FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-07

Champion/Jeff Berlin & Vox Humana - 1985.03.15 Fri









[sales data]
1985
(Rec:1985/3)
[producer]
Ronnie Montrose
[member]
Jeff Berlin(b)
Scott Henderson(g)
Neil Schon(g)
T Lavits(key)
Steve Smith(ds)
Neil Peart(ds)
Ronnie Montrose(vo)
Clare Fischer(key)
Keith England(vo)
Roger Love(vo)




ジェフ・バーリンの初ソロアルバムはキャリアから考えるとかなり遅く1985年です。
Bruford解散後は目だった活動はなく幾つかのセッションに参加するだけで
マイナーな存在でしたが、ブルフォードとペアで渡辺香津美の「spice of life」に
参加したことでプログレファンを中心に日本での認知度もかなり上がりました。

Vox Humanaというのはバーリンと同レーベルPassportの若手3人衆
Scott Henderson、T Lavits、Steve Smithで又意外なのはプロデュースは
あのロニー・モントローズです・・・
(ゲストでニール・ショーンとニール・パートが参加)

ベーシストのソロアルバムの楽しみはその楽曲センスですが、
モントローズ色もあってかこれがバーリンの曲なの?というフュージョンとロックと
どっちつかずな中途半端感がありどこか迷いのあった頃の渡辺香津美チックな
感じがしないでもないです。

スポンサーサイト



Pump It!/Jeff Berlin - 1986.05.15 Thu









[sales data]
1986
(Rec:1986 May)
[producer]
Jeff Berlin
[member]
Jeff Berlin(b)
Bryan Rutter(bvo)
Chris Hughes(bvo)
Tris Imboden(ds)
Frank Gambale(g)
Paul Gilbert(g)
Ron Reinhardt(key)
Claire Fischer(key)
Brad Dutz(per)
Jeffrey Weber(bvo)
Jeff Porcaro(per)
Buddy Miles(vo)

pump it


出だしのタイトル曲Pump ItがかなりPOPな歌物でガクっとなるのですが、
2曲目からテクニカルフュージョン本線に戻り、ブリブリベース(笑)
(BRUFORD時代のJoe Frazierの再録が嬉しいですね)



クロスロードのクラプトンのギターソロをベースで完コピを披露するなど
前作よりバーリンの特徴が出ていると思いますが、参加メンバーとバーリンのつながりが
イマイチ分からない感じで(笑)ボーカル参加のバディ・マイルスの名前が
クレジットされているので凄く久しぶりだなと思って調べてみると、ドラッグ問題で
70年代後半から長年服役して出所直後で、昔のよしみでサンタナに拾ってもらい現場に
復帰できたようです。



覚えている方も多いかと思いますが、サンタナ、スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ベックが
顔を揃えたSuntory Beer Sound Market '86 In Karuizawaでバディ・マイルスも
サンタナバンドのメンバーで来日してました。
どかかで見たような怪しげなおっさんだなと思ったらバディ・マイルスだったので
とても驚きました(笑)

Taking Notes/Jeff Berlin - 1997.01.15 Wed









[sales data]
1997
(Rec:1996/12-1997/1)
[producer]
Jeff Berlin
[member]
Jeff Berlin(b)
Cliff Almond(ds)
Captain Billy Lang(g)
Ron Eschete(g)
Scott Kinsey(key)
Clare Fisher(key)
Alex Acuña(per)
Rob Lockart(sax)
David Stout(trombone)
Roy Wiegand(trombone)
Howie Shear(tp)
Jose Soplar(tp)

Taking+Notes.jpg


約10年ぶりのソロ3rd。

前2作のようなテクニカル・フュージョンとは違うものにしようという意図で
管物を取り入れているのですが、是が非でも出したかったアルバムという熱意は汲み取れず
誰に向けての音楽なのかいまいち分からない内容です。
ベースの表現力に限度があるというか、今回もクラプトンやジョン・レノンの楽曲の
歌メロを超絶ベースラインで弾いているのですが、いっそギターで弾いてみたら
面白いんじゃないかと(笑)

バーリンさんの活動履歴には謎が多く、70年代のブルフォード、80年代のSpice Of Life
90年代初頭のA.B.W.Hへの客演などピン・ポイントでメジャーな活躍はしているのですが
他ミュージシャンとのセッション数を数えてもそんなに多くなく、活動期間も
空白があるようなのですが、例えば80年代にエドワード・ヴァン・ヘイレンにバンド加入を
誘われるも「デイヴィッド・リー・ロスが自分の事を気に入ってくれるとは思えないし、
彼にはビリー・シーンの方が似合ってる。それに自分の方向性を曲げてまで、
金を稼ぐためにプレイするのはバンドにとっても良くないだろう。」と固辞したエピソードも
あるのですが、一体どうやって生計を立てているんでしょうかね?

バーリンさんはビル・エヴァンスにその才能を見出され、エヴァンストリオ初のエレキベーシスト
としてマーク・ジョンソンの後任に迎えられる予定が、エヴァンスの死去で実現しなかったものの

ジャコ・パストリアス談「俺よりも優れたソロイスト」
ヴィクター・ウッテン談「地球上で最も上手いベーシスト」
ビリー・シーン談「彼のプレイを聴くと腕を切り落としたくなる」
又ラッシュのゲディ・リーが敬愛するベーシストとしても知られていたり同業者からの
支持は厚いものの、音楽ファンにはなかなかバーリンさんの良さが伝わってないのが
残念です。


in harmony's way/Jeff Berlin - 2001.09.15 Sat









[sales data]
2001/9
[producer]
Jeff Berlin
[member]
Jeff Berlin(b)
Richard Drexler(contrabass)
Danny Gottlieb(ds)
Mike Stern(g)
Clare Fischer(key)
David Liebman(sax)
Doug Webb(sax)
David Stout(trombone)
Howie Shear(tp)
Gary Burton(vibra)
Steve Shephard(vo)

51033MgjsCL.jpg


今まで聴いたジェフ・バーリンのアルバムの中では一番Jazzっぽい作品ですが
OPENINGから楽曲のリードパートをベースが突っ走る暴走モードです(笑)
ある意味ギターのようにベースを弾いてしまう馬鹿テクがバーリンの代名詞のようになってしまい
その点に注目して聴くと非常につまらない作品になりがちですがsongwritingも充実してます。

R.ドレクスラ(p)、D.ゴットリーヴ(ds)のトリオにゲイリー・バートン、マイク・スターン参加。
Runaway Trainは格好いいぞ(是非聴いてね!)

Lumpy Jazz/Jeff Berlin - 2005.01.01 Sat









[sales data]
2005
[producer]
Jeff Berlin
[member]
Jeff Berlin(b)
Danny Gottlieb(ds/per)
Richard Drexler(p/b/key)
Toots Thielemans(harmonica)
John Scott Richardson(per)




前作のin harmony's way同様のメンバーで今回はゲスト予算を削り(笑)
トリオ中心の演奏になっています。
そうなると自ずとベースがメロディラインをひっぱる楽曲が多く、つまりいつもの如く
ギターのようにベースを弾きまくるジェフ・バーリンという図式で「巧さ」以外に
伝わるものが少なくリズム楽器の表現力の限界を感じてしまいます。
バーリンは意図的にその限界突破を試みていると思うのですが、この手のアーチストは
好きな人だけ買って聴けばよいということに落ち着くのかもしれませんね。



Ace Of Bass/Jeff Berlin - 2005.12.21 Wed









[sales data]
2005/12/21
[producer]
Brian Bromberg
[member]
Jeff Berlin(b)
Brian Bromberg(b)
Ganin Arnold(g)
Vinnie Colaiuta(ds)
Ganin Arnold(g)
Otmaro Ruiz(p)
Richard Drexler(p)
Otmaro Ruiz(synthe)




日本盤は「Ace of Bass」というタイトルですが輸入盤は「Aneurythms」(大動脈瘤)
というタイトルです(収録曲1曲のみ曲名が異なりますが同内容)

jeff.jpg

帯叩き
「4弦ベースの領域を遥かに超えた前人未踏の世界!」

この人の作品は4弦ベースを飛び越えた馬鹿テク満載なので
いっそ12弦ベースでギターアルバムを超える馬鹿テクアルバムを作ったら面白いんじゃないかと
思うわけですが(笑)プロデューサーはベーシストのブライアン・ブロンバーグという方で
ベーシスト達には信奉者が多い御仁だとかでそのせいかいつものバーリンのアルバムと比べると
馬鹿テク抑え目でメロディラインに力を入れている印象です。



ジェフ・バーリンのベース考
「ジャズじゃないことろで、ベースギターの昔ながらのとは違う役割で、ちょっとでも
革新的なことを見つけてもらえるのが楽しいんだ。なので、自分を売り込んであれこれ
話しかけるんだけど、誰もがぽかんとした顔になる。相変わらず前世紀の楽器なんだよ。
他の楽器と同列には扱ってもらえない。ロックの世界なら、バンドをリードできるし、
同列に扱ってもらえるけど、ジャズとロック以外じゃ、誰もベースなんか気にしない。
昔ながらの役割のままだ。それでも仕方ないけど、ちょっとでも先を見るようにすれば、
何か違うものが見えてくるかも知れないだろ。」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2169)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Asia (4)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (8)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (11)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (20)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Dream Theater (4)
Eagles (9)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (5)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (17)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (31)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Joe Walsh(James Gang) (3)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (12)
Neil Larsen (5)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (15)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (17)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (31)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (90)
ジャズ・フュージョン (805)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (48)
Baby Face Willette (3)
Bernard Purdie (3)
Big John Patton (2)
Bill Evans (5)
Billy Cobham (15)
Bobby Hutcherson (1)
Boogaloo Joe Jones (6)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Donald Byrd (2)
Frank Gambale (4)
Grant Green (24)
George Benson (12)
Hank Mobley (6)
Herbie Hancock (6)
Herbie Mann (3)
Herbie Mason (1)
Idris Muhammad (4)
Ike Quebec (1)
Jaco Pastorius (5)
Jack McDuff (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Jimmy McGriff (0)
Jimmy Smith (2)
Joachim Kuhn (3)
Joe Pass (15)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (8)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Johnny Hammond Smith (3)
Keith Jarrett (0)
Kenny Burrell (3)
Larry Carlton (0)
Larry Coryell (13)
Larry Young (2)
Lee Morgan (3)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lonnie Smith (2)
Lou Donaldson (10)
Mark Nauseef (6)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (0)
Melvin Sparks (6)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (8)
O'donel Levy (0)
Oregon (1)
Pat Martino (5)
Pat Metheny (0)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (1)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (14)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stone Alliance (2)
Stuff (10)
Tony Williams (13)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (9)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
本多俊之 (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (37)
渡辺貞夫 (3)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (50)
邦楽 (894)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (29)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (12)
大瀧詠一 (8)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (46)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (7)
人間椅子 (12)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (22)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (34)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (34)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (40)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (34)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (21)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (7)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (11)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (129)
備忘録 (25)
パチスロ (65)
お悔やみ (30)
メディア番宣(テレビ、ラジオ、映画など) (8)

リンク

このブログをリンクに追加する