FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-07

Portrait in Jazz/Bill Evans - 1960.01.15 Fri









[sales data]
1960
(Rec:1959/12/28)
[producer]
Orrin Keepnews
[member]
Bill Evans(p)
Scott LaFaro(b)
Paul Motian(ds)



md_202005050854146dd.jpg

「カインド・オブ・ブルー」はマイルスがモード手法を完成させた名盤中の名盤と評されていますが、
その中心的な役割を果たしたのがビル・エヴァンス。

エヴァンスはマイルスバンドというビバップのバンドで、モード(旋法)するのではなく、
新しいモードジャズをするためのコンボを実現するためバンドを離れ(マイルス大怒(笑)
トリオ編成で録音した作品。

自分なりに「モード手法」というのを解釈すると今までのジャズで和音(コード)進行で行う即興演奏は、
多くの美メロを産み出した半面、コードから外れた音が使えないなど制約があるため
繰り返せば繰り返すほどパターン化したアドリブがマンネリに陥るという現象が起こるようになったため
コード進行を主体としない、モードに基づく旋律による進行に変更した結果
飛躍的に演奏の自由度が増し、メロディの選択肢も増えた。
(現代ジャズの発展という視点ではエヴァンスとコルトレーンがマイルスを離れる契機となった手法)

という感じでしょうか(自信なし)

「モードの原理を理解していなければ現代ジャズはわからない」という評論家の方もいますが
まぁ堅いこと抜きで、音楽は楽しめればそれでOK!です。



「ブルー・イン・グリーン」は「カインド・オブ・ブルー」のセルフカバーですが
「カインド・オブ・ブルー」は、マイルスが作ったことになっていますが実質的には
エヴァンスの貢献が大きい曲であり、本作ではエヴァンスとマイルスの共作として
クレジットされています。
スポンサーサイト



Waltz for Debby/Bill Evans - 1961.06.25 Sun









[sales data]
1961
(Rec:1961/6/25)
[producer]
Orrin Keepnews
[member]
Bill Evans(p)
Scott LaFaro(b)
Paul Motian(ds)



この頃ビル・エヴァンス・トリオは「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのライブを行なっており
1961年6月に行なわれた連続ライブ最終日(6月25日)のライブ音源。

日本では特に大ヒットし、ジャズファンの一家に1枚な作品です。



タイトル曲「ワルツ・フォー・デビイ」は、エヴァンスさんが1956年に
当時まだ2歳の姪デビイちゃんに捧げたもので「ニュー・ジャズ・コンセプション」に
収録されていますが、この曲が有名になったのはこのライブ演奏によってで
今では超有名なジャズ・スタンダードナンバーになりました。



実はこのライヴの11日後の7月6日、ビルの片腕スコット・ラファロさんが交通事故で
亡くなってしまいます(享年25歳)

3_20200505125025985.jpg

この日のライヴ音源で、スコットさんのベース・プレイが目立っているものを
「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」という追悼盤として先行発売し、
残りのテイクを本作に収録したという経緯があるようなので是非、
合わせてお楽しみください。

Undercurrent/Bill Evans Jim Hall - 1962.08.15 Wed









[sales data]
1962/8
[producer]
Alan Douglas
[member]
Bill Evans(p)
Jim Hall(g)



大ヒットアルバム「Waltz for Debby」に次ぐアルバムはジム・ホールさんとのデュオ作品。

これまた耽美なジャケットがとても印象的なアルバムですが、予想していた静的で
ゆったりしたバラード作品なのかなと思って聴いたら、1曲目の「My Funny Valentine」
二人の熱いインタープレイが流れてきてびっくり。

これ以降はスローなバラード曲が続くのですが、ジャズな耳ができていない頃は
リズム楽器を使っていないので、ノリが悪く退屈なアルバムだなと勘違いしてましたが、
「決してノリで聴くアルバムではありません」(当たり前ですが(苦笑)

ただジャズ名盤だからと言って万人受けする内容でもありませんので、
ジャズを聴き始めてジャズとピアノのデュオ作品をお探しの方にはグラント・グリーンと
ケニー・ドリューの「Sunday Mornin'」をお勧めします。
(何より興味持った音楽ジャンルは入り口が大事です(笑)

以前、何かのアルバム評にも書いたのですが、購入したCDはボーナストラックが
4曲も収録されているのですが、こういうことするとオリジナルアルバム6曲で完結していた
ジャズの深みは台無しなんじゃないでしょうか。
アナログ盤で繰り返し聴いていた方々の悲鳴が聞こえてきます(苦笑)

Intermodulation/Bill Evans Jim Hall - 1966.05.10 Tue









[sales data]
1966
(Rec:1966/4/7&5/10)
[producer]
Creed Taylor
[member]
Bill Evans(p)
Jim Hall(g)



「Undercurrent」に次ぐビル・エヴァンスとジム・ホールの共演盤。

そういえばジム・ホールさんのリーダー作でピンと来る作品に出会ってないなと思って
調べてみると、なるほどジム・ホールさんは60年代はサイドマンに徹しており
リーダー作品を出してないのですね。

その60年代ビル・エヴァンスさんとの共演ではジムさんの封印された魔力のようなものが
解き放されるのが魅力の1枚です(これが魂の共鳴というものでしょうか)

ジムさんのギターは控えめなバッキングにもかかわらず圧倒的な存在感でビル・エヴァンスによる
メロディとバッキングの巧みな役割分担が見事です。

「Angel Faceは」ジョー・ザビヌル作品です。
ザビヌルさんはこの頃キャノンボール・アダレイのバンドメンバーとして活躍しており
翌1967年「マーシー・マーシー・マーシー」を大ヒットさせます。
この曲のエレクトリック・ピアノのプレイに目を付けたマイルス・デイヴィスが
ザビヌルさんをスカウトし、ビクトリーロードが始まります。

What's New/Bill Evans & Jeremy Steig - 1969.03.15 Sat









[sales data]
1969
Rec(1969/2-3)
[producer]
Helen Keane
[member]
Bill Evans(p)
Jeremy Steig(fl)
Eddie Gómez(b)
Marty Morell(ds)



ジェレミー・スタイグさんのことをネットで検索すると必ずビル・エヴァンスと共演した
フルート奏者と決まり文句のように書かれているので、長年寄り添った仲なのかな?と
思いましたが、共演しているのはどうもこれ1枚だけのようでちょっと拍子抜けしました。



ビル・エヴァンスさんは1961年もハービーマンさんのフルートと共演していますが、
ジェミー・スタイグさんとの共演を知る契機になったのはトミー・ボーリン経由です。

c_20200423114551c7d.jpg

実はトミー・ボーリンのバンド「The Energy」はスタイグさんのアルバムタイトルからつけたもので
ボーリンがビリー・コブハムの「Spectrum」に参加したのもスタイグさんの紹介によるものだ
ということを知り興味が沸いたミュージシャンです。

1_20200423113833b35.jpg

スタイグさんの演奏スタイルは息が漏れ伝わるほど全力で息を吹き込むので、
酸欠で頭クラクラになるのではと心配になるほどとにかくエモーショナル。
(実はスタイグさん1962年の自動車事故で顔面の右側が不随で片耳も聞こえなく
なってしまう状態を克服するため特殊なマウスピースを使用しているとのことです)

以前、尺八奏者、松居和さんのアルバム「Time No Longer」を聴いた時にフルートと
似ているなと思いましたが(尺八は英語でバンブー・フルート)逆にこのアルバムを聴いて
尺八に似ているなと(笑)



スタイグさんは晩年、日本人の奥様と横浜在住で「公式ホームページ」では雑記や
得意のイラストを駆使したデジタル絵本(お父さんは有名な漫画家さんだそうです)を
紹介していましたが、2016年4月13日にお亡くなりになりました(享年73歳)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2169)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Asia (4)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (8)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (11)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (20)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Dream Theater (4)
Eagles (9)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (5)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (17)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (31)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Joe Walsh(James Gang) (3)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (12)
Neil Larsen (5)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (15)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (17)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (31)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (90)
ジャズ・フュージョン (813)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (48)
Baby Face Willette (3)
Bernard Purdie (3)
Big John Patton (2)
Bill Evans (5)
Billy Cobham (15)
Bobby Hutcherson (1)
Boogaloo Joe Jones (7)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Donald Byrd (2)
Frank Gambale (4)
Grant Green (25)
George Benson (12)
Hank Mobley (6)
Herbie Hancock (7)
Herbie Mann (3)
Herbie Mason (1)
Idris Muhammad (5)
Ike Quebec (1)
Jaco Pastorius (5)
Jack McDuff (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Jimmy McGriff (0)
Jimmy Smith (2)
Joachim Kuhn (3)
Joe Pass (15)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (8)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Johnny Hammond Smith (3)
Keith Jarrett (0)
Kenny Burrell (3)
Larry Carlton (0)
Larry Coryell (13)
Larry Young (2)
Lee Morgan (3)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lonnie Smith (2)
Lou Donaldson (10)
Mark Nauseef (6)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (1)
Melvin Sparks (8)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (8)
O'donel Levy (0)
Oregon (1)
Pat Martino (6)
Pat Metheny (0)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (1)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (14)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stone Alliance (2)
Stuff (10)
Tony Williams (13)
Wayne Shorter (6)
Weather Report (21)
Wes Montgomery (9)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
本多俊之 (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (37)
渡辺貞夫 (3)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (50)
邦楽 (894)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (29)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (12)
大瀧詠一 (8)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (46)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (7)
人間椅子 (12)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (22)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (34)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (34)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (40)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (34)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (21)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (7)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (11)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (129)
備忘録 (25)
パチスロ (65)
お悔やみ (30)
メディア番宣(テレビ、ラジオ、映画など) (8)

リンク

このブログをリンクに追加する