2018-06

The Original Delaney & Bonnie & Friends(Accept No Substitute)//Delaney & Bonnie - 1967.07.15 Sat









[sales data]
1969/7
[producer]
Delaney Bramlett
[member]
Bonnie Bramlett(vo)
Delaney Bramlett(g/vo)
Leon Russell(g/p)
Jerry McGee(g)
Carl Radle(b)
Bobby Whitlock(key)
Bobby Keys(sax)
Jim Price(trombone/tp/horn)
Rita Coolidge(bvo)
Jim Keltner(ds)




とある事情からMGズとメンフィス録音したデビュー盤(home)の発売が見送られると
二人はスタックスからエレクトラに移籍し、新しいアルバムを制作にとりかかります。

前作とは作風が異なりゴスペル色が強く、ボニーのボーカルが前に出てきたことで
一般的にスワンプという言葉が思い浮かぶサウンドになるのではないかなと。
このアルバムは今でこそデラボニの代表作として認知されていますが、
発売当初は殆ど話題にならず、この年、デラニー&ボニーがブラインド・フェイスの
アメリカ・ツアーのオープニング・アクトを担当したことや、サポート・ギタリストの
ジェリー・マギーがベンチャーズ加入のため不在となったため、デラボニの
英国ツアーでクラプトンがサポートを買ってでて人気に火がつきます。

クラプトンがデラボニと出会う契機になったのはジョージ・ハリスンがデラボニの
デモテープを聴いてアップルでアルバムリリースを打診するも、既にエレクトラと
契約済みだったので諦め、そのジョージがクラプトンにテープを聴かせたところ
一気にこのサウンドの虜になったそうです。
アップルでビートルズ連中とからんだデラボニというのも聴いてみたかった気がします。

スポンサーサイト

home/Delaney & Bonnie - 1969.05.15 Thu









[sales data]
1969/5
[producer]
Don Nix
Donald "Duck" Dunn
[member]
Delaney Bramlett(vo/g)
Bonnie Bramlett(vo)
Booker T. Jones(key)
Steve Cropper(g)
Donald "Duck" Dunn(b)
Al Jackson, Jr.(ds)
Isaac Hayes(key/vo)
Carl Radle(b)
Leon Russell(key)
Jimmy Karstein(per)
Wayne Jackson(tp)
Dick Steff(tp)
Jay Pruitt(tp)
John Davis(tp)
Ben Cauley(tp)
Joe Arnold(sax)
Jim Terry(sax)
Ed Logan(sax)
Andrew Love(sax)
William Bell(vo)
Phil Forrest(vo)




この音楽ブログを始めてから、今まで殆ど手付かずだった音楽ジャンルで
ミュージシャンやプロデューサーの興味の枝葉が伸びたことで、開拓が進んだのは
スワンプ物~サザンロックであることは間違いないと思います。

スワンプ物に興味を持つ契機になったのはレイナード・スキナードやオールマン・ブラザースなどの
サザンロックを聴きかじっているうちにデイヴ・メイスンのデビューアルバムが発火点となり
突如マイブームが訪れディレク&ドミノス、ジョージ・ハリスン、レオン・ラッセル、
ジョー・コッカー、そしてデュアン・オールマンなどなどを耳にするとそこには必ず
このデラニー&ボニーさんが深く関与していたわけで「スワンプ」というジャンルは
彼らが撒いた音楽の種と考えてあながち間違いではないのではないかと思います。

delany_bonny_friends.jpg

まずはスワンプの意味を再確認のため調べてみると「スワンプ」とは湿地帯という意味で、
ルイジアナ、テキサス東部などの海岸地帯を指し、'70年代の初頭のサザンロックに
ゴスペル色を加えたデラニー&ボニーを代表するような南部の泥臭いサウンドを
意味するようになったとのことです。

ファーストアルバムの録音はメンフィス。
プロデュースはMGズのベーシストのドナルド・ダック・ダン。
(MGズの全員がレコーディングに参加、カール・レイドルやすでにレオン・ラッセルの
名前もあります)

スワンプというよりMGズのメンフィスサウンドです(当たり前ですけど(笑)

このアルバムはちょっとした事情から一度お蔵入りしていて発売順ではAccept No Substituteで
メジャーな人気を獲得した後にリリースされています。
その事情とはシングル「It's Been a Long Time Comin'」がラジオで紹介されチャートを上昇しますが、
ラジオでこの曲を聴いたリスナーはあまりの黒っぽさに二人を黒人と勘違いしていたためで
この頃の米は白人による黒人排斥運動が過激化し、キング牧師が暗殺されその反動で各地で
黒人暴動が活発化していたため、二人が白人だと知ったラジオ関係者はオンエアを自粛し、
レコード会社関係者はリリースを見合わせるということだったようです。

On Tour with Eric Clapton/Delaney & Bonnie & Friends - 1969.07.12 Sat









[sales data]
1970/3
[producer]
Jimmy Miller
Delaney Bramlett
[member]
Bonnie Bramlett(vo)
Delaney Bramlett(g/vo)
Eric Clapton(g/vo)
Leon Russell(g/key)
Dave Mason(g)
George Harrison(g)
Bobby Whitlock(org/key)
Carl Radle(b)
Jim Gordon(ds)
Tex Johnson(per)
Doug Bartenfeld(g)
Bobby Keys(sax)
Jim Price(tp)
Rita Coolidge(bvo)




デラニー&ボニーといえばとりあえず「これ」というアルバムでしょうか。

delaboni.jpg

クラプトンと親交を深めたデラボニさんはエレクトラからatcoに再び移籍し
デラニーとエリックが共作した楽曲「カミン・ホーム」をシングルリリース。
このシングルB面に収録された「グルーピー」は、ボニーとレオン・ラッセルの共作で、
後に「スーパースター」と改題されカーペンターズによるカヴァーが世界的に大ヒットします。



このシングルが英国でヒットしたため、クラプトンが積極的にバックアップし
英国ツアーが実現し、クラプトン、ジョージ・ハリスン、レオン・ラッセル、
デイヴ・メイスン、リタ・クーリッジなどがFRIENDS名義のサイドマンとして
参加したツアーライヴ盤。

オリジナルは1969年7月のクロイドンFairfield Hallの音源を編集したものでしたが
2010にdeluxe edition box set(4枚組)がリリースされ



フレンズとして参加したメンバーの演奏が多数陽の目を見てツアーの全貌が
より明確になりました。

・Royal Albert Hall 12 January 1969
・Colston Hall 12 February 1969
・Fairfield Hall 12 July 1969 first show
・Fairfield Hall 12 July 1969 second show

ゴスペルを取り入れたデラニー&ボニーの歌心はフレンズとして参加した
英国ミュージシャン達に大きな影響を与え、レオン・ラッセル、クラプトン、
デイヴ・メイスンは揃ってスワンプなソロアルバムをリリース。
ことはエスカレートしこのツアーで脚光を浴びたデラボニのバックメンバーが
クラプトンやレオン・ラッセッルに引き抜かれてしまい、デラボニとしてのツアーを
キャンセルしなくてはならない事態が起こってしまいます。

To Bonnie from Delaney/Delaney & Bonnie - 1970.09.15 Tue









[sales data]
1970/9
[producer]
Jerry Wexler
Tom Dowd
Delaney Bramlett
[member]
Delaney Bramlett(g/vo)
Bonnie Bramlett(vo)
Duane Allman(g)
Mike Utley(p)
Jim Gordon(key)
Sneaky Pete Kleinow
(steel guitar)
Little Richard(p)
Jim Dickinson(p)
Charlie Freeman(g)
Ben Benay(g)
Kenny Gradney(b)
Bobby Whitlock(p)
Ron Tutt(ds)
Sammy Creason(ds)
Jerry Jumonville(sax)
King Curtis(sax)
Darrell Leonard(tp/trombone)
Sam Clayton(congas)
Wayne Jackson(tp)
Jack Hale(trombone/tp)
Alan Estes(conga/pre)
Jerry Scheff(b)
Tommy McClure(b)
Ed Logan(sax)
Andrew Love(sax)
Frank Mayes(sax)
Floyd Newman(sax)




英国ツアーは盛況の内に進みますが、フレンズ筆頭頭のクラプトンが離脱し
レオン・ラッセル、ジム・ゴードン、カール・レイドルはジョー・コッカーの
マッド・ドッグス&イングリッシュメン
に行ってしまったため
ツアーを途中でキャンセルせざるえなくなり苦境に陥ります。
(クラプトンはその後ツアーメンバーのボビー・ウィットロック、カール・レイドル、ジム・ゴードンらと
デレク&ドミノスを結成)

そのため本作の参加メンバーの多人数さが示しているように新メンバーが固まる前に
複数のスタジオミュージシャン(メンフィス・ホーンズなど)と
ニューヨークのデッカスタジオとマイアミのクライテリアスタジオの2箇所3セッションを
編集しておりツアーメンバーではないこともあり、やや大人しい感じもしますが、
何といってもこのアルバムのトピックスはデュアン・オールマンの参加なんですが、
このアルバムの重要なことはデュアンの才能を高く買いアトランティックの
アーティストセッションに数多く参加させオールマン・ブラザースを育てた
ジェリー・ウェクスラーの関与です。

duan Jerry Wexler

R&B生みの親と言われるウェクスラーは自分が獲得したZEPPが
当時アトランティックで最大のプライオリティアーチストだったにもかかわらず目もくれず(笑)
南部音楽の売り出しに心血注ぎ、ゴスペル、カントリー、ロックンロールが入り混じった音楽を
スワンプロックと名付けて積極的な売り込みをしたのは誰あろう
このジェリー・ウェクスラーその人です。
(参考)
ジェリー・ウェクスラーの偉業



海賊盤で流失していたデラボニ&デュアンFM放送用の共演ライヴはデュアンのBOX(Skydog)に収録されました)

Motel Shot/Delaney & Bonnie - 1971.03.15 Mon









[sales data]
1971/3
[producer]
Delaney Bramlett
[member]
Delaney Bramlett(g/vo)
Bonnie Bramlett(vo)
Duane Allman(g)
Stephen Stills(vo)
Ben Benay(g)
Joe Cocker(vo)
Kenny Gradney(b)
John Hartford(banjo/fiddle)
Eddie James(g)
Jim Keltner(ds)
Bobby Keys(sax)
Dave Mason(g)
Gram Parsons(g/vo)
Carl Radle(b)
Leon Russell(p/key)
Clarence White(g)
Bobby Whitlock(vo)
Jay York(bvo)
Johnny Bramlett
(Samsonite Briefcase)




ボニー談
「もともとヒット作を狙って制作したものじゃなかった。
絶対的にそういう目的じゃなかった。これはリアルなレコード(記録)なの。
もとはといえばライヴが終われば、モーテルに戻ってからも一晩中歌い演奏し続けたなんて
ことにインスパイアされたものだった。モーテルの部屋での自発的だったり自然で無理のない
演奏を再現してみようということから始まったの」

制作時期は明記されていませんが、関係者の証言などを整理するとアルバム用として
録音したものではなく、エレクトラからアトコ移籍前後のツアー中にモーテルのロビーで
ツアー仲間などとお遊びで演奏していた雰囲気を再現しようという意図で録音した
アコースティック楽器によるセッションでルーツミュージックの伝統曲が多数収録されています。
(デュアン、ジョー・コッカー、レオン・ラッセル、デイヴ・メイスンなどお馴染みのフレンズの他に
ジェシ・エド・デイヴィスやグラム・パーソンズ、ステファン・スティルスなど
当時のサザンロックの同窓会の様相です。
(クレジットにはありませんがクラプトンも参加しているようです)

シングルカットされたNever Ending Song Of Loveは彼らの最大ヒット曲となりますが
時代に先行したアンプラグド演奏でアルバムに商業的な加工を施さなかったため
質的内容の高さは、音楽評論家及び一部の音楽マニアにしか理解されずセールスは撃沈・・・

当時、クラプトンなどに主要メンバーを横取りされたデラボニの懐事情は深刻な問題だったでしょうけど、
時代を追うごとに地味に再プレスされ、今後も更に地味に再プレスされ続け、
本アルバムを耳にした音楽ファンは必ず「時代を超えた小さな至福の刻」を得ることでしょう。

D&B Together/Delaney & Bonnie - 1972.03.15 Wed









[sales data]
1972/3
[producer]
Delaney Bramlett
[member]
Delaney Bramlett(g/vo)
Bonnie Bramlett(vo)
Eric Clapton(g/vo)
Leon Russell(p/key/vo)
Duane Allman(g/vo)
Dave Mason(g/vo)
Carl Radle(b)
John Hartford(banjo)
Steve Cropper(g)
Jim Gordon(ds)
Red Rhodes(steel guitar)
Jaimoe(ds)
Billy Preston(key/p)
Charlie Freeman(g)
Kenny Gradney(b)
Bobby Whitlock(key)
Bobby Keys(sax)
James Jamerson(b)
Jerry Jumonville(sax)
King Curtis(sax)
Larry Knechtel(b)
Darrell Leonard(tp)
Jim Price(horns)
Chuck Rainey(b)
Larry Savoie(trombone)
Rita Coolidge(bvo)
Tina Turner(bvo)
Venetta Fields(bvo)
Merry Clayton(bvo)
Eddie Kendricks(bvo)
Sam Clayton(bvo)
Joe Hicks(bvo)
Patrice Holloway(bvo)
Tex Johnson(bvo)
Clydie King(bvo)
Sherlie Matthews(bvo)
Gordon De Witty(bvo)
Jay York(bvo)




1971年デイヴ・メイソンのカバー曲「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」が
久々のヒットとなり、このポテンシャルならフレンズを交代<>補充しながら活動を
継続していくことも十分可能だったと思うのですが、本体であるデラニーとボニーの夫婦仲に
問題が生じていたため、プロデューサーのジェリー・ウェクスラーは新アルバムの権利を
コロムビア・レコードに売却してしまいます(アトコ>コロンビア移籍)

本作は前述の「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」別ミックスを含む
1971年録音10曲に加え、1969年にクラプトンとレコーディングしたシングルヒット曲「カミン・ホーム」と
そのカップリング曲「スーパースター」や映画バニシング・ポイント劇中で歌った
「ユー・ゴット・トゥ・ビリーヴ」の別ヴァージョンなどが追加収録されています。

これを書いちゃうとファンの方に怒られるかもしれませんが、スワンプ物は幅が狭いので
連続で聴くと飽きます(60年代のグループサンズ(GS)と質的に似ています)
もしデラボニがスワンプ以外でサウンド幅を広げていたら、別の方向性の芽が出たのではないかと
思いますが、デラボニが登場した時に音楽的な共感でクラプトンはじめ多くのフレンズが集ったものの
英国ツアー後はあっさりしたほどその関係は希薄であることから、ミュージシャンにとっても
発展解釈しにくいジャンルであることが伺えます。

このアルバムがデラボニ名義で最後のアルバムとなり、二人は正式に離婚し
ソロ活動に移行します。

It's Time/Bonnie Bramlett - 1974.01.15 Tue









[sales data]
1974
[producer]
Johnny Sandlin
[member]
Bonnie Bramlett(vo/tambourine)
Eddie Hinton(g)
Scott Boyer(g)
Tommy Talton(slide g)
Johnny Sandlin(g)
KennyTibbetts(b)
Big Bill Stewart(ds)
Jerry Thompson(ds/per)
Butch Trucks(congas)
Chuck Leavell(el-p/p)
Paul Hornsby(org)
Gregg Allman(org)
Tom Ridgeway(synthe)
Randall Bramlett(sax)
Leo LaBranche(tp)




スワンプブームはウエストコーストなAOR登場であっという間に終息して行くのですが、
そのブームの中心にいたデラボニのボニー・ブラムレットさんはバンド解散後どうなったのか
興味が沸きソロアルバムを取り寄せてみました。

ソロ2枚目となる本作はカプリコ―ン移籍第一弾ということで
グレッグ・オールマン、チャック・リーヴェル、ブッチ・トラックス、ジェイモー
といったオールマン・ブラザース・バンドの面子に、カウボーイのスコット・ボイヤーと
トミー・タルトンなどといった当時のカプリコーンオールスターがバックを担当。

スワンプからサザンロックに乗り換えも元々パンチの効いた歌声のボニーさんには
全く関係なく、R&Bフィーリングたっぷりの美声を轟かせていますが
歌いあげるバラード曲が多いせいかデラボニ時代のキュートな魅力は薄くなったと思います。

R&Bな作品としては一級品だと思いますが、彼女自身が曲を書くことがなかったことで
(収録曲のAtlanata,Georgiaはブラムレットさん作)SSWブームから取り残されてしまい
日本でのボニー・ブラムレットさんの認知度は低いのですが、何かの機会に再評価されることを
強く願っております。

Lady Choice/Bonnie Bramlett - 1976.01.15 Thu









[sales data]
1976
[producer]
Johnny Sandlin
[member]
Bonnie Bramlett - Vocals
Johnny Sandlin(g)
Tommy Talton(g)
David Hood(b)
Roger Hawkins(ds)
Barry Beckett(org/p/clavinet)
Ed Freeman(string arrangements)
Harrison Calloway(horn arrangements)
Muscle Shoals Horn Section - Horn
*****
Chuck Leavell(p)
Gregg Allman(org/vo)
Dianne Davidson(bvo)
Anita Ball(bvo)
Ricky Hirsch(g)
Richard Betts(g)
Randall Bramblett(sax)
Paul Hornsby(org)
Mickey Thomas(vo)
Dobie Gray(vo)
Jimmy Hall(vo)
Bobby Whitlock(vo)




前作同様、R&B・ソウル、ブルース、ゴスペルなどの黒人音楽に対する深い敬愛の念を注ぎ
R&Bのスタンダードを中心にボニー・ブラムレット自身が選曲したカバー曲作品。

カプリコ―ンという米の最良レーベルは売れ線に関係なく良質な作品を作る正義漢が仇となり
80年に閉鎖することになるのですが、何とかボニー・ブラムレットをカプリコ―ンの
トップランクの歌姫へランクアップさせるべく収録曲の半数近くをデュエットにするなど
セールスの梃入れの努力は垣間見えます。



オリジナルではなくカバー曲集という点にカプリコ―ンでの「ボニー・ブラムレット」の
微妙な立ち位置を感じますが、思い切ってデラボニ時代の曲を1曲ぐらい入れても
良かったのでないでしょうか。
(デラニー・ブラムレットから使用許可が下りたかどうかは分かりませんが・・・)

memories.jpg

ボニー・ブラムレットは1978年にもう1枚アルバム(Memories)をリリースしますが
結果的にソロで成功することはなく、80年代以降、キリスト教に帰依してゴスペル・シンガーに
転身し、商業音楽からは足を洗い1987年にはボニー・シェリダン名義で女優としても
活躍していましたが、2002年に「アイム・スティル・ザ・セイム」でシンガーとして
カムバックを果たしました。

bonnie3.jpg

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1365)
Live In Japan(黒船襲来) (50)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (13)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (15)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Claire Hamill (3)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (43)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (8)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (11)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (4)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (12)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (9)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Terry Reid (5)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (8)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (64)
ジャズ・フュージョン (604)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (4)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (5)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (36)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (6)
Mike Stern (13)
Miles Davis (55)
Miles Davis関連 (5)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (10)
Weather Report (29)
Wes Montgomery (8)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
Prism (3)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (54)
邦楽 (638)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (23)
その他(戯言・雑記) (93)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (18)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する