2018-02

The Allman Brothers Band - 1969.11.15 Sat









[sales data]
1969/11
[producer]
Adrian Barber
[member]
Duane Allman(g)
Dickey Betts(g)
Gregg Allman(vo/org)
Berry Oakley(b)
Jai Johanny Johanson(ds/congas)
Butch Trucks(ds/per)




スペンサー・デイヴィス・グループのDon't Want You No Moreカバー曲で幕を開けた
サザンロックの雄、オールマン・ブラザーズ・バンド(ABB)のデビューアルバム。

Capricorn_Records.jpg

ABB誕生はカプリコーン・レコードを立ち上げたフィル・ウォルデンの存在が欠かせず
以前よりアレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケットなどのセッションで
デュアン・オールマンのギターワークに目をつけていたフィル・ウォルデンが
バンド結成の話を持ちかけ生粋の南部出身者による南部サウンドであると同時に
サザン・ロックを代表するレーベル、カプリコーン・レコード契約バンド第一号として
レコードデビュー。

当時の米音楽市場は西海岸と東海岸の一部の地域以外からロックバンドが全米デビューし、
かつ南部を拠点に活動するということは前代未聞でこの南部音楽発信を目的とした
カプリコーンが理想とする地域密着型サウンドスタイルこそが「サザンロック」の原点です。

今でこそ名盤の誉れ高い本作も発売時のセールスは失敗(笑)

内容が問題なのではなく、情報発信が南部というハンデから新たな音楽に対する受け手側の
感覚の鈍さと曲がインプロ長尺でラジオでオンエアしにくいなどその名を轟かせるには
もうしばらく時間を要します。

スポンサーサイト

Idlewild South/The Allman Brothers Band - 1970.09.15 Tue









[sales data]
1970/9
[producer]
Tom Dowd
[member]
Duane Allman(g)
Dickey Betts(g)
Gregg Allman(vo/org)
Berry Oakley(b)
Jai Johanny Johanson(ds/congas/per)
Butch Trucks(ds/timpani)




本作はグレッグの他にディッキー・ベッツも楽曲提供するようになり
REVIVAL、MIDNIGHT RIDER、IN MEMORY OF ELLIZABETHREEDなどのライヴ定番曲を収録し
初の全米トップ40入りを果たし人気バンドの仲間入りをします。

お恥ずかしながらこのアルバムを聴くまでABBには全くというほど興味が持てませんでした。

それはにわか洋楽ファンがよくやる過ちの定番ですが、ABBといえばフィルモアというぐらい、
フィルモア・イーストのライヴ盤が取り上げられるので、フィルモアライヴを入り口にする方も
多いと思うのですが、正直、英国ロックに極端に嗜好が偏っていた私的にタイミングが
悪かったというかサザンロックはどうもしっくり来ないという誤った第一印象を持っただけで
世間が大騒ぎするほど凄いものでもないじゃんと軽く片付けしまい長年放置してしまいました(苦笑)

ところが10数年前に商業音楽の堕落に心底、心を痛め、音楽を全く聴けない状態が
しばらく続いていた頃にふと出会ったのがこのアルバムでした。

それは本当に初めてで驚きの体験だったのですが

「今まで聴こえなかった音が聴こえる」

たまたまそういう心理状態だったのか、このアルバムの持つ魔力だったのかはっきりしませんが
ほぼ同じ時期全くその良さが分からなかったマイルスのビッチェズ・ブリューの偉大さにも
突然、開眼しました。

「今まで聴こえなかった音」というのを抽象的に説明すると
今までスピード&パワーのHRも変速なプログレもどちらかというとメロディ重視で
音を聴いていたのが「リズムで音を感じる」ようになったという感じです。
そのためギタリスト専門だったのがドラム&ベース奏者のソロアルバムに興味の枝葉が
急速に伸びたのはブログを読んでいただければ分かると思います。
又プロデュサーの音処理にも興味が沸いて作品ごとにプロデュサーを意識するようになったのも
この作品からです。

本作のプロデュースを担当したトム・ダウドは第二次世界大戦中
コロンビア大学の物理学研究室で原子核工学を研究しマンハッタン計画に関わったという
経歴の持ち主で戦後アトランティックのレコーディングエンジニアとなり、
音楽と物理学の知識を生かしたトムの音作りは早くから注目を浴びていたとのことです。
レイ・チャールズ、ルース・ブラウン等のR&B系、チャールズ・ミンガス、ジョン・コルトレーン等の
ジャズ系の多くの作品に関わり60年代からはオーティス・レディング、アレサ・フランクリン、
クリームなどのロックな分野を担当することになり、デュアンと親交があったことから
以後オールマンのアルバムを数多く手がけることになるのですが、
デレク&ドミノスやクラプトンの復帰作や渡米した70年代のロッド・スチュワート作品に
大きく貢献したことでも知られます。

そんなこともあって、私のように半ば音楽を聴くのをGive Upしそうな方々も
もしかしたら何かの契機で同じ体験(今まで聴こえなかった音が聴こえる感動)が
可能なのではないかと思い、その一つの契機になれば良いなと思いこの音楽ブログを開設した
という経緯があります。
(自分でも何故この音楽ブログを始めたか今思い出しました(笑)

「今まで聴こえなかった音が聴こえる」ことの悪い反動もあって新しい音とリズムが
どんどん体に吸収される快感に溺れてしまい、それ以降年間購買枚数300枚以上と
異常なハイペースで音楽を聴くことになったのですが、とても作品を吟味して聴くのと
ほど遠い状態になってしまった反省もあって、ここ数年は途中で買い漁った作品群を
一度体系化して更なる音の新発見を目指し「全て興味ある音楽は円を描く」理論を
実践している道半ばでございます。

今回は作品紹介というよりブログ開設の裏話になってしまいましたね(笑)

At Fillmore East/The Allman Brothers Band  - 1971.03.12 Fri









[sales data]
1971/7
[producer]
Tom Dowd
[member]
Duane Allman(g)
Dickey Betts(g)
Gregg Allman(vo/org)
Berry Oakley(b)
Jai Johanny Johanson
(ds/congas/per)
Butch Trucks(ds/timpani)




オリジナル盤は1971年3月12/13日フィルモアイーストでのライブ音源の編集でしたが
2014年に6枚組みの完全盤が発売されました。



名実共にABBが世界的なロックバンドに成り上がったライヴ盤。
(ロック名盤書籍でこのアルバムの紹介記事がないものはないと思います)

しかしこのアルバムは中古屋で安価に売られているのをよく見かけます。

その理由として考えられるのは、私も最初そうでしたがロック名盤という肩書で
購入したもののブルース物で延々とインプロが続いたり
一聴してスンナリ耳に入ってくるメロディアスなものではないため
手放した方が多いからだと思うのですが
「歴史が証明した名盤は良さが分かるまで聴け!」
というのが私の持論です。

これは好き嫌いの問題ではなく「歴史的名盤」には「聴こえない音」を
含蓄しています。
これは私は苦手だったマイルスのビッチェズブリューと同じ質だと思いますが
このアルバムはリズムを感じるアルバムなのでメロディで聴いている限り
このアルバムと和解することはまずありません。
演奏時間が20~30分もの長演をじっと聴くには我慢がいりますよね?
何故こんなに長尺になるかというとプレイヤーはある種のトランス状態に
入るのに時間を要すということではないかと思いますが、
今はCDの簡単な操作でトランスに入る前に次の曲に飛ばしてしまうという行為も
和解のチャンスを逃している可能性があります。
(中には演奏が長いだけでトランスに入らないバンドも多いですけどね。
クラプトンは長いだけでトランスに入らないこと多し(苦笑)

良さが分からない時に何度聞いてもその印象が変わることはありませんが
あなたの日常に大きな変化が起きた時、思い出したように聴いてみてください。
そこに今まで聴こえなかった音が発見できたら、あなたの音楽嗜好は
以前と変わりより充実した幅広い感受性を身に着けているのではないかと思います。



この頃オールマンのメンバーはドラッグ漬けだったため
10月にツアーを一時中断し、ヘロインの解毒治療と新録目的で短い休暇をとります。
そして10月29日、デュアンはベリーの妻リンダの誕生パーティ後、
ハーレイに乗って自分の家に向かう途中バートレット・アヴェニューの交差点で
トラックと衝突し事故死。

あまりにもあっけないデュアン・オールマン物語の幕切れです・・・

duaneallman.jpg

まさに絶頂期、その早すぎる死にバンドメンバーは失意にくれますが
解散は否定しアルバム制作を続行します。

Eat a Peach/Allman Brothers Band - 1972.02.15 Tue









[sales data]
1972/2
[producer]
Tom Dowd
[member]
Duane Allman(g)
Dickey Betts(g/vo)
Gregg Allman(vo/org/p)
Berry Oakley(b)
Jai Johanny Johanson(ds/congas)
Butch Trucks(ds/timpani)

allman.jpg


デュアン存命時のフィルモアのライブ3曲とスタジオ録音済みだった
「スタンド・バック」「ブルー・スカイ」「リトル・マーサ」と
残ったメンバー5人によって新レコーディングされた
「時はもう無駄にできない」「レ・ブレル・イン・Aマイナー」「メリサ」を収録した
変則的な内容。
(新録の楽曲ではディッキー・ベッツがデュアンの代わりにボトル・ネックを弾き
その面影を偲んでいます)

アルバムタイトルはあるインタビューで

「あなたはどういう形で革命に携わっているのか?」

「平和のためにギターを弾いている。そしてジョージアに行く度に平和(ピース)のために
桃(ピーチ)を食っている」

とデュアンが答えたセリフからとられているようです。

このアルバムは高評を博し、チャート4位まで上昇する大ヒットを記録したのですが
再起の音頭は弟グレッグが取ったものの重荷となり代わりにベリー・オウクリーが引き受けるも
彼もデュアンの死を受け止められず酒とドラッグに溺れていき、デュアンロスで
バンドの不安定な状態が続く中、次の新作の配給がアトランティックからワーナーに移り
プロデュサーがトム・ダウトから元アワーグラスのジョニー・サンドリンに代わり
メンバーにチャック・リーベル(p)を加え、バンド建て直しを図るのですが
そこには更なる試練が待ち受けていました・・・

An Anthology Volume I& II/Duane Allman - 1972.11.15 Wed









[sales data]
Vol.1(1972/11)
Vol.2(1974)
[producer]
various
[music]
Allman brothers band
The Hourglass
Wilson Pickett
Clarence Carter
Aretha Franklin
King Curtis
John Hammond
Boz Scaggs
Jonny Jenkins
Delaney & Bonnie
Cowboy
Derek & The Dominos
Otis Rush
Ronnie Hawkins
Arthur Conley
Lulu
Herbie Mann
Sam Samudio

Duane_allman_anthologycover.jpg




オールマン・ブラザース・バンドを一通り聴いてデュアン・オールマンのソロに
遡ろうと思ったら公式のソロアルバムが1枚もないことに唖然としました・・・
考えてみればデュアンのメジャー活動期間は6年弱(1966-1971)とあまりに短かったですからね。

そのためデュアンの死後、追悼盤としてオールマン・ブラザース・バンドの楽曲の他
フェイム・スタジオとマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオに残したセッション音源を
整理したアルバムがリリースされました。

オールマン結成前にデュアンとグレッグが在籍したアワー・グラス
The_Hour_Glass.jpg

ウィルソン・ピケット


クラレンス・カーター


アレサ・フランクリン


キング・カーティス


ジョン・ハモンド


ボズ・スキャッグス


ジョニー・ジェンキンス


デラニー&ボニー


カウボーイ


ディレク&ドミノス


オーティス・ラッシュ


ロニー・ホーキンス


アーサー・コンレイ


ルル


ハービー・マン


サム・サムディオ


ダック&ベアー
duck.jpg

予想以上に多数のアーチストアルバムに参加していることに驚きましたが、
オールマン・ブラザース・バンドのデビューアルバムからデュアンの存在感が際立っていたのは
上記大物アーチストとのセッションで既に自分の演奏に自信を持っていたからなんですね。



2013年に未発表音源含むSkydogというBOXもリリースされましたがマニア向けなので、
この企画盤を元手に参加アーチストのソロアルバムを1枚1枚遡るのも面白そうなので
その企画は又後日。

Brothers And Sisters/Allman Brothers Band - 1973.08.15 Wed









[sales data]
1973/8
[producer]
Johnny Sandlin
Allman Brothers Band
[member]
Gregg Allman(vo/org/g)
Dickey Betts(g/vo)
Berry Oakley(b)
Lamar Williams(b)
Chuck Leavell(p)
Jaimoe(ds/congas)
Butch Trucks(ds/per/congas)
*****
Les Dudek(g)
Tommy Talton(g)




ディッキー・ベッツ談
「デュアンの代役を入れるのは、最も非創造的で不健全な手段だと思う。
誰かを雇ってデュアンのフレーズを教えるなんてことをしたら、俺達バンド全体が
安っぽくなってしまう」

デュアン死後、後任のギタリストを補充せず、基本的にベッツがギターを担当していましたが、
本作ではグレッグがリズムギターを弾き、レス・デューデックやトミー・タルトンの
外部ギタリストが参加。

デュアン死後にリリースしたEAT A PEACHが好セールスをあげ、バンド人気が増幅する中、
新たなレコーディングに入ったバンドに再び悲劇が訪れます。

1972年11月からアルバム制作に入った11月11日、ベリーがバイク事故で死去。
メンバーは再び悲しみにくれますが、オーディションでチャック・リーヴェル(key)
ラマー・ウイリアム(b)が加入しアルバムを完成。
中ジャケットにメンバーとその親族と思われる集合写真が掲載されているのですが
俺たちはもうこれ以上、誰も失わないぞというメッセージのような気がします。
(本作のジャケットは、ブッチ・トラックスの息子ヴェイラー・トラックス、
裏ジャケットはベリー・オークリーの娘さんの写真が使用されています)

ABB_20161103173427558.jpg

今までのブルース・ロック路線からベッツの嗜好であるカントリータッチのサウンドに変化し、
新たなファンを獲得することに成功し、全米アルバム・チャートNo.1を記録。
ベッツがボーカルをとった「ランブリン・マン」はバンドの最大のヒット曲となり
娘さんの名を冠した「ジェシカ」はサザン・ロックを代表するインスト曲となります。





この頃のABBの人気を裏付けるものとしてアルバム発売前に出演した

summer jam1 summer jam2

1973年7月28日ニューヨーク州ワトキンズ・グレン・レース・サーキットで行われた
Watkins Glen Summer Jamでウッドストックを上回る60万人を動員しています。
(他にザ・バンド、グレイトフル・デッドが出演)



******
デュアンとベリーの遺体はメイコンのローズ・ヒルに並んで埋葬されていて

duane-allman-berry-oakley.jpg

デュアンの碑文には
「私は生きることを愛する。私は可能な限り最上の人物となろう。
見つけた愛をすべて受け入れ、それをすべての人に与えよう。
賢明なる人の知識を求め、学びたいと願う人にそれを教えよう」と刻まれ、
ベリーの碑文には「あなたの兄弟の船が川を渡るのに手を貸しなさい。
見よ!あなたの船はすでに岸についている」と刻まれているそうです。

Laid Back/Gregg Allman - 1973.10.15 Mon









[sales data]
1973/10
[producer]
Johnny Sandlin
Gregg Allman
[member]
Gregg Allman(vo/org/g)
Bill Stewart(ds)
Chuck Leavell(p/vibes)
Tommy Talton(g/dobro/tambourine)
Scott Boyer(steel-g/p)
David Brown(b)
Buzz Feiten(g)
Charlie Hayward(b)
Paul Hornsby(org/key/clavinet)
Jai Johanny Johanson(per/congas)
Jim Nalls(g)
David "Fathead" Newman(sax)
Johnny Sandlin(b)
Butch Trucks(per/congas)
Ed Freeman(strings)
Max Cahn(vl)
Tony Posk(vl)
Eileen Gilbert(bvo)
Maretha Stewart(bvo)
Albertine Robinson(bvo)
Carl Hall(bvo)
Hilda Harris(bvo)
Cissy Houston(bvo)
Emily Houston(bvo)
June McGruder(bvo)
Helene Miles(bvo)
Linda November(bvo)




70年代中頃にブームとなった「レイドバック」という言葉は「ゆったりした」を意味する
音楽用語としてクラプトンの461などがその代表的な作品とされていますが
その語源となったのがこのアルバムタイトルで、ソロアルバムらしくABBの活動と一線引いて、
歌物を中心にブルースにとどまらずカントリー、ゴスペル、ソウルとグレッグの
幅広い音楽性をいかんなく披露していています。
(These Daysはジャクソン・ブラウンのカバー曲)

Full Moonのバズ・フェイトンが参加しているのも面白いのですが、
次作Playin' Up a Stormにはニール・ラーセンが参加しています。

デュアン死後、再出発を図ったABBはディッキー・ベッツの色濃いカントリータッチな
アルバムBrothers And Sistersが高セールスを記録する一方、
このソロアルバムリリースを契機にメンバー間の音楽的指向の違いがはっきりし
徐々にバンドの均衡を崩して行くことになったのは皮肉です。

尚、収録曲のWill The Circle Be Unbrokenはデュアンの葬儀の時に演奏されたと
言い伝えられています。

The Gregg Allman Tour/Gregg Allman - 1974.04.15 Mon









[sales data]
1974
[producer]
Johnny Sandlin
Gregg Allman
[member]
Gregg Allman(vo/org)
Jaimoe(ds/per)
Chuck Leavell(p)
[Cowboy]
*Tommy Talton(vo/g)
?Scott Boyer(vo/g)
David Brown(b)
Bill Stewart(ds)
Kenny Tibbetts(b)
Randall Bramblett(org/sax)
Todd Logan(tp)
Peter Eklund (tp)
Harold "Bullet" Williams(sax)
Annie Sutton(bvo)
Erin Dickins(bvo)
Lynn Rubin(bvo)
and many strings




Carnegie Hall, New York, NY and the Capitol Theatre, Passaic, NJ

gregg2.jpg 

カプリコーンの同僚バンド「カウボーイ」(トミー・タルトン&スコット・ボイヤー)を
同行させたツアーで5名のブラス隊、3名の女性コーラス、24名編成のストリングスという
総勢39人の大所帯によるビッグバンド。

gregg1.jpg

最新アルバムレイドバック、オールマン・ブラザースバンド(ABB)のレパートリー、
エルヴィス・プレスリーのカバーなどによるセットリストでホーン・セクションを大胆に導入し、
ゴスペル風女性コーラス隊とストリングスを起用し、南部精神はそのままにサウンド面では
ABBにはなかった大きな音の厚みが加えられたため、このアルバムに関しては
あまりレイドバックという言葉が浮かんできません。

大所帯でラフになりそうなところをABBのような長時間のセッション曲は少なめにし
コンパクトにまとめたことでシャープで切れのある演奏が楽しめます。
(それでもストリングスを絡めたドリームスなんかは聴き応え十分です)



グレッグのソロ活動により、ABBの解散は決定的と考えられていましたが、
本ツアー最終公演のシンシナティ(4/25)のアンコールにディッキー・ベッツ、
ブッチ・トラックス、ラマー・ウイリアムスの3人が登場し、ツアーに同行していた
ジェイモー、チャック・リーベルと勢揃いのオールマン・ブラザース・バンドとして演奏し
解散説を否定します。

しかし、この頃のグレックはドラッグ中毒が悪化し、ツアー後に最初の奥さんジャニスさんと
離婚し、又本ツアースタッフのスクーター・ヘリングがドラッグ密売容疑で逮捕され、
その後の裁判でオールマンがヘリングに不利な証言をしたことから、
バンドのメンバー間がギクシャクし解散に追い込まれます。



Win, Lose or Draw/The Allman Brothers Band - 1975.08.15 Fri









[sales data]
1975/8
[producer]
Johnny Sandlin
The Allman Brothers Band
[member]
Gregg Allman
(vo/org/clavinet/etc)
Richard Betts(g/vo)
Chuck Leavell
(p/moog/synthe/clavinet)
Lamar Williams(b)
Jaimoe(ds/per)
Butch Trucks(ds/congas/etc)
*****
Johnny Sandlin(g/ds/per)
Bill Stewart(ds)



gregg.jpg

グレッグ・オールマン、ディキー・ベッツそれぞれがソロアルバムをリリースし
バンドの均衡が崩れ始めた頃にリリースされたオールマンの5th。
グレッグのブルース嗜好、デッィキーのカントリー嗜好、そしてチャックのジャズロック嗜好と
バンドとしてのまとまりは全くなく、High Fallsのようなセッションタイプの楽曲が
お約束で収録しているものの、全体的に軽く「これ、本当にオールマン?」と疑いたくなるような
味気なさですが、アルバムに4曲提供したディッキー・ベッツとチャック・リーヴェルが
音楽的方向性をめぐって対立したことに加えて、全メンバーがスタジオに揃うことすら
殆どないまま行われたため、

音楽誌レコード評
「演奏はなおもしっかりしているのに、バンド・サウンドは無気力」
「このレコードは、メンバーが殆ど同じ部屋に集まることなく、5か月もかけて制作された。
 混乱した音になるのも当然だ」
「グループはここで初めて、スタジオに集合して曲を録音せず、彼らの原点であり核でもある、
 ライヴにおけるインタープレイを捨て去った。その結果が、とっ散らかった不幸なアルバム
『ウィン、ルーズ・オア・ドロウ』だ」

allman_201701201208179ec.jpg

しかしデッィキーのカントリー色を強めたお陰で新たなファン層を獲得し
セールスはそこそこで人気面は衰えないばかりか、翌1976年、アメリカ民主党ジミー・カーターの
大統領選挙キャンペーンに参加し当選に大きく貢献するなど南部のロックバンドとして
最初に政治に深く関わったりもしましたが、オールマンのツアースタッフだった
スクーター・ヘリング(密売容疑で逮捕)の裁判でオールマンが不利な証言をしたことから、
ディッキー・ベッツ、ジェイムス、ブッチ・トラックスはオールマンを
「友達を売った奴」とみなし、オールマン・ブラザーズ・バンドを脱退し解散に追い込まれます。

Wipe The Windows-Check The Oil-Dollar Gas(熱風)/The Allman Brothers Bans - 1976.11.15 Mon









[sales data]
1976/11
[producer]
The Allman Brothers Band
[member]
Gregg Allman
(vo/org/clavinet/g)
Richard Betts(vo/g)
Chuck Leavell(p)
Lamar Williams(b)
Jaimoe(ds/per)
Butch Trucks(ds/per/tympani)




デュアン・オールマンとベリー・オークレー亡き後の1972年~1975年の編集ライヴ盤。
(1973年7月28日、記録的な60万人を動員した
ニューヨーク州ワトキンズ・グレン・レース・サーキットで行われたサマー・ジャムの音源も収録)

summer jam summer jam2

この頃メンバー間には音楽的な見解な相違、バンド活動と平行してグレッグとディッキーが
ソロ活動を活発化させるなどバンドは結束して新しい音楽を生み出す力はもはやなく、
1976年に麻薬問題でグレッグが保身のためにバンドのローディーを検察に売ったとして、
メンバー全員が共にプレイすることを拒否しバンドの解散は決定的となります。

このライヴアルバムは最新アルバムWin,Lose or Drawの全米ツアーが収録される予定でしたが
解散騒ぎでリリースが遅れ、蓋を開けてみると最新ツアーから採用されたのは4曲のみで
しかもアルバムからはCan't Lose What You Never Hadしか収録されていないことから
解散を意識し、過去のオールマンも辿れるように編集が変更されたものと思われます。

オールマンはフィルモアのライヴという決定盤があるので、どうしても比較のマイナス対象に
なってしまうのですが、普通のロックバンドのライヴ盤よりは断然良いです(笑)



バンドは1979年グレッグ、ディッキー、ジェイモ、ブッチに元グレイト・サザーンの
ドン・トーラー(g)とルーク・ゴールドフライズ(b)を加え
突然オールマン・ブラザーズ・バンドとして復活しアルバムをリリースしますが



キャプリコーン・レーベルの倒産などもあり、バンドは軌道に乗らないまま
1981年に再び解散していますが、1989年に本格的に復活し、幾多のメンバーチェンジを
繰り返しながら現在も活動中。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (1302)
Live In Japan(黒船襲来) (49)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
Atomic Rooster (5)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
Black Sabbath (23)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (30)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (14)
Cozy Powell (4)
Cream (13)
C,S,N & Young関連 (12)
Curved Air (9)
David Bowie (42)
Dave Mason (16)
David Sylvian (7)
Deep Purple (23)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (32)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (25)
Faces/Small Faces (4)
Focus (13)
Frank Zappa (24)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (5)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (4)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (10)
Jack Bruce (25)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (30)
Jeff Beck (32)
Jimi Hendrix (44)
Johnny Guitar Watson (1)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (27)
Little Feat (11)
Lou Reed (13)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (3)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neil Larsen (1)
Neal Schon (3)
Neil Young (15)
Nicky Hopkins (11)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (7)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
Ray Fenwick (8)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (14)
Rolling Stones (19)
Rolling Stones関連 (8)
Roxy Music (7)
Roy Buchanan (4)
Renaissance (9)
Santana (4)
Soft Machine (8)
Spencer Davis Group (5)
Steve Hackett (39)
Steve Hillage (8)
Steve Miller Band (3)
Terry Bozzio (8)
Tommy Bolin (10)
UK (6)
Velvet Underground (9)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (1)
The Who (9)
Yardbirds (8)
YES (28)
YES関連 (30)
カテゴリ外(洋楽) (57)
ジャズ・フュージョン (531)
Al Di Meola (11)
Allan Holdsworth (35)
Bernard Purdie (2)
Billy Cobham (15)
Brecker Brothers (13)
The Crusaders (1)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Grant Green (3)
Herbie Hancock (7)
Idris Muhammad (4)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Abercrombie (1)
John Coltrane (2)
John Mclaughlin (38)
John McLaughlin関連 (6)
John Scofield (35)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (8)
Larry Carlton (1)
Larry Coryell (13)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Melvin Sparks (2)
Mike Stern (13)
Miles Davis (31)
Miles Davis関連 (2)
Pat Metheny (12)
Pat Metheny関連 (3)
Pharoah Sanders (3)
Philip Catherine (4)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (15)
Steve Khan (7)
Stuff (10)
Tony Williams (9)
Weather Report (29)
大村憲司 (9)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (21)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (51)
邦楽 (633)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (14)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (5)
遠藤賢司 (36)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
加藤和彦 (9)
カルメン・マキ (14)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (28)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (11)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
char & Pink Cloud (3)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (23)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (32)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (12)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (92)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (17)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する