2017-08

Mothballs/Steve Howe - 2017.08.07 Mon









[sales data]
1998/5/12
[producer]
Mark Stratford
[member]
Syndicats
In Crowd
Tomorrow
Keith West
Canto
Bodast




サイケ&フォークロック的だったYESに劇的なサウンド変革第一弾をもたらすことになる
スティーヴ・ハウさんのYES加入前のキャリアをまとめた完全にマニア向け商品です。

簡単にそのキャリアを整理しますと

1964年 シンディキャッツというビート・バンドでプロ・デビュー
howe1.jpg

1965年 キース・ウェストなどと共にジ・イン・クラウドを結成。
1967年 グループ名をトゥモローに改名
howe3.jpg

1968年 カント~Bodast(デビュー前に解散)に在籍


ビートロックに始まり、R&B、ジャズ、クラシックと様々な音楽素養と才能を併せ持つギタリスト
としてバンクスの後釜としてYESに採用されることになるのですが、本アルバムに収録された
音源にはストーンズのようなビートロックのギターが聴けて、新鮮で面白いのですが
殆どの方の興味はいつYESのような奏法スタイルが固まったのか?という点になると思いますが
Tomorrowはサイケ色を前面に出しているためまだその兆候はありませんが
Cantoでちょっとプログレに接近している感じでBodastの曲にはAstral Travellerのフレーズが
顔を出したりするので、この辺でYESのハウ奏法が芽吹き始めたのかな?という印象です。

スポンサーサイト

Tomorrow(feat Keith West & Steve Howe) - 2017.08.07 Mon









[sales data]
1968/2
[producer]
Mark P. Wirtz
[member]
Keith West(vo)
Steve Howe(g)
John "Junior" Wood(b)
John "Twink" Alder(per)
Mark P. Wirtz(key)




まずYESに魅了されたされたファンの大多数が遡って聴くであろうバンドが
スティーヴ・ハウさんが在籍したTomorrow。

tomorrow.jpg

キース・ウェスト率いるフォー・プラス・ワン~イン・クラウド~Tomorrowとバンド名を変え、
R&Bを主に演奏していたというビート・ポップバンドで
ビートルズのサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドに
モロに影響を受けた無数のサイケアルバムの1枚といったところです。
ただサイケと言ってもシスコ辺りの薬中バンドのようなラリパッパ感は薄め。

全体的にビートポップなのでハウさんのギターにYESの面影はありませんが、
「Now Your Time Has Come」「Hallucinations」のギターワークにファンはニンマリするかも
しれません。



もう一人バンドの顔であるキース・ウェストさんはソロ活動を平行して行っており
マーク・ワーツが手掛けた未完のポップ・オペラ「A Teenage Opera」からのシングルが
商業的な成功を収めたことで、ソロ活動優先となりバンドは解散してしまいます。

The Six Wives of Henry VIII(ヘンリー八世の六人の妻)/Rick Wakeman - 2017.08.11 Fri









[sales data]
1973/1
[producer]
Rick Wakeman
[member]
Rick Wakeman(key/p/etc)
Bill Bruford(ds)
Steve Howe(g)
Chris Squire(b)
Alan White(ds)
Mike Egan(g)
Dave Cousins(electric banjo)
Dave Lambert(g)
Ray Cooper(per)
Chas Cronk(b)
Barry de Souza(ds)
Les Hurdle(b)
Laura Lee(vo)
Sylvia McNeill(vo)
Judy Powell(vo)
Frank Ricotti(per)
Barry St. John(vo)
Liza Strike(vo)
Dave Winter(b)




リック・ウェイクマンの初のソロアルバム制作の構想は早い時期からあり
YES加入直後の1971年12月、購入した一冊の本「ヘンリー八世の私生活」に
(痛快豪快、無類の女好きで精力絶倫、離婚を禁じる教会に反抗して妃を6人も交換した王様人生を
描いたもので映画化もされています)



インスパイアされたコンセプトアルバムの制作を思い付き翌1972年2月から制作に入りますが
この頃のYESは多忙で2回の米公演と「危機」のレコーディングの合間に制作を行いますが
なかなか作品としてまとまらず、一時はデモテープを全焼却して制作を断念したそうですが、
期限も予算も付けないというA&Mの後押しもあり8か月かかってようやく完成。
(YESのメンバーの他、ストローブスからもディヴ・カズンズ、デイヴ・ランバートなどが参加)

1曲目の「アラゴンのキャサリン」はYESの「こわれもの」にウェイクマンのオリジナル楽曲
「ハンドル・ウィズ・ケア」としてを録音していたようですが、この頃のウェイクマンは
ストローブスのメンバーとしてA&Mレコードとの契約が残っていたため、契約の関係で
アルバムに収録できず、いくつかのパートを追加録音した上で本作に収録されたようです。
(ブルフォードの名前がクレジットされているのはそのためです)

ウェイクマン談
「YESに深い関心を持っている人たちがこのアルバムを買うことは明らかだ。
その点では、彼らにこのアルバムからYESサウンドとは違ったものを聴き取って欲しいと思う。
とにかく僕はこのアルバムを誇りに思う。かなりの時間をかけているからね。
それとこのアルバムについての批評だけど、どんなものでも受けて立てる。
何故ならこの作品に関してはとても満足しているからね」

YESライヴのウェイクマンのソロ演奏時間に収録楽曲のおいしい所をMIXしたダイジェスト版を
演奏していたので彼の膨大なソロアルバムの中でも一番YESのファン向きです。


Journey To The Centre Of The Earth(地底探検)/Rick Wakeman - 2017.08.13 Sun








[sales data]
1974/5/18
[producer]
Rick Wakeman
[member]
Rick Wakeman
Gary Pickford-Hopkins(vo)
Ashley Holt(vo)
Mike Egan(g)
Roger Newell(b)
Barney James(ds)
David Hemmings(narration)
David Measham(conductor)
London Symphony Orchestra
English Chamber Choir

rick2.jpg


1974年1月18日、ロンドン・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールで行われたコンサートの
2回目のステージの際にロンドン交響楽団と競演を行ったライヴ音源。



原作はジュール・ヴェルヌの小説「地底旅行」でウェイクマンは5歳の頃からこの小説を
100回以上読んでいたとのことで、今まで温めていた構想をYESとは違う次元で表現し
(オーケストレーションの導入)元YESのネームヴァリューも手伝ってプログレとは無縁の
音楽ファンも巻き込みこのジャンルにしては異例の大ヒットした作品です。

録音、発売当時はまだYESに在籍していましたが、英国チャートでYESさえも成し遂げて
いなかった1位をとった成功でソロ活動を優先して、YESを脱退した原因の一つとされています。
(アメリカでも大ヒットし、全米トップ10入りを果たしています)

今では全然新鮮味はありませんが、当時クラシックとロックの融合というテーマに
かなり数のミュージシャンが挑戦しましたが、殆どが企画倒れな中でこの作品は数少ない
セールス的に成功した作品でしょうか。

セールスが好調だったためワールドツアーが組まれ、公演先の現地のオーケストラと合唱団との
共演という形式で、バンドのみが各地を周るという方式が取られていたようです。

1975年1月、日本公演も実現(東京で4回、大阪と名古屋で各1回の公演。
日本公演で共演したオーケストラはシャンブル・サンフォニエット、合唱団は東京放送合唱団)

rick1.jpg

来日時のインタビュー
深町純
「オーケストラをバックに弾くというのは気持ちが良いでしょ?」
ウェイクマン
「請求書が来るまではね。」



今でもオーケストラ共演という形でたびたびライヴが行われ色々な形で本作の便乗商品が出ています

1999年 本作の続編「地底探検〜完結編」リリース(オジー・オズボーン参加)


2012年 スタジオ録音盤を限定発売


2016年 デラックス盤リリース(DVD付)

The Myths and Legends of King Arthur and the Knights of the Round Table(アーサー王と円卓の騎士たち )/Rick Wakeman - 2017.08.14 Mon









[sales data]
1975/4
[producer]
Rick Wakeman
[member]
Rick Wakeman(synthe/key/p)
Gary Pickford-Hopkins(vo)
Ashley Holt(vo)
Geoffrey Crampton(g)
Roger Newell(b)
Barney James(ds)
John Hodgson(per)
New World Orchestra
English Chamber Choir




ウェイクマンの「ヘンリー八世」「地底探検」「アーサー王と円卓の騎士たち」は
文芸三部作と呼ばれていますが、本作はYES脱退後に制作した初めてのアルバムとなります。

聖杯伝説の一形態では、円卓にイエス・キリストと12人の使徒を模して13の席があったとされ
新たな円卓の騎士は空席ができたときにのみ迎えられる。その者は以前の騎士より勇気と武勲を
示さなければならず、それができなければ魔術師マーリンが円卓にかけた魔法により弾かれてしまう
というような英国では人気の伝説物なのですが、詳しくは下動画をご参照ください。



そういえば日本では人気のゲームシリーズ「Fate」の聖杯戦争に「アーサー」出てましたね。
(アニメでは女性で戦国乙女の足利ヨシテルと顔が区別つきませんけど(笑)

saver.png

若干ネタ切れというかマンネリというか原作の壮大な物語を音物語として仕上げるには
リリースペースが早すぎて、幼少期より思い入れのあった「地底探検」と比べると
ウェイクマンの中で物語を消化しきれていない感じがします。
(サウンドが過去2作に比べてポップになった分、物語の重厚さが伝わりにくいです)

rick11.jpg rick22.jpg

このアルバムプロモーションでは「プログレとアイス・ショー」という変わった催し物が行われ
ウェンブリー・エンパイア・プールの氷のスケー・リンクの真ん中にオーケストラや合唱団、
ミュージシャンを配し、そのまわりを20人近いスケーターが音楽に合わせて踊るという
ものだったようです(日本でもテレビ放送されたとのことです)

もしかしたら今後リック・ウェイクマンの曲で踊るフィギア選手が現れるかも?





Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (995)
Live In Japan(黒船襲来) (44)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
The Byrds (10)
Bill Bruford (15)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (4)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
Curved Air (1)
David Bowie (42)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (9)
Little Feat (11)
Lou Reed (7)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (4)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (4)
Nicky Hopkins (10)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (2)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (6)
Rolling Stones (8)
Rolling Stones関連 (4)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (4)
Santana (4)
Soft Machine (7)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (7)
YES (11)
YES関連 (14)
カテゴリ外(洋楽) (51)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (600)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (22)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (88)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する