2017-06

ひこうき雲/荒井由実 - 1973.11.20 Tue









[sales data]
1973年11月20日
[producer]
村井邦彦
[member]
荒井由実(vo/p)
細野晴臣(b)
松任谷正隆(key)
鈴木茂(g)
林立夫(ds)
小原礼(b)
宮沢昭(fl)
西条孝之介(sax)
駒沢裕城(steel-g)




シングル「返事はいらない」でプロデビュー(1972/7/5)
(プロデュース:かまやつひろし/高橋幸宏/小原礼参加)

arai_yumi_hikoukigumo2.jpg

発売時のキャッチ・コピー
「シンガー&ソング・ライター界のスーパー・ヤング・レディー!!」(笑)

作詞・作曲・編曲・指揮・ピアノ・ハモンドオルガン・歌:荒井由実とクレジットされるも
セールスは苦戦し、本人曰くおおよそ300枚程度しか売れなかったそうです(笑)

その後アルファの村井社長がキャラメル・ママとのコラボで売り出しを考案し

細野談
「アルファの村井社長から、荒井由実っていうシンガー・ソングライターがいるから
アルバム・プロデュースしないかと、突然アレンジを任されました(笑)
違うタイプでアレンジしてみてくれとデモ・テープを送ってきてくれたんですよ。
それは、たぶんかまやつさん、今はムッシュですけど(笑)、かまやつさんが、
幸宏とか小原礼とのセッションで確か『返事はいらない』だったかなぁ、その楽曲が入ってて。
でも曲がそんなに面白くなかった。良ければ何にもなかったんだけど、
悪ければ悪いほど料理に燃える(笑)」

細野さんとユーミンの音楽嗜好の共通項にプロコル・ハルムがあったことは
お互いの理解を深めたでしょうね。

村井談
「キャラメル・ママで活動していた細野くんをミュージシャンとして以前から尊敬していたし、
ユーミンの音楽とブレンドすればきっと素晴らしい作品になるんじゃないかと」

ユーミン談
「レコーディングの前に、アルファの村井邦彦さんのところに、風都市の石浦さんと
キティの多賀英典さんの両方からプロデュースの売り込みがあって、キャラメル・ママで
やりましょうと決めたのは村井さんだった」

細野さんが八王子のわらぶき屋根の南正人の自宅でレコーディングをしていた時に
ユーミンが見学がてらオープンリールのデモ・テープを持ってくるのですが、
それがアルバム「ひこうき雲」の弾き語りだったそうです。
(ちなみにユーミンの実家は八王子の荒井呉服店で八王子のちょっとした観光スポットに
なっています(笑)

arai.jpg

このアルバム制作でユーミンは旦那さんとなる松任谷さんと顔を合わせるのですが

ユーミン談
「他のメンバーはそれなりに面識はあったんですけど、面識のなかった正隆さんが
私とコミュニケーションをとってくれることになって、正隆さんも私もキーボード奏者だから、
第一声で『ぼくに何かやることあるんですか』と言われて、
『あのー、下手ですからよろしくお願いします』とあいさつしたのを覚えてるわ」

正隆談
「キーボードを弾く女性がいるわけだから、スタジオに行ったら『クビです』と
言われるのかと思ってた」(笑)

新宿西口のビルにあったヤマハの小中学生のエレクトーン教室を借りきり
5人で車座にすわって、弾き語りのデモ・テープをもとにコード譜を配り、
それでみんな自分の発想で、イントロこういうふうにしようとかアレンジを
話し合いで決めながら作っていく(ヘッド・アレンジ)制作方法だったそうです。

アルバムタイトル曲の「ひこうき雲」は元々雪村いづみのために書き下ろされた曲で
レコーディングもしましたが、諸般の事情で発売されませんでしたが、
1990年にカモン・バックに収録されました。



尚、細野氏が鼻で笑った「返事はいらない」はアルバム用にリテイクされています。

とにかくこのアルバムを評するなら「美しい」のひとことです。

松任谷由実になってからはデビュー時のキャッチコピー通り
「シンガー&ソング・ライター界のスーパー・ヤング・レディー」として
話題作りと売れ線先行のおかしな路線で安っぽい楽曲を量産するように
なってしまいましたが・・・

スポンサーサイト

ミスリム/荒井由実 - 1974.10.05 Sat









[sales data]
1974/10/5
[producer]
村井邦彦
川添象郎
[member]
荒井由実(vo/p)
松任谷正隆(key)
林立夫(ds/per)
細野晴臣(b/etc)
鈴木茂(g)
斉藤ノブオ(per)
清水万紀夫(fl)
吉川忠英(a-g)
瀬戸龍介(a-g)
瀬戸龍介(12 strings g)
駒沢裕城(pedal steel g)
Sugar Babe(bvo)
吉田美奈子(bvo)
山下達郎(bvo)
鈴木(矢野)顕子(bvo)
大貫妙子(bvo)




ティン・パン・アレイの演奏とシュガー・ベイブのコーラスという鉄壁の布陣による
ユーミン2nd。

ブレイク前の山下達郎氏は荒井側からレコーディング参加を要請された際
「コーラスアレンジをやらせてくれるなら参加する」との条件でコーラスアレンジを担当し、
以降「OLIVE」(1979年)まで約5年間、コーラス(アレンジャー)として参加。

y1.jpg img_0_20150528073740985.jpg

人気曲「やさしさに包まれたなら」は不二家ソフトエクレアのCM依頼で書いた曲で
アルバムとシングルでは編曲が異なります。
映画「魔女の宅急便」(1989年)のエンディングに使用されリバイバルヒットしました。

コバルト・アワー/荒井由実 - 1975.06.20 Fri









[sales data]
1975年6月20日
[producer]
村井邦彦
川添象郎
[member]
荒井由実(vo/p)
細野晴臣(b)
鈴木茂(g)
林立夫(ds)
松任谷正隆(p/etc)
斉藤ノブオ(per)
松田幸一(harmonica)
松任谷愛介(fiddle)
原田忠幸(sax)
福島てるよし(tp)
篠原国俊(tp)
新井英治& his fellows(trombone)
玉野嘉久& his fellows(strings)
山田やすひろ(fl)
早樫じゅんじ(fl)
相馬充(fl)
今道美樹子(harp)
ハイ・ファイ・セット(bvo)
吉田美奈子(bvo)
大貫妙子(bvo)
山下達郎(bvo)
伊集加代子(bvo)




前作同様、ティン・パン・アレイ&シュガー・ベイブ系人脈で制作され
卒業写真、ルージュの伝言を収録した人気盤。
コーラスで参加の元「赤い鳥」の山本潤子(旧姓新居潤子)山本俊彦、大川茂の3人による
ハイ・ファイ・セット(命名者は細野晴臣氏)は同年、「卒業写真」でデビュー。

sotugyo.jpg

「ルージュの伝言」は映画「魔女の宅急便」(1989年)のオープニングテーマに
使用されました。

収録曲の「雨のステイション」はJR青梅線の西立川駅を歌っていて、駅前にはこの歌の
記念碑が建てられ、2006年には駅の発車メロディにも採用されました。
(昭和記念公園にお越しの際は是非お立ち寄りください)

photo_3.jpg

又「アフリカへ行きたい」のコーラス部分にはお遊び要素が隠れておりロック・グループの
「アイアン・バタフライ」と歌われています(笑)

14番目の月/荒井由実 - 1976.11.20 Sat









[sales data]
1976/11/20
[producer]
松任谷正隆
[member]
荒井由実(vo/p)
松任谷正隆(key)
Mike Baird(ds)
細野晴臣(steel ds)
斎藤ノブ(per)
松原正樹(g)
鈴木茂(g)
瀬戸龍介(g)
駒沢裕城(steel g)
Leland Sklar(b)
山下達郎(bvo)
吉田美奈子(bvo)
大貫妙子(bvo)
尾崎亜美(bvo)
タイム・ファイブ(bvo)
Corporation Three(bvo)
清水万紀夫(wood winds)
三森一郎(wood winds)
鈴木重雄(wood winds)
村岡健(wood winds)
砂原俊三(wood winds)
沖田晏宏(horn)
伊藤泰世(horn)
数原晋(brass)
新井英二(brass)
平内保夫(brass)
岡田澄夫(brass)
三田治美(brass)
山畑松枝(harp)
玉野嘉久&His Friends(strings)




荒井由実名義最後の作品。



自伝「ルージュの伝言」によると本人はこのアルバムで歌手を引退するつもりだったそうで
もしそれが実現していたら、晩節を汚さず、ジミヘン並の伝説になっていたのでは
ないでしょうか・・・
(結婚後、松任谷Dancingユーミン時代になって無駄に大掛かりなステージとなり
ミニスカで踊りまくってパンチラするユーミンを見ることになるとは思いもしませんでしたね・・・)

松任谷正隆氏がこの作品からプロデュースしたことで大きなステージを意識した
サウンドアレンジに変化し、ピアノは1曲しか使われておらずホーンを多用しています。

arai_yumi_14th_moon1.jpg arai_yumi_14th_moon2.jpg

この頃「あの日にかえりたい」~「翳り行く部屋」(松任谷正隆氏の壮大なパイプオルガンで
始まるプロコルハルムのパクり要素満載の楽曲はエレカシのライヴレパートリーでしたね)と
ヒット曲連発だったのですが何故かアルバムに収録されませんでした。



人気曲の「中央フリーウェイ」は、かまやつひろしのために書いたものなんだそうですが
中央高速道を八王子方面に向かい先日飛行機が落ちて大騒ぎになった調布飛行場
(当時の在日米軍の調布基地(1974年に全面返還)~サントリー武蔵野ビール工場~
東京競馬場などの風景が歌詞に出てくるので運転しているとふとこの歌を思い出す方も
多いのではないでしょうか。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (899)
Live In Japan(黒船襲来) (42)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (8)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (0)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (41)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (14)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (5)
Led Zeppelin (7)
Little Feat (10)
Lou Reed (6)
Lynyrd Skynyrd (4)
Magma (3)
Max Middleton (5)
Mick Ronson (4)
Mike Bloomfield (6)
The Mountain (2)
Neal Schon (3)
Neil Young (3)
Nicky Hopkins (8)
Nico (5)
Nucleus (3)
Paul Butterfield (6)
Peter Banks (5)
Peter Frampton (1)
Peter Gabriel (9)
Peter Green (2)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (1)
Poco (3)
Procol Harum (10)
Queen (3)
Rainbow (15)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (8)
Robin Trower (5)
Rolling Stones (6)
Rolling Stones関連 (2)
Roxy Music (6)
Roy Buchanan (3)
Renaissance (2)
Santana (3)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (7)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (48)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (596)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (25)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (21)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (87)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (53)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する