2017-06

Heads Hands & Feet - 1971.01.01 Fri









[sales data]
1971
[producer]
Tony Colton
[member]
Ray Smith(vo/g)
Tony Colton(vo)
Albert Lee(g/key)
Pete Gavin(ds)
Chas Hodges(b/fiddle)
Mike O'Neill(p/org)
*****
Jerry Donahue(bvo)
Ray Osborne(bvo)




アルバート・リーはクリス・ファーロウのバック・バンドであるサンダーバーズで活躍し
1970年にリッチー・ブラックモア等とグリーン・ブルフロッグという覆面セッション・バンドに
参加し、Heads Hands & Feetを結成。



このバンドはUKバンドにもかかわらず、デビュー時から米進出を狙っていたようで
米大手キャピトル・レコードからリリースされ、内容にも相当自信があったのか
米デビューアルバムは2枚組(英盤は1枚編集物)

一言でこのバンドの特徴を言い表すのは難しいのですが、楽曲は全曲トニー・コルトンが
手がけており、乗りのよいカントリー・ロックありプロコルハルム的なクラシカルなバラードあり、
英国風湿り気のあるフォークありと何でもありなのですが、その才能の引き出しの多さが
逆にバンドの特徴を明確にできなかったのがデメリットだったかもしれません。
キャピトルとしてはCSN&Yのようなバンドとして売りたっかたのかもしれませんが
演奏力はともかくメンバーの個性が弱く、お互いが刺激しあって表現力が増すというような
バンドポテンシャルは感じられません。



しかしアルバート・リーのギターは全編で冴え渡っており(アルバート・リーの代名詞でもある
Country Boyのオリジナルはこのアルバムに収録されています)スタイルこそ違いますが
ジミー・ペイジ、リッチー・ブラックモアと並ぶブリティッシュ・ロックを語る上では
外せないギター名手です。

スポンサーサイト

Old Soldiers Never Die/Heads Hands & Feet - 1973.01.15 Mon









[sales data]
1973
[producer]
Tony Colton
[member]
Albert Lee(g/key)
Tony Colton(vo)
Ray Smith(b)
Chas Hodges(b/fiddle)
Pete Gavin(ds)




久々に英国の深い霧の奥から引き当てた掘り出し物でございます。
随分前にアルバート・リーがらみで購入していたのを忘れていたアルバムです。

このバンドのことをネットで調べていて大きな勘違いに気づいたのですが
あの米カントリー・ミュージックで縦横無尽に弾けるポップコーンギターを奏でていた
アルバート・リーさんは英国出身だったのですね(100%米人だと思っていました)

英国風のカントリー・ミュージックとは米国カントリー・ミュージックとどのように
異なった風景を聴かせてくれるのかと思ったオープニングから驚きましたが
大胆なオーケストラアレンジを施したまるでプロコルハルムのようなクラシカルな楽曲が
数曲収録されており(勿論アルバート・リーから想像できるカントリー風の楽曲もあり)
ジャンル的にはパブ・ロックに分類されるようですが、サウンド面ではもっと雑多で
ブリティッシュ・スワンプ・ロックとも言えるのではないでしょうか。
アルバート・リーはギター演奏の他、オルガンでもかなりの腕前を聴かせてくれます。

バンドはこのアルバム(3枚目)をリリース後に解散。
アリバート・リーは米国に渡り、ジョー・コッカーやエミルー・ハリス等と共演し
クラプトンバンドに加入するなど人気セッションマンとなります。

Hiding/Albert Lee - 1979.01.15 Mon









[sales data]
1979
[producer]
Brian Ahern
[member]
Albert Lee(g/key/mandolin/vo)
Brian Ahern(g)
Emory Gord(g)
Buddy Emmons(steel g)
Hank DeVito(steel g)
Emory Gordy(b)
Dave Peacock(b)
Pat Donaldson(b)
John Ware(ds)
Bruce Gary(ds)
Pete Gavin(ds)
Gerry Conway(ds)
Glen D. Hardin(p)
Charles Hodges(p)
Ricky Skaggs(vl)
Mickey Raphael(harmonica)
Jerry Jumonville(horns)
Emmylou Harris(bvo)
Don Everly(bvo)
Rodney Crowell(bvo)
Donivan Cowart(bvo)
Ricky Skaggs(bvo)




60年代前半から英国でHeads Hands & Feetのメンバーとして活躍し解散後に渡米し
ジョー・コッカーやエルミー・ハリスのバックバンドで活躍し人気セッションマンとしての
地位を獲得しリリースされたソロデビュー作品。

アルバムセッションはHeads Hands & Feet時代の同僚チャス・ホッジズ、ピート・ギャヴィンなどの
英国勢とエミルー・ハリスのホット・バンドのメンバーを中心とした米国勢の2部構成です。

ハイライト曲は1曲目のクラプトンをも唸らせたというカントリー・ボーイは音がいかにも
楽しそうにはじけ飛んでいてまさに神業。
人気セッションマン扱いなのが勿体無い逸材です。



このアルバムのギタープレイに脱帽したクラプトンに見初められクラプトンバンドの一員として
複数のアルバム制作に参加し、1979年にはクラプトンのツアーで来日も果たしました。
(クラブトンの武道館ライヴ盤には未収録ですがアルバート・リーの演奏コーナーあり)



2013年来日時のインタビュー記事は
「クラプトン、ストーンズ、ディープ・パープルを語る」という興味深い内容です

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (899)
Live In Japan(黒船襲来) (42)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (8)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (0)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (41)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (14)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (5)
Led Zeppelin (7)
Little Feat (10)
Lou Reed (6)
Lynyrd Skynyrd (4)
Magma (3)
Max Middleton (5)
Mick Ronson (4)
Mike Bloomfield (6)
The Mountain (2)
Neal Schon (3)
Neil Young (3)
Nicky Hopkins (8)
Nico (5)
Nucleus (3)
Paul Butterfield (6)
Peter Banks (5)
Peter Frampton (1)
Peter Gabriel (9)
Peter Green (2)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (1)
Poco (3)
Procol Harum (10)
Queen (3)
Rainbow (15)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (8)
Robin Trower (5)
Rolling Stones (6)
Rolling Stones関連 (2)
Roxy Music (6)
Roy Buchanan (3)
Renaissance (2)
Santana (3)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (7)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (48)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (596)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (25)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (21)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (87)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (53)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する