2017-07

センチメンタル通り/はちみつぱい - 1973.11.05 Mon









[sales data]
1973/11/5
[producer]
はちみつぱい
石塚幸一
[member]
鈴木慶一(vo/p/vib)
武川雅寛(vl)
駒沢裕城(steel-g)
本多信介(g)
和田博巳(b)
カシブチ哲郎(vo/ds)
*****
山本浩美(vo)
坂田明(sax)
渡辺勝(p/g/etc)




随分昔のことですが、ある日、突然「塀の上で」がラジオから流れてきて
長い間、この歌は大瀧詠一が歌っていると勘違いしていて、それが鈴木慶一が在籍していた
「はちみつぱい」の曲だと知ったのはかなりあとのことでした。



鈴木慶一氏は母親がパート勤めしていた野村證券でアルバイトをしていたあがた森魚と出会い
あがた精神病院を結成(後にあがた森魚と蜂蜜麺麭>蜂蜜ぱい>はちみつぱいに改名)
あがた森魚や斉藤哲雄のバックバンド活動の他、岡林信康や西岡恭蔵のレコーディングに参加し
風都市に所属していたことからはっぴいえんどの弟分的なバンドとしてデビューします。
(ちなみに風都市伝説は読み物としてとても面白いです)



鈴木氏の歌詞は松本隆を模倣して文学的な作りになっているので、はっぴいえんどと雰囲気的が
似たところはありますが、サウンド的に武川雅寛さんのバイオリンがバンドエッセンスとして
際立っています。
又鈴木慶一の他、本多信介、カシブチ哲郎やデビュー前のはちみつぱいに在籍していた
山本浩美、渡辺勝も楽曲を提供しており、一見民主的な作りになっていますが
この民主的なアルバム作りが鈴木とメンバー間の音楽性の相違を生み出し
バンドはこれ1枚で解散。

agunes_20160227111857bd0.jpg

鈴木、武川、かしぶち(岡田、椎名)はアグネス・チャンやキャンディーズのバックバンド活動で
食いつなぎながら、ムーンライダーズを結成し日本最初期の現役ロックバンドとして
長い間、人気を博しましたが、35周年となる2011年11月11日、公式サイトにて
2011年内をもって無期限活動休止に入ることを発表。



その後2012年にデビュー40周年を迎えたあがた森魚のバックバンドとして参加したり
2013年12月17日、かしぶち哲郎が死去し、一周忌にあたる2014年12月17日、日本青年館で
一夜限定の復活ライブが開催されライヴ盤もリリースされました。

スポンサーサイト

セカンドアルバム~イン・コンサート~/はちみつぱい - 1974.11.20 Wed









[sales data]
1988/5
[producer]
?
[member]
鈴木慶一(vo/p/vib)
本多信介(g)
渡辺勝(vo/g)
和田博巳(b)
カシブチ哲郎(vo/ds)
武川雅寛(vl)
駒沢裕城(steel-g)
岡田徹(key)
椎名和夫(g)
*****
細野晴臣
大貫妙子
あがた森魚
吉田美奈子




SFCからリリースされた1972年2月12日「こんさあとごっこ」~1974年11月20日の
「解散コンサート」までのライブ編集盤。

yahoo0002.jpg yahoo0003.jpg

物足りないなぁというファンには「THE FINAL TAPES はちみつぱいLIVE BOX 1972-1974」も
あります。


セカンドアルバムというタイトルにするには解散からあまりに時間が経過しすぎているのですが
はちみつぱいをバックに歌う細野晴臣などマニア心をそそるネタはしっかり収録されています。



このアルバムの発売を機に1988年6月9日PIT(汐留)で1日限りの再結成コンサート
はちみつぱい 15 YEARS AFTER」が行われました。

ピンクの心/野宮真貴 - 1981.10.21 Wed









[sales data]
1981/10/21
[producer]
平田国二郎
[director]
鈴木慶一
岡田徹
粕谷雅昭
[member]
野宮真貴(vo)
橿渕哲郎(ds/per)
鈴木さえ子(ds)
鈴木博文(b)
奈良敏広(b)
白井良明(g)
岡田徹(key)
上野耕路(key)
浜口茂外也(per)
鈴木慶一(per/bvo)
鈴木博文(per)
武川雅寛(vl/per/bvo)
国吉静治(fl)
パズル(bvo)
粕谷雅昭(bvo)
玉野グループ(strings)




80年代の音楽は邦楽&洋楽共にタイムリーには一生懸命聴いていなかったおかげで?
無知ゆえに面白い音源がゴロゴロしているのに今さらながら気づかされるのですが
これもそんな中の1枚です。

nomiya maki2 nomiya maki

「野宮"ロマン"真貴」としてシングル「女ともだち」(資生堂「シャワーコロン」CM曲)で
デビューしたピチカート・ファイヴの三代目ボーカルの野宮真貴さんの初ソロアルバム。

面白いと書いた理由はこの頃、アイドルとは別路線の女性アーチストが登場し始め
今の大量生産ポイ捨て歌手と違い、デビュー育成のコンセプトがしっかりしていて
強力なバックアップ体制がしかれ、このアルバムは鈴木慶一、岡田徹や佐伯健三、石原智宏、
比賀江隆男、上野耕路といった面々が参加しているいわゆる「ムーンライダーズ」と「ハルメンズ」
というありえないようなコラボ作品なのです。

でこの凄い面子の演奏陣にひるむことなくそつなく歌いこなしてしまう野宮さん(笑)

ボイッシュなイメージにあわせたようなソフトでお洒落なニューウェイヴ調の楽曲の中に
「原爆ロック」という異色の曲があり(これかなりヤバイんじゃないでしょうか(笑)




「ピカー!ピーピーピッピッ ピピピピ ピカドン!!
私のお脳が核分裂 おめめピカピカ放射能 ガイガーカウンター ガーガーピコピコピー
アトミック・パワー アトミック・パンチ
原爆ロック 原爆ロック 原爆ロックで わたし大爆発」

何やら戸川純さんみたいだなと思っていたら楽曲提供はゲルニカの太田螢一さんでした(笑)

タイトル曲の「ピンクの心」というのは

「この間からわたしダイエット始めたの 最近みょうにソワソワ~」という
乙女のための体操ソング?で歌詞がとてつもなく可愛い。

「右のほっぺた打たれたの~なら~ ひ~だ~り~の~ほ~ほ~を~ ビシ!!ビシ!!やり返したい~」

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (955)
Live In Japan(黒船襲来) (43)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (42)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (9)
Little Feat (11)
Lou Reed (7)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (4)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neal Schon (3)
Neil Young (4)
Nicky Hopkins (10)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (2)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (6)
Rolling Stones (8)
Rolling Stones関連 (4)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (4)
Santana (4)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (49)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (600)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (22)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (88)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (15)
Curved Air (0)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する