2017-06

きのうの思い出に別れをつげるんだもの/ザ・ディランII - 1972.04.10 Mon









[sales data]
1972/4/10
[producer]
ディランII
[member]
おおつかまさじ
ながいよう
西岡恭蔵
*****
中川イサト(g)
村上律(g/bjo)
駒沢結城(g)
シバ(harp)
野村哲夫(key)
東山光良(b)
岩本一郎(ds)




dylan.jpg

1969年に大阪市の難波繁華街から離れた場所に音楽家、演劇美術関係者、学生運動家、
ヒッピー等が集うボブ・ディランの名を冠した「ディラン」という音楽喫茶店があり、
その店の常連客だった「おおつかまさじ」「ながいよう」「西岡恭蔵」がディランと名乗って
ステージに立ったのが発端で当初はメンバーの出入りが自由な大御所グループだったようですが、
URCで録音することになったアルバム制作時は前記3人だけがクレジットされ
グループ名もディランIIと改名されたようです。

ボブ・ディランやザ・バンドの影響を受けたサウンドで東のはっぴいえんど、西のディランIIと
音楽ファンの間で比較される事が多かったそうですがロックと日本語の融合という
実験的なサウンドのはっぴいえんどに比べてディランIIは歌心の本質を追求したバンドだったと
思います。
現在、ここまでリズムをためて日本語歌詞を明確に伝えられるバンドはないでしょう。



そもそもこのバンドを知る契機になったのはヘビースモーカーで有名な女優、桃井かおりさん経由で
今は禁煙ブームで「喫煙」が歌やドラマで格好いいと思わせる演出はタブー気味となり
(かくいう私も10数年前まで日に60本は吸うヘビースモーカーでしたが(苦笑)



ある時ラジオで桃井さんの妙に気だるい歌声の「たばこ止めないの」という曲を聴いたことが
強く印象に残っていて、後にこの曲は西岡恭蔵さんの「プカプカ」のアンサーソングと知り、
その「プカプカ」は桃井さんの他、1970年代のサブカルチャーの代表格だった原田芳雄氏がカバーしたり、

 

殿岡ハツエさんがキャラメル・ママをバックにカバーしたりと

pukapuka.jpg

歌は知っているが原曲を聴いたことがないという妙な状態が長年続き、
やっと原曲を聴いた時はカバーに比べるとアップテンポで明るい調子だったので
拍子抜けした覚えがあります(笑)



又この「プカプカ」のモデルとなった方は安田南さんというジャズシンガーだそうです。

yasuda.png

安田南さんといえば1971年、第三回中津川フォークジャンボリーのメインステージのライヴが、
暴徒のため演奏中にステージを占拠されてぶち壊しになり、フォークジャンボリーが
二度と開催されなくなったことでも有名です。


スポンサーサイト

ディランにて/西岡恭蔵 - 1972.07.25 Tue









[sales data]
1972/7/25
[producer]
三浦光紀
[member]
西岡恭蔵(vo/g)
角谷守彦(b)
吉野金次(p)
林敏明(ds)
石村洋子(cho)
島津祐子(cho)



亡くなった奥さん(KUROさん)の三回忌当日の衝撃の後追い自殺から早10数年・・・

nisioka kuro

ディラン脱退後にリリースされたソロデビュー作品。
歌声はそんなに好きな部類ではないのですが、飾り気のないシンプルな楽曲の多くに
魅了されました。
ディランIIに提供していた楽曲も収録されているのでボーカル違いで楽しむのも一興。



*****

ライナーにベルウッドレーベルの小歴史が載っていたので参考までに抜粋。
上條恒彦と六文銭の「出発のうた」の大ヒットを契機に1960後半~1970前年代に
既成の歌謡曲の対抗概念としてキングレコードが設立したレーベル。
(その立役者が三浦光紀さん)

bellwood1.png bellwood2.jpg

記念すべき第一弾、あがた森魚の赤色エレジーが大ヒットし、URC/音楽舎やはっぴいえんど系風都市と
呼応しながらアルバム90タイトルシングル48タイトルをリリースし1978年に活動を終了。
売れ方は非常に地味でしょうが、今でもキングレコードの音宝シリーズで
2012年レーベル発足40周年を記念して三浦光紀さん総監修の元
Bellwood 40th Anniversary Collection」として再プレスされました。

Second/ディランⅡ - 1973.05.15 Tue









[sales data]
1973/5
[producer]
ディランⅡ?
[member]
ながいよう(vo/g)
大塚まさじ(vo/g)
*****
柳田ヒロ(hamond)
北垣雅則(g)
田中章弘(b)
林敏明(ds)
友部正人(harmonica)
渡部勝(org)
瀬尾一三(strings)
金坊(cherestar)
シンガーズスリー(bvo)




東の「はっぴいえんど」と比較して語られることが多いように思いますが、
60年代反戦、反体制をテーマに掲げ中津川フォークジャンボリーなどの音楽イベントで
猛威をふるっていたアウトドアなフォークから70年代に入り喫茶店・コーヒーハウスの登場により
「仲間意識の過剰な若者喫茶店文化」なインドアなフォーク・スタイルという点で
「武蔵野たんぽぽ団」のそれに近いかと。

脱退後も「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」のレコーディングに参加していた
西岡恭蔵が抜け(本アルバムの「君住む街」は西岡恭蔵の楽曲)
ながい&大塚のデュオ体制になったものの、元々「ディラン」はメンバーが固定されない
流動的なものだったため、レコーディングをお願いして参加したというよりは、
たまたま通りかかったような音楽仲間の好サポートがアルバムをひきたてます。



街行き村行き/西岡恭蔵 - 1974.01.25 Fri









[sales data]
1974/1/25
[producer]
細野晴臣
[member]
西岡恭蔵(vo/g)
細野晴臣(b)
かしぶち哲郎(ds)
岡田徹(df)
武川雅寛(fiddle/etc)
駒沢裕城(steel-g)
鈴木茂(g)
村岡健(sax)
松本裕(congas)
松田幸一(harmonica)




西岡恭蔵で聴く細野晴臣の世界、細野晴臣が紡ぎ出す西岡恭蔵の世界。

大阪の西岡恭蔵と東京の細野晴臣という組み合わせは何となく異質な感じがします。
何故なら当時、表には出さないものの東と西の音楽屋さんはお互いを認めつつも
ライバル心があったというかあまり積極的な音楽交流をしていなかったのではないかと
思います。

この二人のコラボはトリオ・レコードと風都市が設立したSHOWBOATレーベルに
上京志向の西岡さんが所属し、実現したのですが
1973年9月21日文京公会堂のCITY - LAST TIME AROUND」にも出演)
細野さんははっぴいえんど解散後、HOSONO HOUSEでパーソナルな世界に向いていた頃なので
西岡さんの歌に自分と同じ香りをかぎとり、惚れ込んだという流れなのでしょう。

「うらない師のバラード」の作詞を除き全て西岡恭蔵の作詞・作曲なのですが
細野さんが積極的にアレンジしているので、二人の類似性がよりくっきりしています。
この二人のコラボの妙は次作「ろっかばいまいべいびい」でも発揮されます。

折角なので「細野晴臣で聴く西岡恭蔵の世界」というアルバムがあっても良かったのでは
ないかと・・・

悲しみの街/オリジナル・ザ・ディラン - 1974.04.25 Thu









[sales data]
1974/4/25
[producer]
三浦光紀?
[member]
大塚まさじ(vo)
永井よう(vo)
西岡恭蔵(vo)
林敏明(ds)
田中彰宏(b)
石田長生(g)
佐藤博(key)
長田和承(g)
松田幸一(hva)
シンガーズ・スリー(vo)
フレディー(vo)
Neko(vo)
魔矢イタル(g)




アメリカン・フォーク&カントリーのコーヒーハウス「ディラン」の常連客10人ほどで
サークル的に始まった「ザ・ディラン」。

このアルバムはザ・ディランの活動が発展しメジャーデビューした大塚まさじ&永井ようの
ディランII解散間近に、同窓会的のりで集まったオリジナルのディラン唯一のアルバム。

orijinal dylan

ディラン系のアルバムもはっぴいえんど同様ジワジワ売れているという話を耳にしますが
ダウンロードしてBGMのように聴き流すにはあまりに勿体無い詩的に優れた楽曲が多く
歌詞を眺めながら、じっくり時間をかけて聴いて欲しい、是非今後も長い年月をかけて
後世に聴き継がれて欲しい音宝です。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (899)
Live In Japan(黒船襲来) (42)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (8)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (0)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (41)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (14)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (5)
Led Zeppelin (7)
Little Feat (10)
Lou Reed (6)
Lynyrd Skynyrd (4)
Magma (3)
Max Middleton (5)
Mick Ronson (4)
Mike Bloomfield (6)
The Mountain (2)
Neal Schon (3)
Neil Young (3)
Nicky Hopkins (8)
Nico (5)
Nucleus (3)
Paul Butterfield (6)
Peter Banks (5)
Peter Frampton (1)
Peter Gabriel (9)
Peter Green (2)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (1)
Poco (3)
Procol Harum (10)
Queen (3)
Rainbow (15)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (8)
Robin Trower (5)
Rolling Stones (6)
Rolling Stones関連 (2)
Roxy Music (6)
Roy Buchanan (3)
Renaissance (2)
Santana (3)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (7)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (48)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (596)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (25)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (21)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (87)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (53)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する