2018-07

Mr.Tambourine Man/The Byrds - 1965.06.15 Tue









[sales data]
1965/6
[producer]
Terry Melcher
[member]
Roger McGuinn(vo/g)
Gene Clark(vo)
David Crosby(vo/g)
Michael Clarke(ds)
Chris Hillman(b)
*****
Leon Russell(key)
Jerry Cole(g)
Larry Knechtel(b)
Hal Blaine(ds)




ウエストコースト周辺の音楽を攻めていくと必ず辿りつくのがビーチ・ボーイズとザ・バーズ。

本アルバムのプロデュサーはビーチ・ボーイズとも縁深いテリー・メルチャー。

このバンドのサウンドについて「ビートルズとボブ・ディランの中間」という表現がありますが
フォークの温かみとR&Rの疾走感にハーモニーをかぶせるという独特のサウンドで
人気を博します。

ただしロジャー・マッギン以外は楽器が弾きこなせないアマチュアレベルの状態だったため
ハーモニーをのぞきレオン・ラッセルなどスタジオ・ミュージシャンがサポートして
録音したそうです。

byrds.jpg

12曲収録中オリジナルは5曲で残りのカバー曲のうち4曲はボブ・ディランの楽曲で
「ミスター・タンブリン・マン」が全米No.1ヒットしザ・バーズの代表曲となります。
「ミスター・タンブリン・マン」には実在のモデルが存在し、それはブルース・ラングホーン
という方で、ボブ・ディランがレコーディングの際に知り合い彼が持っていた
トルコのFrame Drumの形がタンブリンに似ていたことから、彼のことを
「ミスター・タンブリン・マン」と呼び、曲が生まれたそうです。

bruce-tambourine.jpg
(ブルース・ラングホーンが「タンブリン」を持った写真)
この「タンブリン」は、現在Experience Music Projectのミュージアムに収蔵されているとのこと)

roger maggin

こぼれ話ですがマッギンがトレードマークにもなったリッケンバッカー12弦を弾くようになったのは
映画「ビートルズがやってきたヤア!ヤア!ヤア!」でジョージ・ハリスンが弾くのを見て
映画館の帰りに楽器店で購入したんだそうです。
当時のことを思えば、リッケンバッカーを即買いできるとはかなりのボンボン育ち?(笑)

スポンサーサイト

Turn!Turn!Turn!/The Byrds - 1965.11.15 Mon









[sales data]
1965/11
[producer]
Terry Melcher
[member]
Roger McGuinn(vo/g)
Gene Clark(vo)
David Crosby(vo/g)
Michael Clarke(ds)
Chris Hillman(b)




楽器を猛特訓した甲斐あって本作はサポートミュージシャンを入れずメンバーのみの
演奏で制作されたようです。
又レコーディングではプロデューサーもメンバーも納得するまで何百回と録音が
繰り返されかなりヘヴィーな作業だったようです。

本アルバムもタイトル曲を含めカバー曲に耳が行きがちですが、ジーン・クラークが
中心となって生み出した美しいメロディがビート・ポップと一線画した初期ザ・バーズの
フォークロック期のオリジナル性を発揮しています。

byrds2.jpg

ちなみにシングルはディランのカバー曲It's All Over Now,Baby Blueの予定だったのが
急遽Turn!Turn!Turn!に変更されたそうです。



本作に収録されたLay Down Your Weary Tuneの自作カバーを聴いたボブ・ディランから

bylan.jpg

「これを聴くまでは君達のことをただの物真似バンドだと思っていたけど
これには本物のフィーリングが篭っている」と最高の賛辞を頂いています。



He Was A Friend Of Mineはトラディショナル曲をマッギンが改作したもので
暗殺されたジョン・F・ケネディへの追悼歌です。

Fifth Dimension(霧の5次元)/The Byrds - 1966.01.15 Sat









[sales data]
1966
[producer]
Allen Stanton
[member]
Roger McGuinn(vo/g)
David Crosby(vo/g)
Michael Clarke(ds)
Chris Hillman(b)
*****
Gene Clark(vo)
Van Dyke Parks(key)




創設メンバーでザ・バーズのメロディメーカーだったジーン・クラークはライヴ演奏の
十八番となるEight miles highの録音だけ参加し脱退。
(この曲はドラッグを連想させるという理由で全米で放送禁止に(苦笑)

プロデュースもテリー・メルチャーと意見が衝突しアレン・スタントンという
コロンビアの重役さんが名前貸し?程度なので実質的にはバンドのセルフプロデュース
みたいなものです。

初期のバーズはアルバムリリースごとに演奏力がUPしているのが面白いですが
本アルバム制作前にジーン・クラークが脱退したため、マッギン&クロスビーが楽曲制作に
取り組まなければならなくなり、今までのフォークロックサウンドから
サイケ、カントリー、ソウルと幅を広げバンドサウンドの新たな転換期を迎えることになり
このことが彼等のソングライティングの才能を開花させることになります。

尚、クロスビーはこのアルバムで初めてWhat's Happening?を書きリードボーカルを
担当しています。

Gene Clark With The Gosdin Brothers - 1967.01.15 Sun









[sales data]
1967
[producer]
Larry Marks
Gary Usher
[member]
Gene Clark(g)
Glen Campbell(g)
Mike Clarke(ds)
Doug Dillard(g)
Chris Hillman(b)
Jerry Kole(g)
Bill Rinehart(g)
Leon Russell(p)
Clarence White(g)
Gosdin Brothers




ザ・バーズ初期(フォークロック期)のオリジナル曲の殆どを書いていたジーン・クラークさんが
バンド脱退後リリースしたソロアルバム。

gene-clark.jpg

プロデュースはザ・バーズのYounger Than Yesterdayと同じくゲイリー・アッシャーが担当し
クリス・ヒルマン、マイケル・クラーク、クラレンス・ホワイトとザ・バーズな面子が関係しており
サウンド的にはロジャー・マッギンの12弦リッケンバッカー抜きのザ・バーズ的な作品です。
(レオン・ラッセルも参加)

このアルバム発売一週間後にザ・バーズのYounger Than Yesterdayがリリースされたため
話題を持っていかれてしまったそうですが、本人曰く「ひたすら曲を書くのをやめられなかった時期」
だったそうで、失恋ソングメイカーの達人が他人に気兼ねすることなく「報われぬ想い」を
とうとうと書き綴った作品です。

ザ・バーズ脱退後は華やかなヒット曲がないためメジャーなスポットが当るアーチストでは
ありませんが、通称"white light"などマイナーな活動ながら名盤をリリースして行きます。

Younger Than Yesterday(昨日よりも若く)/The Byrds - 1967.01.15 Sun









[sales data]
1967
[producer]
Gary Usher
[member]
Roger McGuinn(vo/g)
David Crosby(vo/g)
Michael Clarke(ds)
Chris Hillman(b)
*****
Clarence White(g)
Hugh Masekela(tp)
Vern Gosdin(g)




前作、Fifth Dimension(霧の5次元)を最後にザ・バーズのサウンドメーカーだった
ジーン・クラークが脱退し、バンド主導権がマッギン&クロスビーに移ったように見えましたが
驚いたことにクリス・ヒルマンが一気にソングライティングの才能を開花させ(4曲提供)
各メンバーの個性が絡み合う好作品になりました。
(後にザ・バーズのメンバーとなるクラレンス・ホワイトがゲスト参加)



アルバムタイトルはボブ・ディランのカバー曲"My back pages"の歌詞から拝借。
"So You Want To Be A Rock 'N' Roll Star"は当時アメリカで人気を博していたモンキーズを想定し
造られたスーパースターを痛烈に皮肉った歌です。

The Notorious Byrd Brothers(名うてのバード兄弟)/The Byrds - 1968.01.03 Wed









[sales data]
1968/1/3
[producer]
Gary Usher
[member]
Roger McGuinn(g)
David Crosby(g)
Chris Hillman(b)
Michael Clarke(ds)




ボブ・ディランのカバーバンドから出発しフォークロック~サイケムーブメントの
先駆者として昇り調子のザ・バーズの5TH。

このアルバムもビートルズのサージェントペッパーズ症候群のアルバムですが
前作同様、ミレニウム/サジタリアスのゲイリー・アッシャーのプロデュースで
ソフトロックな仕上がりになっています。

がこれが火種となり・・・

アルバムジャケットにデヴィッド・クロスビーの代わりに馬が写っていることは有名ですが
デヴィッド・クロスビーはキャロル・キングの「GOIN'BACK」カバー収録に反対し
又自身の楽曲「Triad」がアルバムに採用されなかったことで制作途中で脱退してしまいます
(脱退後、ジョニ・ミッチェルのデビュー・アルバムをプロデュースした後>C,S,N結成へ)

Sweetheart Of The Rodeo(ロデオの恋人)/The Byrds - 1968.01.15 Mon









[sales data]
1968
[producer]
GARY USHER
[member]
Roger McGuinn(vo/g/banjo)
Chris Hillman(vo/g/b/etc)
Gram Parsons(vo/g)
Clarence White(vo/g)
John Hartford(banjo/g)
Loyd Green(steel g)
Jay Dee Maness(steel g)
Earl Ball(p)
Roy M. "Junior" Husky(b)
Jon Corneal(ds)
Kevin Kelley(ds)




アルバム制作中に対立したデヴィッド・クロスビーが脱退し、バンドのオリジナルメンバーは
マッギン&ヒルマンの二人だけになってしまいますが、カントリー系のグラム・パーソンズと
Rising Sonsのケヴィン・ケリーを新たなメンバーに迎え、当時珍しかった本格的な
カントリー・ロックのアルバムを制作します。
(マッギンの曲は1曲も収録されていません)

the byrds

サージェント・ペッパーズ症候群のようなサイケなサウンドを歓迎していた多くのファンは
この大きなサウンドの方向転換にかなり戸惑ったようですが、アルバム制作を通し
グラム・パーソンズとクリス・ヒルマンは意気投合し更に本格的なカントリーロックを目指すため
ザ・バーズを脱退しフライング・ブリトー・ブラザースを結成することになります。

White Light/Gene Clark - 1971.01.15 Fri









[sales data]
1971
[producer]
Jesse Ed Davis
[member]
Gene Clark(vo/g)
Jesse Ed Davis(g)
Bobbye Hall(per)
Chris Ethridge(b)
John Selk(g)
Ben Sidran(key)
Mike Utley(key)
Gary Mallaber(ds)




70年中期に巻き起こるSSWブームに乗っかるにはちょっと玄人好みすぎるかなという感じで
ザ・バーズ脱退後はカントリーロックというマイナージャンルで活動していたため
他メンバーのような名声は得られませんでしたが、この後何千年も聴き継がれるであろう
古典名盤です。
(white lightは正式タイトルではなく通称)

こういう古典名盤作品を評するのが一番難しいのですが(下手に形容すると穢れてしまうようで)
シンプルで繊細な音が引きつける不思議な魅力に出会うと「音に命が宿る魂」という意味で
「音魂」という言葉を使いたくなるのですが、全ての曲に「音魂」が篭った感じで
綿密な制作過程でこういう感じで作ろうと思ってできるアルバムではなく
何というかプロデュサーのジェシとクラークのシンクロ率が奇蹟的に「純度100%」を
飛び越してしまったという感じです。

しかし上記のような固い説明に構えて聴く必要のない非常にハートフルな作品であることを
追記しておきます(笑)

Roger McGuinn - 1973.06.15 Fri









[sales data]
1973/6
[producer]
Roger McGuinn
[member]
Roger McGuinn(vo/g/synthe/etc)
Gene Clark(bvo)
Spanky McFarlane(bvo)
David Crosby(g/bvo)
Graham Nash(g/bvo)
Jerry Cole(g)
Buddy Emmons(pedal steel g)
Bruce Johnston(p)
Spooner Oldham(org/p)
David Vaught(b)
Chris Ethridge(b)
Chris Hillman(b)
Leland Sklar(b)
John Guerin(ds)
Michael Clarke(ds)
Jim Gordon(ds)
Charles Lloyd(sax)
Hal Blaine(tambourine/per)
Bob Dylan(harmonica)
Jimmy Joyce Children's Chorus





1973年、ザ・バーズのオリジナル・メンバー
(Gene Clark/Chris Hillman/David Crosby/Roger McGuinn/ Michael Clarke)による
リユニオンアルバムがリリースされますが、評判よろしくなくセールスも不振だったことから
マッギンはザ・バーズの活動に終止符を打ち、ソロアルバムの制作に取り掛かります。
(その流れでリユニオン・バーズのメンバーもこのアルバムに参加しています)

帯叩き
「ロックン・ロールの錬金術師」

このアルバムはバラエティに富んだ内容ですが、ザ・バーズのように12弦ギターをかき鳴らし
コーラスハーモニーを主体とするものではなくボブ・ディランに近いスタイル(歌&ギター)で
力を抜いて演ってみましたという感じです。

このマッギンの変化を長年のザ・バーズのファンが受け止められなかったのでしょうか?
ザ・バーズのマッギンは良く知られていますが、ソロに転向してからのマッギンの
活動については不思議と認知度が低く、しばらく通好みな裏街道に停滞することになります。

Cardiff Rose/Roger Mcguinn - 1976.05.15 Sat









[sales data]
1976/5
[producer]
Mick Ronson
[member]
Roger McGuinn(g/vo)
Mick Ronson(g/etc)
David Mansfield(g/etc)
Rob Stoner(b)
Howie Wyeth(ds)
Timmy Schmit(vo)
Kim Hitchcoft(sax)




ボブ・ディランのローリング・サンダー・レヴューで共演した縁でミック・ロンソンが
プロデュースを買ってでたロジャー・マッギンのソロアルバム。
(デヴィッド・マンスフィールド、ロブ・ストーナー、ハウィー・ワイスの
ローリング・サンダー一座も参加)

ロジャー・マッギンが歌うボウイの世界・・・
ミック・ロンソンが奏でるザ・バーズの世界・・・

今までの音楽キャリアに共通項のない二人の個性の相容れない違和感が気になり
まずそういった先入観を払拭するのに苦労するかもしれません。
「Up To Me」はボブ・ディランのBlood On The Tracksに収録する予定で
レコーディングされたものですが没となりマッギンに回ってきたようです。
アルバムを締めるDreamlandはジョニ・ミッチェルのカバー曲。
デモトラックのSoul Loveのカバーなんかを聴くとボウイファンの私としては
ちょっと身悶えてしまいますが、仮にこのアルバムのボウイバージョンがあったら
かなり売れたと思います。



マッギンはこの後ザ・バーズな面子でマッギン、クラーク&ヒルマンを結成して
来日もしましたが、1995年頃からFolk Denというサイトを立ち上げアメリカの
フォーク音楽の保護を目的とした活動をしています。

300px-FolkDen-logo.jpg

ミック・ロンソンはというとセッション・プレイヤーや音楽プロデューサーとしての活動が
中心となりますが、イアン・ハンターとつるんでアルバムを多数リリースしています。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1378)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (65)
ジャズ・フュージョン (623)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (6)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (11)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Lou Donaldson (2)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (9)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (6)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (95)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (55)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する