2018-07

Theatre Royal Drury Lane/Robert Wyatt & Friends - 1974.09.08 Sun









[sales data]
2005/10/11
[producer]
Robert Wyatt
[member]
Robert Wyatt(vo)
Dave Stewart(key)
Laurie Allan(ds)
Hugh Hopper(b)
Fred Frith(vl/g/viola)
Mongezi Feza(tp)
Gary Windo(reeds)
Mike Oldfield(g)
Julie Tippetts(key)
Nick Mason(ds)
Ivor Culter(vo)
John Peel(vo)






Soft Machine脱退後に結成したMatching Moleのロバート・フリップのプロデュースで
イーノも参加した2ndアルバム(そっくりモグラの毛語録)を発表した後に
友人宅のパーティーで泥酔し階段から転落、下半身不随となってしまった
ロバート・ワイアットが車椅子姿で復帰を果たしたライヴ。
(1974/9/8ドルーリー・レイン劇場)

wyatt.jpg

この音源は以前から海賊盤で出回っていたようですが、今回コンプリートではないのですが
(Julie Tippetts が歌う"God Song" と約8分に及ぶワイアットと Tippetts のヴォーカル
インプロヴィゼーションが未収録)公式リリースで音質は向上しているとのことです。

私が初期のソフツに入れないのは、このワイアットの強烈な個性が原因なんですが
益々磨きがかかる楽器としてのワイアットの声(ヴォイス)を受け入れられないと
初期のソフツとは和解できないとの思いは依然強いのですが、まずは初陣突破できたかなと。
意外とワイアットのソロ作品から攻めた方が初期ソフツの牙城を落とせるかもです。



ちなみに個人的にジュリー・ティペット(キース・ティペットの奥さん)のボーカルに興味が沸き
そちら方面に興味の枝葉を伸ばす契機となりました。

スポンサーサイト

BBC RADIO(1971-1974)/Soft Machine - 1974.12.31 Tue









[sales data]
2003/11/15
[producer]
Russell Pay
[member]
Elton Dean(sax)
Hugh Hopper(b)
Phil Howard(ds)
Mike Ratledge(org)
Karl Jenkins(sax/key)
John Marshall(ds)
Roy Babbington(b)
Allan Holdsworth(g)




ソフツのメンバーとサウンド変遷を時系列に丁寧に編集したBBCシリーズPART2。

ケヴィン・エアーズ、ロバート・ワイアット在籍時の初期ソフツ(1967-1971)



を収めたPART1も当然のことながらソフツファンには堪らないでしょうが、
アラン・ホールズワースが参加したBundlesのCDが長い間、廃盤状態だった中、
ソフツでのホールズワースのプレイが3曲聴けるということで人気の作品です。

本作はロバート・ワイアット脱退後からNUCLEUSのメンバーが徐々にバンドを乗っ取り
ヒュー・ホッパー>カール・ジェンキンスとアルバムごとに主導権が代わり
オリジナルメンバーがマイク・ラトリッジだけになるまでの演奏を収めており
フィル・ハワードのドラム演奏やホールズワースが加入する前のギターレスの
Hazard Profile(プロトタイプ版)も収録されている興味深い内容です。

FLOATING WORLD LIVE(Bremen,January 29,1975)/Soft Machine - 1975.01.29 Wed









[sales data]
2006/3/21
[producer]
radio bremen
[member]
Karl Jenkins(sax/key)
John Marshall(ds)
Allan Holdsworth(g/vl)
Roy Babbington(b)
Mike Ratledge(org)




FM「ラジオブレーメン」用に収録された発掘ライブ音源(1975/1/29)

以前、BBC物でアラン・ホールズワース在籍時の音源を数曲だけ聴くことができましたが
本作はBundlesリリース前の音源で丸々ホールズワースのギターを堪能できます。
(久々にバイオリン演奏も披露しています)

ただしマスターではなく、放送編集テープの掘り起こしのようで
「ハザードプロファイル」のギターソロが昇華しようという時点でフェイドアウト・・・

これはBBC物にも共通することなのですが、当時の放送局は複数のリール録音テープの
保管に困り、その殆どを放送後に処分するのが常だったそうなのです。
今、思うと本当に勿体無いことなのですが、
たしかFREEのBBC物は視聴者が自宅でマイクを片手に固唾を呑んで放送番組を録音した
音源という涙ぐましい物まで収録してましたね(笑)



今はデジタルでコンパクトに保管できるので、動画を含めその殆どが残っているのでしょうが
近未来に掘り起こされる「質の高い内容」のものがあるのかどうか甚だ疑問。


(この動画は1974/7/4モントルーフェスでのライヴです)

Bundles(収束)/Soft Machine - 1975.03.22 Sat









[sales data]
1975/3/22
[producer]
Soft Machine
[member]
Roy Babbington(b)
Allan Holdsworth(g)
Karl Jenkins(oboe/p/sax)
John Marshall(ds)
Mike Ratledge(org/p/syn)
*****
Ray Warleigh(fl)




CBSからHARVESTへ移籍しての第一弾(8th)
タイトルも通し番号から固有名へ。

十数年前に外資レコード店で見かけたきり、なかなか再発されずヤキモキしてましたが
ようやく2010年に再発されましたが、CD流通は安定してないようですので見つけたら
即買いです。

4th以降とっつき難いインテリジェンスなサウンド(カンタベリー・ミュージック)から
JAZZ ROCKな方向に転換し、今回バンドとして初めてアラン・ホールズワースの
ギターを導入しますが、ロバート・ワイアットやヒュー・ホッパーが脱退し、
オリジナルメンバーはマイク・ラトリッジだけとなりバンドはニュークリアスのメンバーに
乗っ取られたため、サウンドはカール・ジェンキンス色が強く
(組曲のHazard ProfileはNUCLEUSのSong For The Bearded Ladyの発展曲)
長年ソフツを追ってきた往年のファンからは別バンドと見なされていますが
ホールズワースを探求しようという方には必聴盤です。

Softs/Soft machine - 1976.06.15 Tue









[sales data]
1976/6
[producer]
Soft Machine
[member]
Roy Babbington(b)
John Etheridge(g)
John Marshall(ds/per)
Alan Wakeman(sax)
Karl Jenkins(p/synthe/orchestrations)
*****
Mike Ratledge(synthe)




唯一のオリジナルメンバーだったラトリッジさんは本アルバムリリース前に脱退していますが
2トラックに参加した、ソフト・マシーンの実質的に最後のスタジオアルバム。

ソフト・マシーンは前作Bundles(収束)でアラン・ホールズワースを参加させ
ギターを全面的に導入し、劇的なサウンド変化(カール・ジェンキンス流ジャズ・ロック)を遂げ
取っ付き易くなった分、往年のソフツファンにとっては物足りなさもあるのでしょうが、

Darryl Ways Wolf

本作はホールズワースが後任に推薦したDarry Way's Wolfのジョン・エサリッジさんが新加入し
さらにロック寄りに仕上っています。
(サックス奏者のアラン・ウェイクマンさんはリック・ウェイクマンのいとこだそうです)

ラトリッジさんが一部参加しているといってもあのソフツを彷彿させる歪んだオルガンはないので、
こうまでサウンドが変化すると何をもってしてソフツというのかよくわからないのですが
ソフツ名義にこだわらず何の前知識がなくても余裕で聴けるジャズロックお薦めの1枚だと思います。

2nd vision

2nd visionを聴くまでジョン・エサリッジさんは完全ノーマークでしたが
かなり好みのギタリストで、久々にプチブーム到来です!

Alive and Well-Recorded in Paris/Soft Machine - 1977.07.06 Wed









[sales data]
1978
[producer]
Soft Machine
[member]
John Marshall(ds/per)
Karl Jenkins(p/key/synthe)
John Etheridge(g)
Ric Sanders(vl)
Steve Cook(b)




Live at Theatre Le Palace, Paris, France 1977/7/6-9

ケヴィン・エアーズ、ロバート・ワイアット在籍時の初期ソフツからず~っと追っかけてきた
コアなファンにとっては唯一のオリジナルメンバーでソフツの名残だったオルガンパートの
ラトリッジさんが脱退してしまったバンドをソフト・マシーンと呼ぶことに
抵抗があったかもしれませんが、ソフツにそれほど思い入れがなく、私のように
ホールズワースがらみで手を出してみた程度のジャズロックがお好きな方には
ジョン・エサリッジのギターを加え劇的なサウンド変化(カール・ジェンキンス流ジャズ・ロック)
を遂げ、取っ付き易くなったソフツの方がしっくりくるかもしれません。



本オリジナルアルバムは仏のライヴにスタジオ録音を加えた11曲が収録されていましたが
2010年に未収録ライブ音源7曲とシングルカットされた「Soft Space」の2Versionが
追加されたものが、2枚組でリリースされましたので迷いなく改定盤をお薦めします!

ただソフツのコアファンではない私でも違和感を感じるスタジオ録音の「Soft Space」が
テクノに近接したあまりにもソフツの世界観とは大きく異なるため、これを外してでも
ライヴのセットリスト順に並び替えて再編集したライヴ完全盤で出して欲しかったなと。


2nd Vision(John Etheridge and Ric Sanders) - 1980.01.15 Tue









[sales data]
1980
[producer]
John Cameron
[member]
John Etheridge(g)
Ric Sanders(vl)
Dave Bristow(p/key)
Jonathan Davie(b)
Mickey Barker(ds)




カンタベリーの雄、ソフト・マシーンは名前のわりに全然ソフトじゃないとお嘆きのあなた!

Bundles.jpg

ソフト・マシーンはラトリッジさん脱退後、ホールズワースが参加したBundles(収束)から
ギターを全面的に導入し劇的なサウンド変化(ジェンキンス流ジャズ・ロック)を遂げ
取っ付き易くなった分、往年のソフツファンにとっては物足りなさもあるのでしょうが、
ホールズワースが後任にソフツのギタリストに推薦したのがジョン・エサリッジさんで
ソフト・マシーンの実質的に最後のスタジオアルバム(Softs)ではさらにロック寄りに仕上げ
Live盤Alive & Wellに参加したリック・サンダースさんと立ち上げたバンドが2nd Visonです。

soft1.jpg soft2.jpg

このジャケットからマハビシュヌコンビのJerry Goodman & Jan HammerのLike Childrenを

like children

思い出す方も多いと思いますが、ギターとバイオリンのユニットというよりも
より聴き易くなったニュー・ソフト・マシーンの趣です。

ソフト・マシーンに「ソフト」をお求めの方にお薦めです(笑)



尚、エサリッジさんは2,000年代からソフト・マシーン・レガシーとしてライブを中心に
活動しています。

Land Of Cockayne/Soft Machine - 1981.01.15 Thu









[sales data]
1981
[producer]
Mike Thorne
[member]
Karl Jenkins(key)
John Marshall(ds)
Jack Bruce(b)
Allan Holdsworth(g)
Ray Warleigh
(a.sax,b.flute)
Dick Morrissey(t.sax)
Alan Parker(g)
John Tayler(key)




1978年に活動を停止したソフツが1981年に突如リリースした11作品目。
(ソフツ名義ではラストアルバム)

このアルバムはソフツファンに非常に評判が悪いです(苦笑)
(カール・ジェンキンスがソフツブランドに群がるカルトなファン購買による好セールスを
見込んだソロアルバムと解釈するのが吉)

原因ですか?
曲が酷いですよ・・・
ジェンキンスがオーケストレーションを大々的に導入しようとして中途半端感を増幅させ
80年代に入り音沙汰のなかったお目当てのアラン・ホールズワース先生は1曲のみ?参加。
救いなのはジャック・ブルースのそれと分るベースラインぐらいです・・・
ジョン・マーシャルのどうしようもないぐらいやる気のなさが本作品に駄目を押しています。
(打ち込みの方がまだまし)
ジェンキンスのソロとしては許せますが今までのソフツのサウンドイメージとは全く別物です。

ABRACADABRA/Soft Works - 2003.01.15 Wed









[sales data]
2003
[producer]
Soft Works
[member]
Elton Dean
(sax/key)
Allan Holdsworth
(g/synthaxe)
Hugh Hooper(b)
John Marshall(ds)




Soft Machineメンバーの同窓会アルバム
(とは言ってもこの参加面子での録音は初めて)

バンドの中心メンバーだったカール・ジェンキンスを外してソフツ再結成のプロジェクトを
進めたため版権の一部を持つジェンキンスから「Soft Machine」の名称を使用することを拒否され、
名前もサウンドも中途半端な1枚。

巷で評判悪いのがよくわかる感じで「何が演りたいのかさっぱりわからない・・・」
アルバム制作前の音あわせセッションみたいな印象で繰り返し聴きたい衝動はこれっぽっちもなし。

ホールスワースはこんなのに参加するぐらいならUKの再結成に顔を出せば良かったのに・・・

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1376)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (8)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus(Carmine Appice) (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (65)
ジャズ・フュージョン (626)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (6)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (14)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Lou Donaldson (2)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (9)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (6)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (95)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (55)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する