FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-03

Tightrope/Steve Khan - 1977.01.15 Sat









[sales data]
1977
[producer]
Bob James
[member]
Steve Kahn(g)
Mike Brecker(sax)
Randy Brecker(tp)
Dave Sanborn(sax)
Will Lee(b)
Don Grolnick(clavinet)
Steve Gadd(ds)
Bob James(Fender Rhodes/synthe)
David Spinozza(g)
Jeff Mironov(g)
Ralph MacDonald(per)

MI0002108744.jpg


数多くのセッションに名を連ねていたもののこの時既に30歳と結構遅いソロデビュー作品。

カーンさんの独自色というよりボブ・ジェームズ仕切りのTHEフュージョンアルバムで
ボブ・ジェームスがコロンビア傘下で立上げた自主レーベル「タッパン・ジー」の
日本配給第一弾だそうで、音楽仲間のブレッカー・ブラザース、デヴィッド・サンボーン、
スティー・ガッドなどが参加し力の入れようも半端ない感じです。

私の場合カーンさんはeyewitness期から聴き始めたので、ブレッカー・ブラザーズの
アルバムやソロの初期作を聴くとディストーションをかけギターの音がエッジが立って
くっきりしていているので別人のような気がします。
(当時はテレキャスターも使っていたんですね)



余談ですが同時期に発売されたビリー・ジョエルのストレンジャーのギターは
スティーヴ・カーンさんだったんですね(驚)
歌メロをギターでなぞるなど今のカーンさんのギターからは想像もできないお仕事です(笑)

スポンサーサイト



The Blue Man/Steve Khan - 1978.01.01 Sun









[sales data]
1978
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g)
David Sanborn(sax)
Ralph MacDonald(congas)
Steve Gadd(ds)
Will Lee(b)
Jeff Mironov(g)
Michael Mainieri(marimba)
Ralph MacDonald(per)
Don Grolnick(p)
Bob James(synthe)
Michael Brecker(sax)
Rick Marotta(timbales/cowbell)
Randy Brecker(tp)




当時つるんでいたブレッカー兄弟とお仲間達のサポートによるカーンさんの2nd。
ブレッカー兄弟のアルバムと違うのはプロデューサーがボブ・ジェイムスということぐらいで
安心印のフュージョンアルバムです。

緩急つけた自前作品がほどよく配置され(ランディBが1曲提供)本作もフォロンさんの
アルバムジャケットにインスピレーションを受けて制作したそうで、
(An Eye Over Autumnはそのフォロンさんに捧げられた曲です)
タイトル曲のゆるふわな質感がジャケ絵と非常にマッチしていると思います。



私はeyewitness期から遡ってカーンさんを聴き漁っているので初期の頃のカーンさんのギター音が
エッジが効いてかなり「くっきり」していてフレーズもロックっぽいので驚きました。
フュージョンブーム全盛期にガット&リーの鉄壁リズム+ブレッカー兄弟というネタ満載で、
日本人が好きな歌メロを今のカーンさんでは考えられない一本調子でベタに弾きまくっているのに
何故ラリー・カールトン級に人気が出なかったのか考えてみると、明らかにプロモーション不足
でしょうね。

new york all stars

この年、ニューヨーク・オールスターズの一員として初来日して知名度はあがったようですが
ブレッカー兄弟人気に隠れてしまったというかなんというか、人気スタジオセッションマンとして
前に出たいのか?後ろにいたいのか?本人の立ち居地が微妙なところを感じながら
初期カーンさんの魅力が楽しめる作品です。

Arrows/Steve Khan - 1979.05.15 Tue









[sales data]
1979
(Rec:1979/5)
[producer]
Steve Khan
Elliot Scheiner
[member]
Steve Khan(g)
Jeff Mironov(g)
Don Grolnick(key)
Rob Mounsey(key)
Will Lee(b)
Steve Gadd(ds)
Ruck Marotta(ds)
Errol "Crusher" Bennett(per)
David Sanborn(sax)
Michael Brecker(sax)
Rabdy Brecker(tp)




サウンドコンセプトは「Tightrope」~「The Blue Man」の延長線でコロンビア時代の最終作と
なります。

安定していると言えばそうですが、レコード会社の売れ線を命名されたありきたりな
フュージョンサウンドにマンネリ感が漂い始め、多分この路線を続けていたら
カーンさんは数多いる巧いセッションミュージシャンの一人として埋もれてしまったと
思いますが、フュージョンブームが一段落し始めたことがカーンさんにとっては都合よく、
売れ線狙いのお洒落なフュージョン作品を制作する義務(プレッシャー)から解放され
透明感のある不思議なサウンドのeyewitness期へと移行していきます。

Eyewitness/Steve Khan - 1981.11.07 Sat









[sales data]
1981
(Rec:1981/11/7-8)
[producer]
Steve Khan
Doug Epstein
[member]
Steve Khan(g)
Anthony Jackson(b)
Steve Jordan(ds)
Manolo Badrena(per)




1980年はスティーヴ・カーンさんにとってギタリストとしてのターニングポイントとなるのですが
本人の説明によるとフュージョンブームが終わりをつげ、レコード会社の意向に合わせ
時代に迎合したサウンドを演奏をすることに飽き飽きしていたため、



70年代にコリエルとギター・デュオを演っていた頃(TWO FOR THE ROAD)の熱い思いを
次アルバムの音にしようと思っていたところコロンビアとの契約が切れてしまい、
制作費が自腹となってしまいリリース先がなく困窮していたところ
Novus Records創設者のSteve Backerの協力でEvidenceがリリースされます。

evidence.jpg

Novus Recordsは当時迷えるジョンスコも所属していたのですが、
このことでカーンさんに大転機が訪れます。

john sco

丁度、ジョンスコがリリースしたWho's Whoのライヴを観る機会があり
アンソニー・ジャクソン&スティーヴ・ジョーダンのリズム隊が自分の音楽表現に
ぴったり当てはまると感じ、ここにEyewitnessな構想が誕生します。

この構想が見事にはまりフュージョンでありながらそんじょそこらのフュージョンではない
名盤Eyewitnessが誕生するわけですが、このアルバムはIslandレコードに1980年に設立された
Antilles Recordsというレーベルからリリースされるのですが(日本では当時トリオから発売)
何かの権利上の問題があるのかなかなか再発されなかったのですが、
ようやく2016年にEYEWITNESS/MODERN TIMES/CASA LOCOの3in2盤で聴くことができるように
なりました(このおかげで高騰していた中古価格も入手しやすい価格に落ち着き始めました)

カーンさんのギター音はこのアルバムから突然透明感のある不思議な音に変化するため
遡って70年代のエッジのきいた尖んがった音を聴くと「えっ!?」って感じになります(笑)
この突然のイメチェンはカーンさんに何が起きたのか?
ご本人に当時の心境をお聞かせいただきたいものです。

Modern Times/Steve Khan - 1982.05.03 Mon









[sales data]
1982
[producer]
Steve Khan
Doug Epstein
[member]
Steve Khan(g)
Anthony Jackson(b)
Steve Jordan(ds)
Manolo Badrena(per)




1982年5月3日&4日、六本木ピット・インでのEyewitnessメンバーのライヴ。

steve khan

村井康司さんという方のライナーに興味深い記述があるので抜粋させていただきながら整理すると
1981年にeyewitnessを結成した経緯についてカーンさん曰く
「ここしばらく自分のギター・プレイが嫌になっちゃって、あの手のフュージョンサウンドは
もう終わったんじゃないかと。もうノメリ込めないんだ。
要するにもっと素直に表現するプレイをしなくちゃいけないと思い、それがインプロの
可能性を模索ことになったんだ」

そのサウンドを特徴づけたリズム隊の二人の起用についてカーンさん曰く
「ジョンスコのライヴを観に行った時、ベースが自分の好きなスティーヴ・スワローだったんだけど
ちょっと自分のイメージと異なり、頭に浮かんだのがジョンスコのwho's whoで演っていた
アンソニー・ジャクソン&スティーヴ・ジョーダンのコンビでスワローよりもアンソニーの方が
清澄な音になると思ったんだ」

そうそうカーンさんの独特な音色を特徴づける表現をず~っと考えていたんですが
「清澄な音」というのはなかなか適切な表現ですよね。
(パワーヒッターのデニチェンとの共演の評判が巷でよろしくない理由がオボロげに理解できます)

「ジャズは新奇なリズムや楽器から古びていく」という保守的なジャズファンがフュージョン音楽を
見下す時に使う台詞はなかなか的を得ていると思うのですがセールスありきなゴミフュージョンに
埋没しなかった高品質作品に共通することですが「新しい中に普遍性を感じる」時代を超越した
1枚ではないかと思います。
(PS)
収録曲「ペンギン村」は鳥山明のドクタースランプのアラレちゃんシリーズなんだそうで、
カーンさんはドクター・スランプが好きなんでしょうか?(笑)

Casa Loco/Steve Khan - 1983.05.22 Sun









[sales data]
1983
Rec(1983/5/22-23)
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g)
Anthony Jackson(b)
Steve Jordan(ds)
Manolo Badrena(per)




1st~2ndの作風にワールドミュージック風味を加えたeyewitnessとしての三作目。

ワールドミュージック風味はプエルトリコ生まれのマルチ打楽器奏者マノロ・バドレーナさんの
影響かと思い調べてみると、ジャコ・パストリアスとほぼ同時期(1976年)にウェザー・リポートに
参加した人でザヴィヌル・シンジケート、ローリング・ストーンズ、ジョニ・ミッチェルなどの
メジャー作品にも参加している人気セッションマンでした。

このアルバムでもう一つ気になる点があり、PenetrationとThe Suitcaseの2曲が
やけにロックな展開でSuitecaseは聴くたびに思うのですが、これは陽気な新生キング・クリムゾン
そのものですよね(笑)
(スティーヴ・ジョーダンはブルフォードの叩き方を完コピしているとしか思えない)



ファンの間では人気の高い第一期eyewitnessはこのアルバムで活動に終止符を打ち
カーンさんはGRPに移籍します。

Helping Hand/Steve Khan - 1987.01.15 Thu









[sales data]
1987
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g)
Anthony Jackson(b)
Steve Jordan(ds)
Manolo Badrena(per)
*****
Bill Evans(sax)
Chris Parker(ds)
Neil Jason(b)
Clifford Carter(key)
Café(per/voice)

helping hand


eyewitness作品がなかなか入手できなかった頃、唯一楽曲を聴くことができた
Evidence~Casa Locoまでのベスト盤。

ベストといっても各アルバムから1~2曲ピックアップしてそれプラス、私は曲を聴いても
全く記憶がないのですが、1987年に放送された東京ガスのCM用に作られた3曲が収録されています。
(ジャケット画でお馴染みのフォロン作品をアニメーションにしてBGMにカーンの曲が
流れるという内容だったようです)


Public Access/Steve Khan - 1989.01.15 Sun









[sales data]
1989/1/15
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g/key)
Anthony Jackson(b)
Dave Weckl(ds)
Manolo Badrena(per)

3_202001082219327a4.jpg


「カサ・ロコ」以来6年ぶりの「eyewitness」としてのバンド作品。

カーンさんはCBSからGRPに移籍すると「eyewitness」としてやり残した事があり
不完全燃焼だったため同メンバーで続編の制作をしようとしますがスティーヴ・ジョーダンが
今回は参加せず代わりにデイヴ・ウェックルが参加しています。

2_20200108221930475.jpg

ジョーダンが不参加の理由として考えられるのはこの頃キース・リチャーズの
「Talk is Cheap」のプロデュース&ツアーこなすためスケジュールが合わなかったためだと
思います。
その証拠にバンドメンバー共作の4曲にジョーダンの名前がクレジットされており、
リハーサル段階ではジョーダンも参加していたものと思われます。
(他4曲はカーンさんの曲で他1曲「Dedicated To You」は実父のサミー・カーンのカバー)

カーンさんのアルバムジャケットといえはフォローン画が定番でしたが本作はネッド・ショウ
という方のアニメチックなジャケットだったり幾つか変更点はあるのですが、
浮遊感覚溢れるeyewitnessサウンドは健在です。

カーンさんの「やり残したこと」というのがどういものだったのか分かりませんが
この頃のフュージョンチックなGRP作品の中では異色作品だと思います。

Let's Call This/Steve Khan - 1991.06.15 Sat









[sales data]
1991/6/15
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g)
Ron Carter(b)
Al Foster(ds)

16_20200109222254ba5.jpg


ロン・カーター&アル・フォスターというマイルスゆかりのアコースティックリズム隊
によるトリオ作品。
(ジャケットは再びフォロンさん画に戻っています)

カーンさんは初めジェイ・アンダーソン&ジョエル・ローゼンブラットのリズム隊で
デモを録音しますが、日本のポリドールから「もっとビッグネームと演るならリリースしてもよい」と
言われこの面子になったようです。
ちなみにカーンさんは90年後半からジャック・デイジョネットと共演しますが、
この頃カーター&ディジョネットのリズム隊にしなかったのはジョンアバとイメージが
かぶることを意識したからでしょうか?

セロニアス・モンク、ウェイン・ショーター、ラリー・ヤング、リー・モーガンなど
カバー曲が殆どでオリジナルは「Buddy System」1曲のみで、eyewitness期と比較すると
純ジャズっぽい作風です。

原曲を知らないのですが、カーンさん独自解釈の浮遊感溢れる演奏が展開されていますが
残念ながらeyewitnessの時のような躍動感に乏しくカーンさんのオリジナリティな表現力が
この作品ではやや金太郎飴的で退屈です。

Headline/Steve Khan - 1992.01.15 Wed









[sales data]
1992
[producer]
Steve Khan
[member]
Steve Khan(g)
Anthony Jackson(b)
Ron Carter(b)
Al Foster(ds)
Dennis Chambers(ds)
Manolo Badrena(per)

17_2020010922280755b.jpg


前作「Let's Call This」と同じ流れで全曲カバー(ラリー・ヤング、オーネット・コールマン、
サミー・カーン、ウェイン・ショーター他)でカーター&フォスターのアコギリズム隊(1,2,3,5,6)と
アンソニー・ジャクソン&デニチェンのリズム隊(4,7,9)の二つのセッションを収録した作品です。

1_20200109222538303.jpg

カーター&フォスターのリズム隊がしっくり来なかったのか?このアルバム発売時には
既にアンソニー・ジャクソン&デニチェンのトリオで欧州ツアーに出ており
さらにマノーロ・バドレーナまでもが加わった演奏は第三期eyewitnessの様相です。

明らかにデニチェンの太鼓はフォスターに比べて重厚ですが、カーンさんの色に合わせて
いつもよりパワーセーブして叩いている気遣いを感じます(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (2139)
Live In Japan(黒船襲来) (74)
Albert Lee (4)
Allman Brothers Band (16)
Andy Summers (7)
Anthony Phillips (3)
Atomic Rooster (5)
The Band (16)
The Beatles (18)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
Blood,Sweat & Tears (5)
The Byrds (15)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (32)
Boz Scaggs (4)
Brian Eno (14)
Carmine Appice(Vanilla Fudge~Cactus) (27)
Caleb Quaye/Hookfoot (5)
Camel (2)
Carly Simon (5)
Carole king (7)
Claire Hamill (4)
Colosseum/Tempest (15)
Cozy Powell (6)
Cream (13)
C.C.R(Creedence Clearwater Revival) (9)
C,S,N & Young関連 (24)
Curved Air (10)
Danny Kortchmar (9)
David Bowie (44)
Dave Mason(Traffic) (19)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (16)
Derek Trucks (8)
Delaney & Bonnie (8)
The Doobie Brothers (8)
Eagles (12)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (0)
Emmylou Harris (5)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (19)
Family (12)
Focus (13)
Frank Marino & Mahogany Rush (15)
Frank Zappa (64)
Frank Zappa関連 (4)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (18)
Gary Moore (12)
Genesis (27)
George Harrison (12)
Gong (15)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (13)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (16)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (27)
Jackson Browne (13)
Jan Akkerman (30)
Janis Joplin (6)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
John Lennon (10)
Johnny Guitar Watson (7)
Joni Mitchell (12)
Journey(Neal Schon) (3)
Karla Bonoff (5)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (20)
The Kinks (29)
Led Zeppelin (29)
Linda Ronstadt (11)
Little Feat (15)
Lou Reed (27)
Lovin' Spoonful(John Sebastian) (5)
Lynyrd Skynyrd (9)
Magma (2)
Marcella Detroit (4)
Marshall Tucker Band (5)
Max Middleton (6)
Michael Schenker Group(MSG) (10)
Mick Ronson (6)
Mike Bloomfield (9)
The Mountain (10)
Neil Larsen (1)
Neil Young (46)
Nicky Hopkins (11)
Nico (7)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (9)
Paul McCartney (14)
Peter Banks (9)
Peter Frampton (8)
Peter Gabriel (16)
Peter Green (5)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (23)
Pink Floyd関連 (21)
Poco (9)
Procol Harum (12)
Queen (29)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (9)
Robin Holcomb (5)
Robin Trower (14)
Rod Stewart (10)
Rolling Stones (38)
Rolling Stones関連 (12)
Rory Gallagher(Taste) (12)
Roxy Music (10)
Roy Buchanan (10)
Renaissance (9)
Santana (16)
Soft Machine (11)
Spencer Davis Group (5)
Steely Dan (7)
Steve Hackett (40)
Steve Hillage (10)
Steve Miller Band (10)
Stevie Ray Vaughan (1)
Ten Years After~Alvin Lee (13)
Terry Bozzio (9)
Terry Reid (5)
Thin Lizzy (21)
Tommy Bolin (10)
toto (1)
UFO (22)
UK (6)
Uli Jon Roth(Scorpions) (13)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (14)
The Who (20)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
ZZ Top (5)
カテゴリ外(洋楽) (92)
ジャズ・フュージョン (778)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (49)
Bernard Purdie (6)
Billy Cobham (15)
Boogaloo Joe Jones (9)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Didier Lockwood (4)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
George Benson (12)
Herbie Hancock (9)
Idris Muhammad (7)
Jaco Pastorius (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
Joe Pass (16)
John Abercrombie (4)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (52)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (54)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (9)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (14)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (7)
Lou Donaldson (4)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (18)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (11)
Mike Stern (13)
Miles Davis (56)
Miles Davis関連 (9)
Pat Martino (4)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Paul Humphrey (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (9)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (13)
Stuff (11)
Tony Williams (11)
Weather Report (27)
Wes Montgomery (10)
大村憲司 (10)
高中正義 (19)
パラシュート (8)
深町純 (8)
プリズム (4)
増尾好秋 (6)
マライア (10)
森園勝敏 (9)
渡辺香津美 (39)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (65)
邦楽 (859)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (24)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (39)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (11)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (32)
子供ばんど (11)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
斉藤哲夫 (4)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (14)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (18)
シアターブルック(佐藤タイジ) (14)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (47)
近田春夫 (4)
チャー(Pink Cloud/Psychedelix) (37)
ちわきまゆみ (9)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
The News (6)
人間椅子 (8)
バウワウ(Bow Wow/山本恭司) (20)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (35)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (31)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (25)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/ローザ・ルクセンブルグ/どんと関連 (43)
細野晴臣 (41)
Boat/Natsumen (12)
三上寛 (6)
ミッキー・カーチス (6)
ミッキー吉野(ゴダイゴ) (3)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (4)
ザ・モップス (6)
森高千里 (26)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (14)
山内テツ (4)
山下達郎 (7)
レイジー~ラウドネス(高崎晃) (18)
YMO/坂本/高橋関連 (18)
wha-ha-ha~はにわちゃん (5)
日本のプログレバンド (12)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (16)
アニメ (13)
カテゴリ外(邦楽) (32)
その他(戯言・雑記) (115)
縞梟的笑論文 (13)
パチスロ (65)
お悔やみ (27)

リンク

このブログをリンクに追加する