FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-03

Alive/Grant Green - 1970.08.15 Sat









[sales data]
1970
(1970/8/15(Rec)
[producer]
Francis Wolff
[member]
Grant Green(g)
Claude Bartee(sax)
Willie Bivens(vibes)
Neal Creque(org)
Ronnie Foster(org)
Idris Muhammad(ds)
Joseph Armstrong(congas)
Buddy Green(announcer)




ジョンスコのGroove Elationに参加していたイドリス・ムハンマドさんを少々聴きかじってみようと
その独特のグルーヴ感で評判が高まったというグラント・グリーンさんのライヴ・アルバムを
取り寄せてみました。

grant green

私はグラント・グリーンさんを聴くのはお初なんですが、1960年代のブルーノートを代表するギタリストで
ビ・バップ、モードジャズ、ジャズファンクと年代ごとにプレイスタイルを変えたため
モダンジャズ・ファンだけにとどまらず幅広いファンがいるそうです。
(ギタープレイの特徴は、一貫してシングル・コイルを搭載したギターを使用しており、
シングル・コイル独特の音色が彼のトレードマークなんだそうです)

このライヴが行われた60年代末から70年代にかけては、ファンク・スタイルでプレイしており、
まさにジョンスコがA Go Goで掘り起こしたジャズ・ファンクの原点です。

正直、最初の購入目的だったイドリス・ムハンマドさんのことはすっかり忘れてしまうほど
(いや確かにムハンマドさんのズンドコ節で創出するグルーヴ感は凄いです)
バンド全体で醸し出すグルーヴ感がとても鮮烈です。

リズム自体はジョージ・ベンソンの片腕として有名なロニー・フォスターさんのオルガンベースと
イドリス・ムハンマドさんのドラムの単純なリズムの反復に、グリーンさんのギターや
サックス、ヴァイヴ、オルガンのソロが入るというスタイルですが、このバンド一体のグルーヴ感を
損ねていない理由がしつこくなりがちなオルガンの役割をロニー・フォスターさんが
十分理解した控えめな音の足し方でありがちなオルガンジャズよりもオルガンの奥深さを
醸し出しているように思います。

2017年久々にマイブーム到来しました!グラント・グリーンさんにロックオンです!


スポンサーサイト



Live At Club Monzambique/Grant Green - 1971.01.15 Fri









[sales data]
2006/7/18
(Rec)January 6 & 7, 1971
[producer]
Bob Beleden
[member]
Grant Green(g)
Clarence Thomas(sax)
Houston Person(sax)
Ronnie Foster(org)
Idris Muhammad(ds)




1971年1月デトロイト、クラブ・モザンビークでのライヴ。

ジャズファンク期のグラント・グリーンさんのライヴといえば「Alive」と「Lighthouse」の
2枚が定番のようですが、比較的最近(2006年)掘り起こされた初出音源のようです。

録音テープのマスターがモノラル録音とのことで、そんなに音質は気になりませんが
音圧を調整しているためイドリス・ムハンマドさんのドラムの音が乾いていることと
ロニー・フォスターさんのオルガンベースの音が小さくリズム隊の低音を拾えていないので
本来あったであろうグルーヴ感が再現されていないのが残念です。

グラント・グリーンさんを聴くのはこれで2枚目ですが、特に巧いというタイプではなく
同じフレーズを繰り返すギターワークをしつこいと感じる人もいるかもしれませんが、
この一本気で押しまくるグリーン流グルーヴ感はとても格好いいと思います。

最近、ジャズのリスナーよりもグルーヴミュージックを聴く人に受けがいいのが
よくわかるライヴです。


Live at The Lighthouse/Grant Green - 1972.04.21 Fri









[sales data]
1972
[producer]
George Butler
[member]
Grant Green(g)
Claude Bartee(sax)
Gary Coleman(vibes)
Shelton Laster(org)
Wilton Felder(b)
Greg Williams(ds)
Bobbye Porter Hall(per)
Hank Stewart(announcer)



1972年4月21日 ライトハウス・カフェでのグラント・グリーンの白熱のライヴ。
(1961年から在籍したブルーノート時代最後のアルバム)

今まで聴いた「Alive」と「Live At Club Monzambique」の2枚のライヴアルバムも
かなり良かったですが、このアルバムは遥かにその上を行くものです。

grant1.jpg grant2.jpg

強烈なグルーヴを繰り出す演奏陣をバックに何かの取り憑かれたように神がかったギターフレーズを
繰り広げる・・・ソロだけではなくバッキングに回ってからのギターも凄い・・・
とにかく休みなく、魂のギターが心のヒダをビシバシ刺激しまくります。

このような作品質はキース・ジャレットの「ケルン・コンサート」、マイク・ブルームフィールドの
「フィルモアの奇蹟」に続き3枚目です。

80年代以降に沸き起こった超速弾きブームでギター表現力の限界を露呈してしまい、
その後はシンセに主役の座を奪われてしまいデジタル音楽の興隆と反比例して衰退してしまった
エレキギターですが、デジタル音楽では到底表現できないギターの持つ表現力の奥深さが
このアルバムにはあります。

決して流暢ではない、調技巧でもない、ただただギターの一音一音に魂を乗せる
グラント・グリーン・・・素敵です。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2139)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (10)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (19)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Eagles (12)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (4)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (16)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (30)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (10)
Neil Larsen (1)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (14)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (9)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (92)
ジャズ・フュージョン (778)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (6)
Billy Cobham (15)
Boogaloo Joe Jones (9)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (12)
Herbie Hancock (9)
Idris Muhammad (7)
Jaco Pastorius (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (16)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (14)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lou Donaldson (4)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (11)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (9)
Pat Martino (4)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stuff (11)
Tony Williams (11)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (10)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (39)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (65)
邦楽 (859)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (24)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (37)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (6)
人間椅子 (8)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (20)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (31)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (41)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (26)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (18)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (5)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (13)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (115)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (65)
お悔やみ (27)

リンク

このブログをリンクに追加する