2017-09

Infinite/渡辺香津美 - 1971.09.15 Wed









[sales data]
1971年9月
[producer]
Tadashi Hirakata
[member]
渡辺香津美(g)
植松孝夫(ts)
市川秀男(p)
鈴木良雄(b)
日野元彦(ds)




暁星高校3年、弱冠17歳の渡辺香津美さんの1st。
(ギターを習って僅か3年のキャリア・・・)
尾川雄介氏のライナーコメント
「17歳の割にスゴイ、のではなく、理屈抜きにスゴイ」

17歳でこれだけのジャズ的な表現力があるということは一体どういうおっさん的な感性で
音楽エッセンスを吸収していたのか不思議でしょうがないのですが、
(マクラフリンやラリー・コリエルなんかを聴きこんでいたのでしょうか?)
この当時の若者が熱狂したギター神ジミヘンに憧れず、
黙々と地味なジャズギターを弾いている高校生という図があまりにも恐ろしい(笑)

尚、あまりに早いプロデビューを心配した母親が全く面識のない渡辺貞夫さんに
プロになることを思いとどまるよう説得してくれと電話したという逸話があります。



尚、アナログ盤はジャケットが異なります

9901077.jpg
スポンサーサイト

Monday Blues/渡辺香津美 - 1974.10.15 Tue









[sales data]
1975
(Rec:1974/10)
[producer]
unknown
[member]
渡辺香津美(g)
土岐英史(sax)
板橋文夫(p)
岡田勉(b)
日野元彦(ds)

a10abc74c6c6bcb40f5553cc6a1b2383.jpg


天才少年現ると話題になり渡辺貞夫さん等のバック演奏をしながら実力を高め
約4年ぶりにリリースされた2nd。
初期のサウンドということもあるのですが技巧派の香津美さんの作品の中では
非常にシンプルでストレート・アヘッドなジャズ・ギターで聴きやすい内容です。
テクニカルな香津美さんの土台にはやはりラリー・コリエルがいるんだなぁということを
強く感じます。
しかし、このジャズスピリットは若さ溢れる20歳の青年が奏でるジャズギターじゃないね(笑)

トキ/土岐英史カルテット - 1975.05.15 Thu









[sales data]
1975
(Rec:1975/5)
[producer]
藤井武
[member]
土岐英史(sax)
渡辺香津美(g)
井野信義(b)
スティーヴ・ジャクソン(ds)




管楽器の苦手意識払拭シリーズ第2弾(笑)

toki.jpg

元シンバルズの土岐麻子さんのお父さんということは知ってましたが腰を据えて聴くのは初めてです。
(このデビューアルバムがリリースされた時、土岐さんは25歳で麻子さん誕生前の演奏です)

かなり質の高い純ジャズです。
今まで和ジャズってどこか日本人っぽい表現の狭苦しさを感じてたんですが
伸び伸び演奏していて気分はニューヨーク・ボトムラインです(笑)

土岐さんの熱いサックス演奏もいいですが、やはり耳が行ってしまうのはこの頃
一緒に演奏することが多かった渡辺香津美さんのギターです。

ジャズは年齢を重ねないとなかなか味わい深さが演奏に滲み出ないのではないかと
考えていましたが、年齢は関係ないことを若者たちが実証したアルバムともいえるでしょう。

Endless Way/渡辺香津美 - 1975.07.07 Mon









[sales data]
1975
(Rec:1975/7/7,8,10,11)
[producer]
森川卓夫
[member]
渡辺香津美(g)
井野信義(b)
倉田在秀(ds)
向井滋春(tb)
土岐英史(ss)




全編オーソドックスなジャズギターアルバムですが、タイトル曲だけクロスオーバー期の
ジェフ・ベックを意識したような楽曲で、純ジャズ以外の多方面の音楽に興味が移っていき
新しいアイディアを披露し始めた作品です。

Milky Shade/渡辺香津美カルテット - 1976.07.01 Thu








[sales data]
1976
(Rec:1976/7/1)
[producer]
川村博通
利根常昭氏
[member]
渡辺香津美(g)
辛島文雄(p)
ジョージ・ムラツ(b)
日野元彦(ds)

9901122.jpg

アナログ時代はジャケットが2種類あったようです

1976MILKY1.jpg

香津美さんのライヴセットリストの人気曲MILKY SHADEやMIRRORS収録盤で
このアルバムからクロスオーバーを意識した作りになっています。

カルテット名義に参加しているジョージ・ムラーツさんという方は私は殆ど接点がなく、
知らなかったのですがトミー・フラナガンさんのレギュラーベーシストとして長年活躍し、
親日家で来日回数も50回を超えるという方らしくソロアルバムは数枚ですが
物凄いセッション数に参加されているらしいので又どこかでお会いできるのを
楽しみにしております。



ちなみにこの録音はジョージ・ムラーツさんがローランド・ハナさんとの
来日公演時に行われたそうです。



Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1037)
Live In Japan(黒船襲来) (44)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (4)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
Curved Air (1)
David Bowie (42)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (9)
Little Feat (11)
Lou Reed (7)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (4)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (4)
Nicky Hopkins (10)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (2)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (6)
Rolling Stones (8)
Rolling Stones関連 (4)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (4)
Santana (4)
Soft Machine (7)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (16)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (7)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (56)
ジャズ・フュージョン (445)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (22)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (12)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (2)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (30)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (35)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (8)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (11)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (12)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (48)
邦楽 (600)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (22)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (88)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する