FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-07

Sailing Wonder/増尾好秋 - 1978.05.21 Sun









[sales data]
1978/5/21
[producer]
増尾好秋
[member]
増尾好秋(g)
Eric gale(g)
Dave Grusin(synthe)
Richard tee(p/key/etc)
Mike Nock(syn)
Gorden Edwards(b)
T.M. Stevens(b)
Steve Gadd(ds)
Howard king(ds)
Al Mack(ds)
Bachiri(congas)
Warren Smith(per)
シャーリー増尾(bvo)
Judy Anton(bvo)




名前は存じてましたが、多分、今まで意識して一度も聴いたことがない・・・増尾好秋さん。

個人的に馴染みがなかった理由は簡単ですが、本人が長年国内活動していない上に
フュージョン期のアルバムが入手難。

やっと今回、キングレコード傘下のフュージョンレーベル、エレクトリック・バードの
カタログが再プレスされたので購入してみました。

大学時代の音楽サークル同期にタモリがいたそうで、ヤマハ主催のコンテストに出場し
渡辺貞夫に認められ、渡辺貞夫~エルビン・ジョーンズ~ソニー・ロリンズなどのバンドで
活躍後、エレクトリック・バードの第一弾アーティストとして契約してリリースされた
アルバム(ソロでは4thになるようです)

アナログ盤の帯に「帰ってきた増尾!!」というキャッチコピーがありますので
このエレクトリック・バード期に限って国内活動が活発だったのでしょうか?
(レーベルを立ち上げた川島重行氏によるとこのアルバム企画は増尾氏側から
キングレコードに打診があったとのこと)
STUFFのメンバーにデイヴ・グルージン参加なんで当時はかなり話題になったと
思いますが(YMO経由の渡辺香津美さんのTochika的な増尾代表作?)
増尾さんはジャズファン以外へのPR材料(TV露出など)が少なかった気がしますが
知らないの私だけでしょうか・・・

うっ意外・・・

ギター奏法については他の作品を聴いてないので何とも言えませんけど
STUFFが参加していると先に音が見えてしまうことが多いのですが
これはまさに「個性的」なサウンドです。
海がテーマなんで高中っぽくもあるんですが、なんかこう全体的にマイルドです。

「おっ、俺、増尾さん行けそう!」ということでエレクトリック・バード期の
他のアルバムを追加注文しましたが、これが早とちりで終わらないことを祈るのみ(笑)
(6/30までエレクトリック・バードは5:1セール実施中です

スポンサーサイト



Sunshine Avenue/増尾好秋 - 1979.04.21 Sat









[sales data]
1979/4/21
[producer]
増尾好秋
[member]
増尾好秋(g)
Victor Bruce Godsey(p)
T.M.Stevens(b)
Robbie Gonzales(ds)
Papo Puertp(congas)
Jorge Dalto(p)
Charles Talerant(per)
Shirley Masuo(per)
Michael Chimes(harmonica)




本作は自身のバンドを組んで制作され、前作よりファンキーな曲が多く、
明らかに独自の音を持っていて、ありきたりなフュージョン作品とは一線を画します。

12_20200111170157fbd.jpg 13_202001111701580df.jpg

1979年と言えば日本の人気フュージョン系ギタリストの渡辺香津美は「KYLIN」、高中正義は
「Jolly Jive」と代表作をリリースした年で、自分もフュージョンブームにどっぷり漬かっていた
筈なのに何故、増尾さんだけ手が伸びなかったのか謎です・・・
耳が軽いハードロック小僧を簡単に手懐ける歌メロなサビが少ないことを
難解に感じていたのか?周囲でも増尾さんの事を絶賛している友人もいなかった気がします。
(単純に考えてCMに楽曲が使われていなかったので一般のリスナーの耳に届かなかった
というのが一番大きな理由でしょうか?)

日本で活動していなかった事も、その一つの理由に上げられるのですが、
この年、全国11箇所で来日公演を行ったようです。

Good Morning/増尾好秋 - 1979.09.15 Sat









[sales data]
1979
(rec:1979/9)
[producer]
川島重行
[member]
増尾好秋(g/synthe/vo)
増尾元章(g/synthe)
Victor Bruce Godsey(p)
T.M.Stevens(b)
Robbie Gonzales(ds/congas)
シャーリー増尾(per)
Delie(hammond)
Margaret Ross(harp)
Josan(bvo)




本作はソフト&メローな作風でファンにはとても人気がある作品のようですが、
前2作は増尾さんのオリジナリティをそこかしこに感じましたが本作はとても平凡に感じます。

それはこの時期このソフト&メロー路線のフュージョン作品は山ほどあり、
個性が見出し難いからだと思いますが、昔のことなのではっきりは思い出せないのですが、
友人に薦められ、レンタルレコードを借りて初めて増尾さんを聴いたアルバムは
これだったんじゃないかなと。

その時、あまり印象が残らなくて今まで放置することになってしまったのですが
今聴いてもなんかこそばゆい感じがします。
まぁこのブログを続けて読んでくださっている方は、私が作品内容とやかく爽やか系の作品に
一様にアレルギーを示すのお約束なことはお分かりいただけてると思いますが(笑)



参加メンバーのシャーリー増尾さんは奥さん、増尾元章さんは実弟さんだそうで
アルバムも出しているようです。

Masuo Live/増尾好秋 - 1980.02.09 Sat









[sales data]
1980/
[producer]
川島重行
[member]
増尾好秋(g)
T.M.Stevens(b)
Victor Bruce Godsey(key)
Robbie Gonzales(ds)
Shirley Masuo(per/synthe)
増尾元章(g)




1980年2月9日東京厚生年金会館での来日公演。

19800129yuucho.jpg

凱旋ライヴということで、気合が入りすぎて?フュージョンというよりロック的な
内容です。
前作の人気作Good Morningがあまりにお洒落でとても平凡に感じた耳には
録音ピッチが高い気がするんですが気のせいでしょうか?

1曲目のディーリング・ウィズ・ライフから飛ばす飛ばす!
T.M.スティーブンスのチョッパーベースも弾く弾く!
(この曲は当時フュージョン系アマチュアバンドのコピー定番曲だったようです)

不思議なのが増尾さんのメロディは鼻歌にするほど強烈に耳に残っているものが
ないのですが、同じ日本人でも活躍するフィールドが違うと日本人的な歌心は
忘れてしまうものなんでしょうか。
I Will FInd A Placeなんかまさにサンタナのフィーリングですよ。

ライヴならもっと増尾好秋のギターはこれ!とわかる気がしていたのですが、
ますますそのオリジナル性がモヤモヤしてしまった1枚でした。

Finger Dancing/増尾好秋 - 1980.10.15 Wed









[sales data]
1981
[producer]
Yoshiaki Masuo
Shigeyuki Kawashima
[member]
Yoshiaki Masuo(g)
Jan Hammer(synthe/moog/etc)
Russel Blake(b)
Tony Cintron, Jr(ds)




東京郵便貯金ホール(1980/10/15-16)でのライヴ(エレクトリックバード期最後のアルバム)

hammer1.jpg hammer2.jpg

ヤン・ハマーはこの頃、There And Backの制作でジェフ・ベックと衝突して距離を置き
Hammer名義で安っぽい歌物アルバムをリリースしていた頃ですが
前作「The Song is You and Me」で客演した縁で増尾さんのツアーにゲスト参加したライブ。
収録曲の4曲がヤンさん(残り2曲が増尾さんの楽曲)なのでヤン・ハマーのツアーに
増尾さんが参加しているようなJeff BeckのLive Wireの逆現象の錯覚を覚えます(笑)

そのため増尾さんのギターはかなりロックっぽいです。
というかむしろこのサウンド方向でアルバムをリリースしていれば日本での人気は
もっとポピュラーになっていたのではないかと思います。

The Song is You and Me/増尾好秋 - 1980.12.21 Sun









[sales data]
1980/12/21
[producer]
Yoshiaki Masuo
Shigeyuki Kawashima
[member]
Yoshiaki Masuo(g/p/vo/etc)
Yutaka Yokokura(p)
Jan Hammer(el-p/etc)
Michael Brecker(sax)
Randy Brecker(tp/etc)
Alan Rubin(tp/etc)
David Tofani(sax/fl)
Victor Brouce Godsey(el-p)
Jorge Dalto(el-p)
Neil Jason(b)
T.M.Stevens(b)
Russel Blake(b)
Buddy Williams(ds)
Tony Cintron Jr.(ds)
Robbie Gonzales(ds)
Carol M. Steele(per9
Pecker(per)
N.Y. Strings Section




最近、本ブログに何故か登場回数の多いヤン・ハマーさんの名前がこのアルバムにも
クレジットされています。
きっといつもの如くズンドコ調のシンセムーグとギターバトルな曲が収録されているだろうなと
思っているとクレジットを参照しないと参加曲が分からないほどその存在感は意外とおとなしく
アルバムはボサノバを入れるなど「緩い」作りなので、ヤン・ハマーにあまり前に出ないでねと
事前に釘を刺していたのかもしれませんね(笑)

エレクトリック・バード過去4作品全てがヒットしそろそろ集大成的な作品という意図で
メンバーも大物を起用し、オケも使うなど豪華な環境で作られた作品ですが
私的には最初受けた大きなインパクトが作品を聴き進めるうちにどんどん薄まってきたのが
正直なところです。
リアルタイムに聴いてなかったこともあって特別な懐かしさもなく、ただただ高中か
リー・リトナーと代わり映えのしない心地よいフュージョン物の1枚に埋もれてしまって
「That's 増尾好秋!」という個性を見出し難い感じがします。

しかし誤解のないよう、ファンには人気の高い作品であることを付記しておきます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2169)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Asia (4)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (8)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (11)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (20)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Dream Theater (4)
Eagles (9)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (5)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (17)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (31)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Joe Walsh(James Gang) (3)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (12)
Neil Larsen (5)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (15)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (17)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (31)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (90)
ジャズ・フュージョン (805)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (48)
Baby Face Willette (3)
Bernard Purdie (3)
Big John Patton (2)
Bill Evans (5)
Billy Cobham (15)
Bobby Hutcherson (1)
Boogaloo Joe Jones (6)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Donald Byrd (2)
Frank Gambale (4)
Grant Green (24)
George Benson (12)
Hank Mobley (6)
Herbie Hancock (6)
Herbie Mann (3)
Herbie Mason (1)
Idris Muhammad (4)
Ike Quebec (1)
Jaco Pastorius (5)
Jack McDuff (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Jimmy McGriff (0)
Jimmy Smith (2)
Joachim Kuhn (3)
Joe Pass (15)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (8)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Johnny Hammond Smith (3)
Keith Jarrett (0)
Kenny Burrell (3)
Larry Carlton (0)
Larry Coryell (13)
Larry Young (2)
Lee Morgan (3)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lonnie Smith (2)
Lou Donaldson (10)
Mark Nauseef (6)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (0)
Melvin Sparks (6)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (8)
O'donel Levy (0)
Oregon (1)
Pat Martino (5)
Pat Metheny (0)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (1)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (14)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stone Alliance (2)
Stuff (10)
Tony Williams (13)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (9)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
本多俊之 (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (37)
渡辺貞夫 (3)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (50)
邦楽 (894)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (29)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (12)
大瀧詠一 (8)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (46)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (7)
人間椅子 (12)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (22)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (34)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (34)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (40)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (34)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (21)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (7)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (11)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (129)
備忘録 (25)
パチスロ (65)
お悔やみ (30)
メディア番宣(テレビ、ラジオ、映画など) (8)

リンク

このブログをリンクに追加する