2018-02

デヴィッド・ボウイ/David Bowie - 1967.06.01 Thu









[sales data]
1967/6/1
[producer]
Mike Vernon
[member]
David Bowie(vo/g/sax)
Derek Boyes(org)
Dek Fearnley(b/orchestral arrangement)
John Eager(ds)




デヴィッド・ボウイは元々はサックス奏者としてプロの道に入り幾つかのバンドを渡り歩くも
ヒット曲に恵まれず、一般的にボウイのソロデビュー作品はSPACE ODDITYと思われていて
ファンの間でも殆ど話題にならない理由が良く分かる感じのデビューアルバム。

プロデュースは英国ブルース・ブームの火付け役マイク・ヴァーノンで
意外にもボウイさんのデビュー時のレーベルはDECAのデラムだったんですね。
この頃はビートルズのサージェント・ペパーズに刺激され多くのアーチストが実験的なアルバムを
リリースすることに意欲的だった時期ですが、特に取り立ててこれといった「特徴」がない
朴訥としたフォークロック小作品集です(イメージ的にドノヴァンに近い感じです)

david_bowie2.jpg

又短編映画「イメージ」で役者デビューも果たし、この頃、ボウイのその後を決定づける
パントマイム師リンゼイ・ケンプ氏と出会っています。

ボウイ談
「一緒にいることで、計り知れないほどのものを彼から学んだ。
リンゼイがコクトーやシアター・オブ・アブソード、アントナン・アルトーのことを教えてくれた。
又人々の期待を敢えて逆らうことも教えてくれた。
それは時として、ただ驚かすためだけに、また時として人々を教育する力ともなるのだ。
彼は芸術を実験台にするというアイディアを与えてくれた。
実生活ではやらないようなことができ、危険を冒せる。
芸術を実験の場として使い、その中から新しいライフ・スタイルを見つけ出すんだ」



スポンサーサイト

Space Oddity/David Bowie - 1969.11.04 Tue









[sales data]
1969/11/4
[producer]
Tony Visconti
Gus Dudgeon
[member]
David Bowie(vo/g/etc)
Rick Wakeman(mellotron/key)
Terry Cox(ds)
Tim Renwick(g)
Keith Christmas(g)
Mick Wayne(g)
Tony Visconti(b/fl/etc)
Herbie Flowers(b)
Benny Marshall and friends
(harmonica)
Paul Buckmaster(cello)




朴訥としたデビュー作がひっそり発売され、時流にも乗らず話題にもならず
泣かず飛ばずの2年間はチベット仏教に傾倒し、チベット難民の救済活動に参加したり
リンゼイ・ケンプの劇団でパントマイムの腕を磨いたりしていたそうですが
心機一転DECAからフィリップスに移籍して、1968年の公開映画「2001年宇宙の旅」に
インスパイアされた2nd。

DAVID_BOWIE_SPACE_ODDITY2.jpg

主人公トム君が月面着陸とともに己の無力さを感じ、広大な宇宙の果てへと漂流してしまう
肥大化するテクノロジーの近代化に対する強烈な批判をかましたと書けば簡単ですが
当時はアポロ11号が月面着陸成功に世界が浮かれモードだったわけですから
やはりボウイの時代を先読みする感性は鋭いですね。

2_201601122025176a5.jpg

先行シングルのスペース・オディテイはアポロ11号関連のTV特番のテーマ曲のように
何度もオンエアされボウイ人気を加速したということです。



PVには2種類ありボウイがジギーになってのバージョンが1972年に作られたようです



2012年のロンドン五輪開会式に姿を見せるのではという噂は噂で終わってしまいましたが
(英国チームの入場行進曲はHeroesでしたね)
個人的にボウイ様に歌って欲しかったのはMemory Of A Free Festival

"The Sun Machine is Coming Down,and We're Gonna Have a Party"

会場全体で大合唱して欲しかったなぁ・・・

The Man Who Sold The World/David Bowie - 1970.11.04 Wed









[sales data]
1970/11/4
[producer]
Tony Visconti
[member]
David Bowie(vo/g/sax/etc)
Mick Ronson(g)
Tony Visconti(b/p/etc)
Mick Woodmansey(ds/per)
Ralph Mace(moog)




この3rdアルバムはアメリカで先行発売され、アメリカのコミック「ヒューストン」の
キャラクター、ヒューストン・カウボーイのイラストジャケが採用されるも吹き出し部分の
セリフが当時、精神病院に入院していたボウイの兄を表現していることを懸念したボウイが
差し替えを求め、回収されたり、英国では新装した女装ジャケットが発禁処分となったため
こちらも回収と各国複数種類のジャケットが存在しコレクター泣かせの作品になっているようです(笑)
(日本盤は女装ジャケットで流通しているようです)

the man1 the man4 the man3

この頃のボウイはLSD中毒でレコーディングは難航したようですが
このアルバムからボウイをサポートしたミック・ロンソンとの出会いがボウイのサウンド解釈を
ブ厚くしたのは間違いないでしょう。

tumblr_l6vbus8L6K1qa5zjzo1_500.jpg

この頃のミック・ロンソンはマイナーバンドを転々とし生活に窮し、一時バンド活動を辞め
地元ハルの市営公園課の庭師として働き、音楽活動でこさえた借金返済に追われるという
状況だったようですが、ザ・ラッツのドラマー、ミック・ウッドマンジーがボウイのバンドに
参加することになりその誘いでこのアルバムのレコーディングに参加することになったようです。



アルバムプロデューサーは前作同様トニー・ヴィスコンティが担当しており
当時T.レックスの作品も手がけていたためアルバム全体にグラム色が強くでており
しばらくボウイはこのグラムロック路線を展開することになります。

1_20160112200846862.jpg

尚、トニー・ヴィスコンティ and ウッディー・ウッドマンジは
「The Man Who Sold The World(世界を売った男)」の再現ライヴ・プロジェクトHoly Holyを
立ち上げ2015年、7月日本でもライヴが開催されました。

Hunky Dory/David Bowie - 1971.12.17 Fri









[sales data]
1971/12/17
[producer]
Ken Scott
David Bowie
[member]
David Bowie(vo/g/sax/etc)
Mick Ronson(g/etc)
Rick Wakeman(p)
Trevor Bolder(b/tp)
Mick Woodmansey(ds)




RCA移籍後の4th。
ボウイはその音楽キャリアで頻繁にレコード会社を移籍しますがRCAとはScary Monstersまで
10年近く良好な関係を保ちます。
同時進行で制作していた次作ジギー・スターダストの評判に隠れて、忘れがちの作品ですが
これは良いです。

本作のプロデューサーはケン・スコットさんでアビーロードのレコーディングエンジニアとして有名で
ビートルズの名作の数々の制作にかかわりトニー・ヴィスコンティの元でボウイのアルバムの
エンジニアを担当。

ken.jpg

ケン・スコット談
「アビー・ロード・スタジオからトライデント・スタジオに移りある時、デイヴィッドと何かを
作ってる最中に、プロデュースもやってみようかって言ったら、新しいマネジメントと契約して
もうすぐアルバム作りを始めるけど、自分だけじゃプロデュースに自信がないって言うんだ。
それで共同プロデュースするようになって、「Hunky Dory」を作った。」

コンセプチュアルな内容ではありませんが、誕生した子供への喜びを歌った曲や
アンディ・ウォーホール、ボブ・ディラン賛歌や精神病院送りになった兄を歌った曲など
ボウイの身近なネタを扱った一方代表曲changesではボウイの今後の変貌を予告しています。
(曲数が多かったため5曲ほどカットされStarmanもこの時期に出来上がっていましたが、
次アルバムに回され再録されます)

starman.jpg

ミック・ロンソンのギターが抑え目に感じるのはアルバムを通して全体的に鍵盤の音色が
前に出ているためで、奏者はこの後トニー・ケイに代わりYESに加入するリック・ウェイクマンです。

Ziggy Stardust/David Bowie - 1972.06.06 Tue









[sales data]
1972/6/6
[producer]
David Bowie
Ken Scott
[member]
David Bowie(vo/g/p/sax/etc)
Mick Ronson(g/etc)
Trevor Bolder(b/tp)
Mick Woodmansey(ds)
*****
Dana Gillespie(bvo)
Rick Wakeman(harpsichord)




ロック・スターとしての成功からその没落までを描くロックオペラ傑作。

アルバムの正式タイトルは
「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」

発売当時、アルバムコンセプトを十分に理解してない日本のレコード会社担当者が原題を直訳した
「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」という珍邦題で発売していた
笑い話もあります。

ziggy.jpg

ボウイ談
「ロックはゴテゴテに飾りたて売春婦みたいにしてパロディになるべきだ。
道化師、ピエロのメディアなんだからパーフォーマーである僕こそメッセージなんだ。
音楽はメッセージをつけている仮面にすぎない。」

LSDでラリってるくせに言ってることは実に格好いい(笑)

「ジギー・スターダスト」というキャラクターを思いついたのは、ある時ロンドンの街角を
歩いていた時、50年代のロックン・ロールスター、ヴィンス・テイラーと
偶然すれ違ったそうなですが、その時の印象は
「過去のスター的存在であり、往年のスターも普通の人」と寂しく感じたそうです。
又米のTVを見ている時に「リジェンダリー・スターダスト・カウボーイ」という
カントリー・シンガーが嬉々として歌う姿に興味を持ち、前述のヴィンス・テイラーの
エピソードを重ねて「ジギー・スターダスト」というキャラクターを作り上げたそうです。
(ジギーという名は列車に乗っている時に車窓から見えた"Ziggys"という洋服店の
名をとったものだそうです)

[Vince Taylor]


[Legendary Stardust Cowboy]


「ジギー・スターダスト」というキャラクターを誕生させたボウイですが、
アルバムは最初ロック・オペラ的なコンセプトアルバムを制作するつもりではなかったようです。
前作「ハンキー・ドリー」のセッション時に録音されながら、楽曲が多すぎたために
使用されなかった曲(Starmanなど5曲)に新曲を加えて録音していた72年1月頃に
「ロックン・ロールの自殺者」を録音する段階でこの曲がアルバムコンセプトに
最重要だということで「ジギー・スターダスト=異性から訪れた救世主ジギーの物語」という
コンセプトの基、アルバム全体を再構築することになったそうです。

ziggy5.jpg

ケン・スコット談
「デイヴィッドが曲のデモを作ってきて、バンドがそれを前もって聴いておけることもあったけど、
たいていは彼がその場でバンドに曲を教えていた。どのトラックも最初はベースとドラムス、
後せいぜいピアノだけ、それも一発録りだった。デイヴィッドが飽きっぽいもんで、
どんどん進めてかないといけなかった。少なくとも当時はそうだったが、今でもそうなんじゃないかな。
テイクが3回め、4回めになってきたりすると、もう次に行きたがるんだ。
ミック・ロンソンは自分のパートをいつもおそろしく素早く片付けちまってたよ。」

バックを務めるバンドは当時は「ラッツ」という名でしたがマイク・ガースンが加わった
ツアーからスパイダース・フロム・マーズに改名しアルバムも1枚リリースしています。



デヴィッド・ボウイはビジュアル面で語られる事が多いですが楽曲制作から、ステージ演出、
広報としての宣伝力(バイセクシャル宣言)など本物のエンタテイナーとしてマルチな才能を
如何なく発揮したグラム全盛期のエッセンスが全て詰まっている恐ろしいほどの完成度です。



アルバム未収録でライブのみで演奏された楽曲も数曲ありますが
このアルバムは「運命の5年間」で始まり「ロックン・ロールの自殺者」で終わるべきで
記念盤と称したボートラが付いたCDアルバムなど愚の骨頂!!!

All the Young Dudes(すべての若き野郎ども)/Mott the Hoople - 1972.09.08 Fri









[sales data]
1972/9/8
[producer]
David Bowie
[member]
Ian Hunter(vo/g/p)
Mick Ralphs(g/vo)
Verden Allen(org/vo)
Pete Overend Watts(b)
Dale "Buffin" Griffin(ds/per)
*****
Ariel Bender(g)
Mick Bolton(org)
David Bowie(sax)
Morgan Fisher(org/mellotron/etc)
Ray Majors(g)
Mick Ronson(strings/etc)
Buddy Bauerle(pan fl)
Mike Walls(hammond)
Jeff Hanover(vibraslap)




1972年のボウイは「ジギー・スターダスト」のツアーを開始する多忙なスケジュールの合間に
モット・ザ・フープル、ルー・リード、イギー・ポップのアルバムをプロデュースしています。

1_20160114073230575.jpg 2_2016011407322913c.jpg

モット・ザ・フープルは1969年にメジャーデビューしライヴは好評でしたが、
ヒット曲に恵まれず、解散が決定的なバンドの危機的状況を知ったボウイが
楽曲の提供とプロデュースを申し出ます。
(バンドはアイランドからCBSに移籍)



ボウイは「サフラゲット・シティ」(ジギー・スターダスト収録)を提供しますが
モット・ザ・フープル側が難色を示したためボウイが自身のアルバムに収録予定だった
「すべての若き野郎ども」を提供し先行シングルでリリースされ大ヒット。

motto.jpg

イアン・ハンターは英国では当時ミック・ジャガー以上に神格化された存在で
(しかしグラムロックを受け入れなかった米国ではさっぱりだったようです)
「ロックン・ロール・キング」と称されていたようです。
このバンドのサウンドは「バイオレンス・ロック」と形容されますが、その意味は
ライヴを聴くのが一番良いでしょう。

ギターは後にポール・ロジャースのバック・カンパニーに加入するミック・ラルフス。
収録曲のReady For Loveはバッド・カンパニー時代にカバーしました
又ミック・ロンソンも1974年頃バンドに在籍しシングル曲のデモ録音をしています。

Live 1972/David Bowie - 1972.10.20 Fri









[sales data]
1994/8/3
[producer]
unknown
[member]
David Bowie(vo/g)
Mick Ronson(g)
Trevor Bolder(b)
Mick Woodmansey(ds)
Mike Garson(p)




最初の「ジギー・スターダスト」全米ツアー1972年10月20日サンタモニカでのライヴ。
FM放送の有名ブート音源をマスタリングしたものですが、確かミック・ロンソン追悼盤
という趣旨で公式リリースされたものだったと思います。
(OPのSEクロックワーク・オレンジはカットされています)

セットリストは「ジギー・スターダスト」からの楽曲を中心に
「スペース・オディティ」~「世界を売った男」~「ハンキー・ドリー」の各アルバムからと
「ジギー・スターダスト」に収録されなかった「マイ・デス」
「ウェイティング・フォー・マン」更にリリース前の「アラジン・セイン」から
ジーン・ジニーとこの時期のボウイのベスト選曲です。



音質もブートUPにしてはかなり良質だったのですが、長年入手難でファン泣かせでしたが
最近Live Santa Monica '72というタイトルで再プレスされているようです。

Bowie at the Beeb 1968-1972/David Bowie - 1972.12.31 Sun









[sales data]
2000/9/26
[producer]
Bernie Andrews
Paul Williams
Jeff Griffin
Pete Ritzema
John F. Muir
Roger Pusey
[member]
David Bowie(vo/g/p/etc)

[The Tony Visconti Orchestra]
Herbie Flowers – bass
Barry Morgan – drums
John Mclaughlin – guitar
Alan Hawkshaw – keyboards
Tony Visconti – backing vocals
Steve Peregrin Took – backing vocals

[Junior's Eyes]
Mick Wayne – guitar
Tim Renwick – rhythm guitar
John "Honk" Lodge – bass
John Cambridge – drums

[The Tony Visconti Trio]
Tony Visconti – bass
Mick Ronson – guitar
John Cambridge – drums

[David Bowie and friends]
Mick Ronson – guitar, vocal
Trevor Bolder – bass
Mick Woodmansey – drums
Mark Carr-Pritchard – guitar
George Underwood – vocal
Dana Gillespie – vocal
Geoffrey Alexander – vocal

[David Bowie and The Spiders from Mars]
David Bowie – vocals, guitar
Mick Ronson – guitar, vocal
Trevor Bolder – bass
Woody Woodmansey – drums




ボウイが1968年から1972年の間にBBCに残した音源の編集企画盤。

[DISK1]
Tracks 1 to 4 recorded for John Peel in Top Gear as
"David Bowie and the Tony Visconti Orchestra(1968/5/13)

Tracks 5 and 6 recorded for D.L.T. (Dave Lee Travis Show) as
"David Bowie and Junior's Eyes(1969/10/20)

Tracks 7 to 12 recorded for The Sunday Show introduced by John Peel as
"David Bowie and the Tony Visconti Trio(1970/2/5)

Track 13 recorded for Sounds of the 70s: Andy Ferris
as "David Bowie and the Tony Visconti Trio(1970/3/25)

Tracks 14 to 18 recorded for in Concert: John Peel as
"David Bowie and friends(1971/6/3)

[Disc 2]
Tracks 1, 2 and 3 recorded for Sounds of the 70s:
Bob Harris by David Bowie with Mick Ronson(1971/9/21)

Tracks 4 to 8 recorded for Sounds of the 70s:
Bob Harris as "David Bowie and The Spiders from Mars"(1972/2/18)

Tracks 9 to 13 recorded for Sounds of the 70s: John Peel as
"David Bowie and The Spiders from Mars(1972/5/16)

Tracks 14 to 17 recorded for Johnnie Walker Lunchtime Show as
"David Bowie and The Spiders from Mars(1972/5/22)

Tracks 18 to 20 recorded for Sounds of the 70s: Bob Harris as
"David Bowie and The Spiders from Mars(1972/5/23)

限定盤は2000年のBBCライヴのボーナスディスクが付いた3CDでした。
オリジナルスタジオ盤のクオリティを超える演奏は収録されていませんので
あくまでボウイのコアファン向けです。
一つボウイ様の音楽観の美談として書いておくと、90年代にMTV主導の猫も杓子もの
アンプラグドブームがありましたが、ボウイ様は常に前を向き過去を振り返らないという
ポリシーがあったためこのブームには便乗しませんでした。
その意味でDsik1はアコースティックセットが多いのでボウイ様のアンプラグド物として
楽しめるかもしれません。



尚、ニルヴァーナがアンプラグドで「世界を売った男」をカバーしてました。

Iggy And The Stooges/Raw Power - 1973.02.07 Wed









[sales data]
1973/2/7
[producer]
Iggy Pop
David Bowie
[member]
Iggy Pop(vo)
James Williamson(g)
Ron Asheton(b)
Scott Asheton(ds)
*****
David Bowie(p/per)




聴衆に聴く聴かないの選択の余地すら与えない暴力的なサウンド(ストゥージズのモットー(笑)

音楽によるテロリズムを仕掛けた原始パンクの祖と呼ぶべき存在だったイギー・ポップは
ありとあらゆるものを否定しました。

ヒッピー・ムーブメント、ラブ&ピース、モダン・アート、そしてビートルズを頂点とする
ロック・シーン。
当時カウンター・カルチャーと呼ばれ充分に反体制的だった文化ですら、彼にとっては
否定と憎悪の対象となりました。
一度バンドは解散しますが、国境を越えたドラッグ仲間、デヴィッド・ボウィの助力により、
再起を果たしたのが本作です。

aaa.jpg
(恐るべき3ショット/Ziggy + Iggy +Lou Reed)

しかし、ストゥージズとしての活動はここまでが肉体的な活動の限界点で
イギーはドラッグ中毒が悪化し、ついに入院を余儀なくされ、音楽活動を休止、
苦しみながら、80年中期にドラッグと完全に手を切り90年代に再び全盛期を迎えた
恐るべきパンク版ゴッド・ファーザーです(笑)

Aladdin Sane/David Bowie - 1973.04.13 Fri









[sales data]
1973/4/13
[producer]
Ken Scott
David Bowie
[member]
David Bowie(vo/g/sax/etc)
Mick Ronson(g/p/vo)
Trevor Bolder(b)
Mick "Woody" Woodmansey(ds)
*****
Mike Garson(p/synthe)
Ken Fordham(sax/fl)
Brian "Bux" Wilshaw(sax/fl)
Juanita "Honey" Franklin(bvo)
Linda Lewis(bvo)
G.A. MacCormack(bvo)




ボウイの人気を決定づけたジギー・スターダストのワールドツアー'72の合間に制作され
シングル曲「ジーン・ジニー」はツアーのセットリストで先行披露されていました。

jean genie

アルバム・タイトルは、「A Lad In Vain(空虚な若者)」「A Lad Insane(狂気の若者)」
「A Land Insane(狂気の国)」とドラッグを思わせる候補に二転三転したと言わますが、
最終的に隠語的でパントマイムの神秘性や混乱した精神という意味を含んだ
「Aladdin Sane」に落ち着いたとのことです。
(ジャケットの稲妻メイクは、ナショナルの炊飯器に付いていたマークがモチーフ)

bowie-aladdin.jpg national4.jpg

このアルバム制作時、ロッククラシック名曲となった「すべての若き野郎ども」が
レコーディングされていましたが、モット・ザ・フープルに楽曲提供したため
アルバムには収録されませんでしたが、1973年のツアーでは演奏していました。
(又本アルバムの30THアニバーサリーエディションにはボートラで収録されました)



そしていよいよ、ジギー・スターダスト、日本上陸です!

000_20160115060750d88.jpg

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1302)
Live In Japan(黒船襲来) (49)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
Atomic Rooster (5)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (30)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (42)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (1)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (8)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (57)
ジャズ・フュージョン (536)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (35)
Bernard Purdie (3)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (35)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (8)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (4)
Mike Stern (13)
Miles Davis (32)
Miles Davis関連 (2)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (4)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (9)
Weather Report (29)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (52)
邦楽 (633)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (92)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (17)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する