollo
10月10日 GLASGOW, Apollo
10月12日 NEWCASTLE, City Hall
10月13日 NEWCASTLE, City Hall
>roxytix75_2015112821210020f.jpg
10月14日 MANCHESTER, Bellevue
10月15日 MANCHESTER, Bellevue
10月17日 WEMBLEY, Empire Pool
10月18日 WEMBLEY, Empire Pool

10月20日 CARDIFF, Capitol
10月21日 CARDIFF, Capitol
10月22日 BIRMINGHAM, Bingley Hall
10月23日 BIRMINGHAM, Bingley Hall

0-090126-05.jpgimg_0_2015112821133993a.jpg

アルバムのライナーには当時のイギリスツアーの詳細が記録されており、それによると
ライヴ盤用として渡英前の神田共立講堂(1975年9月21日)が録音されていましたが、
ロキシーのミキサーがカセットに録音していた内容がとても良かったため
(特に後藤のチョッパーベースはかなり注目されたりアンコール曲を要求されるほど
ウケが良く、本チャンのロキシーの演奏時間に食い込んだとのこと)不完全な音質を
擬似ステレオ化したこちらの音源が採用されたとのことです。



バンドが解散してしまったので9月21日の神田共立講堂が日本での最後のコンサートになるのですが
お蔵入りしたこのライブ音源の一部はベストやBOXで小出しにされていましたが
再結成ライヴの「Live In Tokyo」(2007年)のボーナスディスクとして陽の目をみました。

Hot Menu!/サディスティック・ミカ・バンド - 1975.11.05 Wed









[sales data]
1975/11/5
[producer]
クリス・トーマス
[member]
加藤和彦(vo/g)
ミカ(vo)
後藤次利 (b)
高橋幸宏(ds/per)
今井裕(key.sax)
高中正義(g)




前作同様クリス・トーマスのプロデュース作品。
実は「黒船」リリース後ワンクッション置く意味でライヴレパートリー「銀座カンカン娘」など、
昭和歌謡をロック解釈したカヴァーアルバム「駅前旅館」(タイトルはプロコル・ハルム「GRAND HOTEL」の直訳)が
制作されますが、カバー曲の権利関係の問題が解消されずお蔵入りになっています。

band427.jpg

小原礼が大村憲司、林立夫、村上秀一らと「バンブー」結成のため脱退したため、
高橋幸宏の誘いで後藤次利が参加するなどメンバーも刷新するも
前作、黒船までの革命的なサウンドの勢いは全く失せ、お気楽な雰囲気漂う統一感のない
スタジオ最終作品。

その原因はクリスとミカが恋仲になったことでクリスと加藤の関係がギクシャクしたためか?、
バンドのオリジナリティを際立たせていたミカさんの存在感が薄いためだと思います。



バンドは、ロキシーミュージックのサイレン発売時の全英ツアーのオープニングアクトを
務めますが加藤とミカが離婚することになりバンドはあっけなく解散してしまいます。

sadistics/サディスティックス - 1977.06.25 Sat









[sales data]
1977/6/25
[producer]
サディスティックス
[member]
高橋ユキヒロ(ds)
高中正義(g)
今井裕(key)
後藤次利(b)
*****
Tan Tan(vo)
Raji(vo)
灰田勝彦(vo)
Alex(vo)
Jake.H.Concepcion(sax/fl)
林立夫(per)
斉藤ノブ(per)




サディスティック・ミカ・バンド解散後、高橋幸宏/高中正義/今井裕/後藤次利により
1976年春に結成され、高中正義のデビューアルバムの他、様々なセッションを行っており
有名なところでは、矢沢永吉の初ソロライブ(日比谷野音1976/7/24)のバック担当。



この時のライヴ映像はDVD化され公式で動くサディスティックスを見ることもできます。
(エ~ちゃん50歳Birthday Liveでもサディスティックスメンバーが再結集したようです)



このデビューアルバムのコンセプトは元々高橋幸宏さんがソロアルバム用に考えていた
海賊のイメージを作品化したとのことでアナログA面は海賊をテーマとした組曲の
ような形式になっています。

yahoo.jpg

(ジャケット表で海賊の囚われの身となっている女性はモデルのKathleen McDermottさんで
手篭めにしようとしている輩は今井裕さん)

Kathleen McDermott yahoo0001.jpg

故今野雄二さんのアルバムライナーによるとバンド結成時はSMBのミカさんのような
強烈な個性の女性ボーカリストを起用しようとしていたようですが見つからないまま
レコーディングが進んでしまっため、ボーカルはゲスト扱いで問題解決。
(ヨーデル大家の灰田勝彦さんのゲスト参加が凄いですね(笑)

アルバムコンセプトもきっちり練られているし、全体にストリングが大胆に導入されていて
サウンドに厚みがあり、単に人気セッションマンが集まって気楽にセッションしたという
作品ではありません。
興味深いのは高中が楽曲で提供しているのはRio De Janeyoだけで
もしかするとサディスティックスの高中サイドはソロアルバムでお楽しみくださいという
区分けがあったのかもしれません。

[今井裕さんのインタビュー記事]

WE ARE JUST TAKING OFF/サディステイックス - 1978.08.01 Tue









[sales data]
1978/8/1
[producer]
サディステイックス
[member]
高橋ユキヒロ(ds)
高中正義(g)
今井裕(key)
後藤次利(b)
*****
八木のぶお(harmonica)
浜口茂外也(per)
Pecker(per)
斎藤ノヴ(per)
村上ポンタ秀一(ds/per)
桑名晴子(bvo)
岡崎広志グループ
Jake.H.Concepcion(sax/fl)
大野ストリングスG




1年ぶりのスタジオアルバム(2nd)はメンバーが2曲づつ持ち寄り、それぞれに
アレンジ、プロデュースして制作するという方法で前作のようにバンマスの今井裕さんを
中心に全員でアイディアを出しながらセッションを繰り返しバンドとして作った作品ではなく、
作曲者以外は与えられた仕事として個々スタジオへやってきてセッションミュージシャン的に
演奏したものを編集したものに過ぎないのですが、それでも前作と遜色ないバンド物として
聴ける作品です。



この頃バンドメンバーそれぞれのソロ活動が本格始動した時期と重なり、
既に先行でソロ活動を開始し人気実力面で一つ頭が抜けていた高中さんはBrasillan Skies。



今井さんはサディスティックス&ティン・パンをバックにA Cool Eveningでソロデビュー。



ユキヒロさんは坂本龍一と結託して「サラヴァ!」をリリース。

sarava.jpg

(後藤さんは翌年ミスター・ベースマンをリリース)



ゲストボーカルで参加の桑名晴子さんはShow Me Your Smileで「On The Seashore」をカバー収録



どの程度このバンドを継続活動する構想だったのか分かりませんが、特にメンバー関係が
悪いわけでもなかったのですが、「はらいそセッション」で手ごたえを感じた細野さん
YMO構想を持ち出しユキヒロさんを引き抜き、このバンドはアルバム発売直後の
8月29日九段会館で行われたライブであっけなく解散してしまいます。

sadistics.jpg

Live Show/サディスティックス - 1978.08.29 Tue









[sales data]
1978
[producer]
サディスティックス
[member]
高橋ユキヒロ(ds)
高中正義(g)
今井裕(key)
後藤次利(b)
*****
斎藤ノブ(per)
ペッカー(per)
村上ポンタ秀一(ds)




セカンド・アルバムWE ARE JUST TAKING OFF発売直後の
1978年8月29日に九段会館で行われた解散ライヴ。

特にメンバー関係が悪化していたわけではないと思いますが、メンバーの中で高中人気が
突出しており、セットリストには自ずと高中ソロアルバムから人気ナンバーが選曲され
高橋ユキヒロ談
「ライヴになると高中のソロアルバムが売れてたんで、高中正義とそのバックバンドみたいな
感じができあがちゃっててね」
Ready to Flyがライヴで一番盛り上がってしまうのでは言葉にはしないものの
他メンバーに複雑な心境というのはあったのでしょうね。

今回の復刻は完全の形で見つかった当時の16chマルチトラックのリマスターで
音は良くなっているのですが、収録曲はフルセットではないので
何とか完全版で再リリースできないものでしょうか?
ただ何で最後の曲がミカバンドの黒船だったのか?ちょっと不思議ですけど・・・
余談ですがこのライヴはダブルドラムで村上ポンタ秀一も参加しているのですが
同年4月ヘロインの不法所持で逮捕され、公判前だったためクレジットに名前が
載っていないとのことです(ジャケットも黒塗りで消されているみたいですね(苦笑)











セッションマンの都度お仕事的に制作してもバンド物として仕上げる力量はあったので、
わざわざ解散せずとも間隔を空けてアルバム制作しても良かったのではないかと思いますが、
何せ各メンバーが忙しすぎてスケジュール調整が難しいこともあり
この後、アルバム制作が計画されたことはありませんが、
1999年年9月15日、横浜国際競技場で行われた矢沢永吉50歳のバースデーライヴに再集結し
1976年7月24日の日比谷野音の矢沢永吉のライヴを再現し、
「恋の列車はリバプール発」を演奏しました。

ピカレスク/小原礼 - 1988.01.25 Mon









[sales data]
1988/1/25
[producer]
小原礼
[member]
Blondie Chaplin(vo/g)
Bonnie Raitt(vo/g)
Lynn Mabry(vo)
大村憲司(g)
加藤和彦(g)
鈴木茂(g)
高中正義(g)
Bernard Davis(ds)
高橋幸宏(ds)
小林武史(key)
坂本龍一(key)
佐藤準(key)
佐藤博(key)
矢野顕子(key)
浜口茂外也(per)
Bobby Keyes(sax)
木本靖夫(fairlight III operate)
菅原弘明(fairlight III operate)




サディスティック・ミカ・バンドが再結成する1年前に制作された初ソロ作品で
このアルバムセッションが再結成の糸口になったのかもしれませんね。

ozaki ohara

「元サディスティック・ミカ・バンドの人」という程度の前知識(尾崎亜美の旦那)で
顔も思い浮かばないのですが参加メンバーが豪華なので買ってみましたが
豪華メンバー参加の旨味に欠けベース物ではなく完全な歌物で途中から非常に退屈です・・・

折角全曲の作詞、作曲、編曲を手がけているのにボーカルを馴染みのない外人に
サポートさせているのがこのアルバムの最大の弱点。
歌が下手でも「その人」が伝わることが最も重要なのではないでしょうかね・・・
尚、小原氏と故大村憲司氏はつるんだ時期が長かったようでバンブー~深町純バンド~カミーノ
と活動を共にしています。

天晴/サディスティック・ミカ・バンド  - 1989.04.08 Sat









[sales data]
1989/4/8
[producer]
サディスティック・ミカ・バンド
[member]
桐島かれん(vo)
加藤和彦(vo/g)
高中正義(g)
小原礼(b)
高橋幸宏(vo/ds)
*****
坂本龍一(key)
小林武史(key)
佐藤博(hammond organ)
清水靖晃(sax)
忌野清志郎(bvo)






どういう経緯か分かりませんが、東芝EMIが当時人気モデルの新人桐島かれんを
ソロで売り出す戦略とタイアップした形で加藤和彦、高中正義、小原礼、高橋幸宏のメンバーで
サディステッィク・ミカ・バンドが突如再結成。



1985年の「ALL TOGETHER NOW」でサディスティック・ユーミン・バンドという
お遊び的な再結成はありましたが、細かいことですがこの再結成時のバンド名表記は
Sadistic "Mika" BandではなくSadistic "Mica" Bandです。
(ミカはこの再結成時にお呼びがかからず憤慨したとか(笑)

SMB.jpg

マツダのCMにBoys & Girlsが使われたこともあってバンド初のオリコンヒット曲に。
全盛期と比較するのも野暮ですが、バンマスの加藤和彦が他のメンバーに比べて
マイナーな存在になってしまった分、以前まであったSMB的お遊びな音がなくなったのが残念。



ちなみに桐島かれんのアルバムにSMBメンバーが適度にからんだ作品も出しているので
要チェックです!
(歌はご存知のように下手ですが味はあります(笑)


晴天(Sadistic Mica Band Live In Tokyo 1989)/サディスティック・ミカ・バンド - 1989.07.12 Wed









[sales data]
1989/7/12
[producer]
サディスティック・ミカ・バンド
[member]
桐島かれん(vo)
加藤和彦(vo/g)
高中正義(g)
小原礼(b)
高橋幸宏(vo/ds)






バンドの再結成が短期決戦という取り決めで、アルバム発売翌日に行われた唯一のライヴ。
(1989年4月9日東京ベイNKホール)

Boys & GirlsはCMでガンガン流れていましたが、他の新曲は殆どファンに浸透しないままの
お披露目だったので、盛り上がるのは必然的に過去の楽曲なのはお約束です(苦笑)



私が70年代のSMBに興味を持った頃には既にバンドは解散していたので、
再結成は少し興味がありましたが、ボーカルが伝説のミカさんじゃないことが大きなマイナスで、
13年ぶりといっても私の中でこの時期のSMBの音の印象(something special)は
ほとんどありません。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1302)
Live In Japan(黒船襲来) (49)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
Atomic Rooster (5)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (30)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (42)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (1)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (8)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (57)
ジャズ・フュージョン (536)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (35)
Bernard Purdie (3)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (35)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (8)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (4)
Mike Stern (13)
Miles Davis (32)
Miles Davis関連 (2)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (4)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (9)
Weather Report (29)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (52)
邦楽 (633)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (92)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (17)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する