FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-05

Karla Bonoff - 1977.01.15 Sat









[sales data]
1977
[producer]
Kenny Edwards
[member]
Karla Bonoff(vo/p/g)
Kenny Edwards(g/b/mandolin)
Andrew Gold(g/p/clavinet/etc)
Waddy Wachtel(g)
Leland Sklar(b)
Russ Kunkel(ds)
Mike Botts(ds)
Steve Forman(per)
Dan Dugmore(steel g)
Linda Ronstadt(bvo)
Wendy Waldman(bvo)
Glenn Frey(bvo)
J. D. Souther(bvo)
Brock Walsh(bvo)
Jai Winding(p)
Emory Gordy, Jr.(b)
John Ware(ds)



linda_2019082322231732e.jpg

リンダ・ロンシュタットのアルバム「風にさらわれた恋」に3曲が選曲されたことで
俄かに注目を浴び、トントン拍子でリンダをはじめとしたウエストコーストの
人気ミュージシャンの全面協力でアサイラムから再デビューを果たしたカーラ・ボノフの再起盤。
(プロデュースはリンダとボノフを仲介したケニー・エドワーズ)

イメージ的にはリンダ・ロンシュタットから田舎臭さ(カントリー)を抜いた都会的な感じで
ややボーカルの線が細い感じですが、「リンダブランド」の影響もあり、好意的に受け入れられ
ウエストコーストブームを締めくくるS,S,Wなミュージシャンとしての大役を果たします。

linda2.jpg

10曲中8曲がオリジナルでケニー・エドワーズ、アンドリュー・ゴールド、ワディ・ワクテルなど
リンダ・ロンシュタットと関りの深いミュージシャンが多数参加していることもり
作風はリンダのアルバムと似ており、リンダに提供した3曲のセルフカバーも収録されているので
聴き比べるのも一興です。

スポンサーサイト



Restless Nights(ささやく夜)/Karla Bonoff - 1979.09.15 Sat









[sales data]
1979/9
[producer]
Kenny Edwards
[member]
Karla Bonoff(vo/g/p)
Andrew Gold(g/p/per)
Ed Black(g)
Dan Dugmore(g)
Danny Kortchmar(g)
David Lindley(g)
James Taylor(g.bvo)
Waddy Wachtel(g)
Kenny Edwards(b)
Russ Kunkel(ds)
Rick Marotta(ds)
Steve Forman(per)
Don Grolnic(p/el-p)
Garth Hudson(accordion)
Don Henley(bvo)
J. D. Souther(bvo)
Wendy Waldman(bvo)
Jackie DeShannon(bvo)



レコードの時代には部屋に飾りたいインテリアの一部としてジャケ買いというものがありましたが
本作もその代表作の1枚でしょう。

ウエストコーストロックからAORに転換して行く時代に上手く波長があった内容で
ケニー・エドワーズがリンダ・ロンシュタットのヒットの方策を取り入れ?
リンダに縁深いアーチストを総動員させソフトロックとバラードを交互に組み合わせた作風ですが、
リンダと大きく違うのが9曲中7曲が彼女のオリジナル(その内2曲がケニーとの共作)

後にリンダもカバーする「Trouble Again」で爽快なスタートを切り



ジェイムス・テイラーのギターとガース・ハドソンのアコーディオン、J.D. Southerの
優しいコーラスを加えた贅沢この上ないという組み合わせの「The Water Is Wide」で
しっとり締めるというヒット曲量産型ではないカーラさんの魅力が十二分に堪能できる極上盤です。

Wild Heart Of The Young(麗しの女)Karla Bonoff - 1982.03.15 Mon









[sales data]
1982/3
[producer]
Kenny Edwards
[member]
Karla Bonoff(vo/p/g)
Russ Kunkel(ds/per)
Bob Glaub(b/g)
Andrew Gold(g/p/org/per)
Danny Kortchmar(g)
Kenny Edwards(g)
Hawk Wolinski(org/el-p/synthe)
Bill Payne(synthe/org)
Steve Forman(per)
Ira Ingber(g)
Joe Walsh(g)
Waddy Wachtel(g)
David Sanborn(sax)
Victor Feldman(vibraphone)
Mark Jordan(org)
Phil Kenzie(sax)
Don Henley(bvo)
Timothy B. Schmit(bvo)
J. D. Souther(bvo)
Wendy Waldman(bvo)
Brock Walsh(bvo)



前作同様、リンダのサポートメンバーによる豪華布陣です。
(ジャケットはより妖艶に)

アコースティック色の強かった前2作と異なり、スタジオで音を厚くして、らしくない
イーグルス的なカントリーロックな楽曲が収録されており、特に1曲目の「Personally」は
今までのカーラの雰囲気とは異なりますが、(この曲のみPaul Kellyの曲)
皮肉にもこのらしくない楽曲がカーラの最大ヒット曲となりますが、アルバムはさほど
売れなかったようです。



リンダと同じようなことを要求してもカーラはリンダほど声にパンチがないので、
ロールする軽快なポップな楽曲にはあまり魅力を感じませんが、バラード調の楽曲に
言葉を乗せて丁寧に歌う数少なくなった歌い手さんだと思います。

1984年、映画「フットルース」に提供した挿入歌「Somebody's Eyes(邦題= 誰かの愛が…)」が
映画の大ヒットの恩恵を受けますが、自身のアルバム制作からはしばらく遠ざかります。

New World/Karla Bonoff - 1988.01.15 Fri









[sales data]
1988
[producer]
Mark Goldenberg
[member]
Karla Bonoff(vo/g/key)
Mark Goldenberg
(key/g/b/programming)
Peter Frampton(g)
Jennifer Condos (b)
Debra Dobkin (per)
Kenny Edwards(bvo)
Karen Blake(bvo)



実に6年ぶりのスタジオアルバム(ソロ4作目)

カーラ・ボノフさんはこの6年間、どんな活動をしていたのかはっきりしないのですが
ジャクソン・ブラウンのサポートギタリストとして有名なマーク・ゴールドバーグが
プロデュースし、ピーター・フランプトンがギターで参加しているのがちょっと嬉しい感じです。

全体的に時代に合わせたシンセデジポップな味付けですが、カーラのボーカルは隅々まで
透明度が高く、6年のブランクを感じさせません。



ただ80年代に登場したマドンナ、シンディ・ローパー、ホイットニー・ヒューストンなど
セールスに多大な影響力を保っていたMTVとタッグで映像を武器に世界を席巻した
女性アーチストと比べると70年代同様、サウンドオンリー勝負のカーラさんが
入り込む余地はなかったのではないかと思います。

この後、ブリンドルの再結成やソロライヴなど精力的に音楽活動を継続していますが
(来日も数多いのですが)現時点では最後のスタジオアルバムです。

カーラさんの5枚目のスタジオアルバムを待ち望んでいる音楽ファンはかなり多いはず!

[Goodbye My Friend」はリンダもカバーしました。



Bryndle(Karla Bonoff/Kenny Edwards/Andrew Gold/Wendy Waldman) - 1995.10.15 Sun









[sales data]
1995/10
[producer]
Josh Leo
Bryndle
[member]
Karla Bonoff(vo/etc)
Kenny Edwards(vo/etc)
Andrew Gold(vo/etc)
Wendy Waldman(vo/etc)
Eddie Bayers(ds/per)
Leland Sklar(b)
Scott Babcock(per)
Bob Carpenter(accordion)
James Ross(viola)



カーラ・ボノフさんは1960年代末に米ロスでアンドリュー・ゴールド、ウェンディ・ウォルドマン、
ケニー・エドワーズと「ブリンドル」を結成しシングル
「Woke Up This Morning/Let's Go Home and Start Again」1枚をリリースするも
アルバム制作する間もなく解散。



各メンバーはそれぞれソロ活動続けながら25年ぶりに「ブリンドル」名義でリリースした初アルバム。
今までもカーラのソロアルバムに各メンバーは深く関わっていたので、
大きな驚きではないのですが、カーラのソロアルバムとしてリリースしてもよさそうなところ
わざわざ「ブリンドル」名義でリリースしたのはカーラのメンバーへのちょっとした
感謝の気持ちが働いたのではないかなと。
(3曲を除いて7曲の楽曲制作が「ブリンドル」名義)

70年代のあのウエストコーストサウンドのメイクをデジタル楽器は一切使用せず、
丁寧に90年代の洗練されたサウンド(一歩進んだウエストコーストサウンド)に仕上げています。

コマーシャリズムなものは一切ないので、知らなければそのまま葬られる1枚ですが
もしどこかでみつけたら手にとって聴いてみてください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2164)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Asia (4)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (3)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (11)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (20)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Dream Theater (4)
Eagles (9)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (5)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (17)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (31)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Joe Walsh(James Gang) (3)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (12)
Neil Larsen (5)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (15)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (17)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (31)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (89)
ジャズ・フュージョン (762)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (48)
Baby Face Willette (2)
Bernard Purdie (0)
Big John Patton (2)
Bill Evans (5)
Billy Cobham (15)
Boogaloo Joe Jones (0)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Donald Byrd (1)
Frank Gambale (4)
Grant Green (12)
George Benson (12)
Hank Mobley (1)
Herbie Hancock (10)
Idris Muhammad (0)
Jaco Pastorius (5)
Jack McDuff (2)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Jimmy Smith (2)
Joachim Kuhn (3)
Joe Pass (16)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (8)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Kenny Burrell (2)
Larry Carlton (0)
Larry Coryell (14)
Larry Young (2)
Lee Morgan (1)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lou Donaldson (4)
Mark Nauseef (6)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (0)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (9)
Oregon (1)
Pat Martino (4)
Pat Metheny (0)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (0)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stuff (11)
Tony Williams (12)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (9)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
本多俊之 (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (39)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (57)
邦楽 (893)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (29)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (12)
大瀧詠一 (8)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (45)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (7)
人間椅子 (12)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (22)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (34)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (34)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (40)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (34)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (21)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (7)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (11)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (127)
備忘録 (24)
パチスロ (65)
お悔やみ (29)
メディア番宣(テレビ、ラジオ、映画など) (8)
Jimmy McGriff (0)

リンク

このブログをリンクに追加する