2018-07

Aquamarine/Danny Gottlieb - 1987.01.15 Thu









[sales data]
1987
[producer]
Doug Hall
[member]
Danny Gottlieb(ds)
Doug Hall(key)
John Abercrombie(g)
Cafe(per)
Mark Egan(b)
Joe Satriani(g)
Jeff Mironov(g)
Bill Evans(sax)
Dave Samuels(vibe)
Steve Kahn(g)
Mitchell Forman(key)
John McLaughlin(g)




PMG~マハビシュヌのメンバーだった売れっ子セッションドラマー、
ダニー・ゴットリーブの初ソロアルバム。

タイトル通り「海」をイメージした爽やかサウンドでドラムの技量を聴かせ倒す
アルバムではありません。

ギターの参加メンバーが何気に豪華でジョン・アバークロンビー、スティーヴ・カーン、
ジョン・マクラフリン、そして何と当時サーフィン・ウイズ・ジ・エイリアンをリリースし
上昇気流に乗っていたジョー・サトリアーニ。



これがこのアルバムの意図することなのであれば仕方ありませんが
ちょっと爽やかすぎてBMGとしてすんなり聴き流してしまう軽さなので
曲者ミュージシャンとの不協和音を引き出してでも
ダニー・ゴットリーブ自身の個をもう少し押し出した方が良かったと思います。

ラストに収録されたマーク・イーガンとのデュオ曲「Peace Of Mind」は
シャクティの楽曲です。

スポンサーサイト

Hadrien Feraud - 2007.05.07 Mon









[sales data]
2007/5/7
[producer]
Geraud & Hadrien Feraud
[member]
Hadrien Feraud(b/key/etc)
Jean-Pierre Como(moog/p)
Jim Grandcamp(g)
Jon Grandcamp(ds)
Gerard Feraud
(programming/key)
Julien Tekeyan(ds/per)
Vincent Peirani(accordion)
Dominique Di Piazza(b)
Damien Schmitt(ds/per)
John McLaughlin(g)
Linley Marthe(b/etc)
Flavio Boltro(tp)
Thierry Eliez(synthe/p)
Michael Lecoq(key)
Marc Berthoumieux(accordion)
Bireli Lagrene(g)
Jean-Marie Ecay(g)
Mokhtar Samba(ds/per)




音楽評でジャコの後継者と言われたベーシストは数多いと思いますが
アドリアン・フェローもその一人。
(ジャコに影響を受けているのは勿論、Dominique Di Pizzaが師で複数本指奏法の直系)

無名のままマクラフリンのhttp://musicnightwhisper.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html」に参加して俄かに注目されたようですが
ベーシストとしても凄いですけど、コンポーザーとしてとても高い才を感じます。

リズム楽器奏者のアルバムは超絶演奏を売りにしたり、気持ちよさそうに歌ったりする
内容の薄っぺらい物がごまんと有り、どうもイマイチでしたが、この作品は
アドリアン・フェローの音のアイディアが詰め込んであるアルバムトータルな質感が
とても高いです。

このアルバムでマクラフリンの演奏でドラムを激叩いてるDamien Schmittという
ドラマー(マルチプレイヤー?)を調べてみるとその変人ぶりは凄く興味をそそり
又新たな枝葉が伸びていきそうです。

Bada Boom/Ranjit Barot - 2010.11.16 Tue









[sales data]
2010/11/16
[producer]
Ranjit Barot
[member]
Ranjit Barot(ds/vo/etc)
John McLaughlin(g)
Matthew Garrison(b)
Mattias IA Eklundh(g)
Palakkad Sreeram(synthe)
Harmeet Manseta(p)
Sanjay Divecha(g)
Punya Srinivas(veena)
Tim Garland(sax)
Dominique DiPiazza(b)
U.Rajesh(electric mandolin)
Marc Guillermont(g)
Amit Heri(g)
Pete Lockett(per)
Aydin Essen(key)
Taufique Qureshi(djembe)
Sridhar Parthasarthy
(indian percussion/djembe)
Suzanne D'mello(vo)
Samantha Edwards(vo)
Thomson Andrews(vo)
Leon DeSouza(vo)
Thiru Moorthy(nadaswaram)
Zakir Hussain(tabla)
Elie Afif(b)
Chandana Bala(vo)
Patras Nath(fl)
Gwilym Symcock(p)
Mohini Dey(b)
Dhruv Ghanekar(g)
Scott Kinsey(key)
Wayne Krantz(g)
Nicolas Fiszman(b)
Kirti Sagathia(vo)
Neuman Pinto(vo)
Bianca Gomes(vo)




録音スタジオで見かけた人全員に声をかけたのではないか?というほど
大人数が参加しているのですが、「Abstract Logix創設10周年イベント」開催に
タイミングを合わせてリリースされたマクラフリンの4th Dimensionメンバーの
「ランジット・バロッタさん」のソロアルバム。
(母国インドではインド映画のサントラも多数手がけているようです)



他にこういう作風があるのかどうか分かりませんが、インド風コアフュージョンです。
インド風というとシャクティの時のように聴かず嫌いで身構える人も多いと思いますが、
エスニックなインド味を損わず、独特の変拍子もサウンドはスムーズに流れていきますので、
「インド音楽」についてある種の既成概念(苦手意識)をぶち壊すにはもってこいの
作品だと思います。


Dirty & Beautiful Volume 1/Gary Husband - 2010.11.16 Tue









[sales data]
2010/11/16
[producer]
Gary Husband
[member]
Gary Husband(ds/key)
Allan Holdsworth(g)
Jan Hammer(key)
Jimmy Johnson(b)
Laurence Cotile(b)
Jerry Goodman(vl)
Robin Trower(g)
Livingstone Brown(b)
John McLaughlin(g)
Steve Hackett(g)
Steve Topping(g)
Steve Price(b)
Mark King(b)




ジョン・マクラフリンが所属するプログレッシヴ・ジャズ専門レーベル
「Abstract Logixの創立10周年」を記念した一大音楽祭「New Universe Music Festival 2010
と連動する形でリリースされたゲイリー・ハズバンドのソロアルバム。

オーストリア、ロンドン、ニューヨーク、モナコ、ワイト島、ロサンゼルスなど世界各地の
スタジオでレコーディングされたとのことなので、アルバムを作るためのセッション
というより長年録りためた複数セッションのテープを整理してみましたという感じでしょうか。

ゲストメンバーが凄いことになっていまして、アラン・フォールズワースと
ジョン・マクラグリンの二大師匠は勿論、スティーブ・ハケット、ロビン・トロワー、
スティーブ・トッピング、ヤン・ハマー、ジェリー・グッドマン、ジミー・ジョンソンなどと
聴き終えると、誰のアルバムだっけって?感想になるのはご愛敬です(笑)

このアルバムのクレジットを担当した人に文句を言いたいのですが参加ゲストの名前が
ジャケット表右横に

featuring
Allan Holdsworth(g)
Jan Hammer(key)
Jerry Goodman(vl)
Jimmy Johnson(b)
John McLaughlin(g)
Mark King(b)
Steve Hackett(g)

& other special guest

とあるんですが誰か重要な人の名前を忘れてませんかっての?

何でSeven Moonsで一緒に演ったロビン・トロワーの名前が「& other special guests」の1行に
集約されているのかと(怒)
これはですね、トロワーさんの名前が表に出てればね、ロビン・トロワーさん関連で
買う人いますよ、絶対いますよ、きっといますね、多分ね・・・
(ただし収録されているトロワーさんの楽曲はマイルスのYESTERNOWのカバー1分弱の
演奏でした・・・)


Abstract Logix Live! The New Universe Music Festival 2010 - 2010.11.20 Sat









[sales data]
2011/7/19
[producer]
Shweta and Souvik Dutta
[member]
Alex Machacek(g)
Jeff Sipe(ds)
Neal Fountain(b)
Ranjit Barot(ds)
Bala Bhaskar(vl)
Scott Kinsey(key)
Matthew Garrison(b)
Arto Tuncboyaciyan(per)
Wayne Krantz(g)
Jimmy Herring(g)
Neal Fountain(b)
Matt Slocum(key)
Anthony Jackson(b)
Cliff Almond(ds)
Lenny White(ds)
Tom Guarna(g)
Richie Goods(b)
Vince Evans(key)
John McLaughlin(g)
Etienne Mbappe(b)
Gary Husband(ds)
Mark Mondesir(ds)
Zakir Hussain(tabla)


(CD)

(DVD)


Live at RALEICH,NORTH CAROLINA,USA(2010/11/20-21)

Abstract Logixレーベル」設立10周年を記念して開催したハード・フュージョン祭りの実況録音盤。

Abstract Logixの顔でもあるジョン・マクラフリンの4th ディメンション、
アレックス・マカテェック、ランジット・バロット、ウェイン・クランツ、アンソニー・ジャクソン、
レニー・ホワイト・バンド等ベテランから注目の若手まで早々たる顔ぶれのコテコテの
ハードフュージョン大会。
GRPオールスターズのスーパー・ライヴ(1987)にも劣らない重量級の内容です(笑)

Abstract Logixレーベルは癖のあるミュージシャンが多数在籍しているので
興味が沸いた枝葉を辿るのも吉で、多分その枝葉の先は最終的にマクラフリンに行着くのでは
ないかと思います(笑)

Dirty & Beautiful Volume 2/Gary Husband - 2012.02.21 Tue









[sales data]
2012/2/21
[producer]
Gary Husband
[member]
Gary Husband(ds/key)
Ray Russell(g)
Jimmy Johnson(b)
Mike Stern(g)
Teymur Phill(b)
Sean Freeman(sax)
Wayne Krantz(g)
Allan Holdsworth(g)
Jan Hammer(key)
Neil Taylor(g)
Alex Machachek(g)
John McLaughlin(g)
Mark King(b)
Jimmy Herring(g)
Laurence Cotile(b)
Robin Trower(g)
Livingstone Brown(b)




Part1がリリースされた時にブックレットに「Part2も出るのでよろしく!」と発売予告が
されていましたがその続編です。
(Part3が出るとは書いてないので一応一段落?)

大きく変化があったのは前回文句書いたジャケット表の参加ゲストの名前に
ロビン・トロワーさんの名前がしっかりクレジットされています。
(これで売り上げは倍増だ!(笑)

本作もアラン・ホールズワース、ジョン・マクラフリン、マイク・スターン、ウィエン・クランツ、
アレックス・マカティック、ジミー・へリングな曲者ギタリスト多数参加に吊られて
購入された方も多いかと。
中でも、久々にレイ・ラッセルの名前があるのが嬉しいですね。

楽曲はハズバンドのオリジナルの他、マクラフリンはインダストリアル・ゼンのNew Blues,Old Bruise、
ホールズワーはFREDの2011年バージョン、ヤン・ハマーは懐かしのマイアミバイスの楽曲
ロビン・トロワ―は前作1分30秒程度だったマイルスのYESTERNOWのカバーなどで
ホールズワースの音源がヤン・ハマーとの共演音源なので前作の未収録セッション音源に
Abstract Logix系のミュージシャンとの新録音源を加えたものだと思います。


Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1376)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (8)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus(Carmine Appice) (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (65)
ジャズ・フュージョン (627)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (6)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (15)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Lou Donaldson (2)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (9)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (6)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (95)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (55)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する