2017-07

日本人/ファーラウト(FAR OUT) - 1973.03.15 Thu









[sales data]
1973/3
[producer]
宮下フミオ
[member]
宮下フミオ(vo/g/moog)
左右栄一(g/org)
石川恵(b/g/vo)
アライ マナミ(ds)
*****
喜多嶋修
ジョー山中




70年代初期の邦楽ロックというのは、情報も少なく、音源も殆どが廃盤だったので
音楽雑誌の記事だけで想像する未聴のサウンドに胸をときめかしたものですが
90年頃からCDで続々復刻して、気軽に聴けるようになったのはありがたいことです。

70年初期の邦楽ロックは内田裕也的な洋楽ロックを模倣した英語歌詞系と
はっぴいえんどな日本語系というのが柱ですが、他に60年代を席巻したGSブーム終焉後の
ミュージシャンが烏合離散を繰り返しセッション形式で複数の音源を残していることに
注目したいと思います。

早速、取り上げたいのがこれなんですが、故宮下富美夫を中心に左右栄一(元頭脳警察)
石川恵、前田トミオ(元タイガース)によって1971年に結成されたGS崩れによって
再編成されたグループのひとつです。
(FAR OUTとはフラワー&サイケデリックな60年後半ヒッピー間で使われていたスラングで
「最高!」「ブッ飛んだ!」という意味)

>far out2

このアルバムはバンド名義ですが実際は宮下氏のソロアルバム的内容で
TOO MANY PEOPLEと日本人の長編2曲で構成されるコンセプトは60年代後半サイケムーブメントの
テーマだった「解放」を根底に据え、その後のシンセサイザーサウンドによる瞑想的世界の音像化に
多大な影響を与えたそうです。
内容的にはシンセよりギターメインのハードロック系ですが、元ランチャーズの喜多嶋修とのコラボ作品
「新中国」をフミオ&オサム名義で制作したのを機に宮下氏の音楽指向は精神世界へ
傾倒して行きます。

9e547ed0.jpg img_5.jpg

バンドはワンステップ・フェスティヴァルなどに出演後、音楽的な方向性が定まらないまま解散。
宮下氏は伊藤彰、高橋政明(喜多郎)らとファーラウトのコンセプトを継承し
ファー・イースト・ファミリー・バンドを結成します。

スポンサーサイト

地球空洞説/ファー・イースト・ファミリー・バンド - 1975.08.25 Mon









[sales data]
1975/8/25
[producer]
unknown
[member]
宮下文夫(vo/g/key)
伊藤明(key)
高橋正明(現・喜多郎)(key)
福島博人(g)
深草彰(b)
高崎静夫(ds)




マインドミュージック第一人者、故宮下文夫率いるファー・イースト・ファミリー・バンド
(以下FEFB)のデビューアルバム。

FEFB.jpg

「地球空洞説」とは我々の住むこの地球は、中身の詰まった球体ではなく、ゴムボールのように
中空であったり、別世界へ繋がっているという考え方で小学生が読むSF雑誌なんかには
好奇心をくすぐるネタが幾つも書いてありましたね。

ba8b0b62b324.jpg

地球は宇宙から見ると北極と南極には穴がぽっかりと開いていて、中身が空洞になっていて、
そこには地底人の高度な文明が栄えていて、空洞には真ん中に太陽があり光に満ちていて
(その光が洩れてたものがオーロラ)空飛ぶ円盤は地底人が飛ばしているとか(笑)

ちなみにマイルスのアルバムタイトルのアガルタ(Agartha)とは、ジャケット画(横尾忠則作)にも
描かれていますがスリランカの地底にあると言われた高度な文明を持つ社会・伝説上の理想郷、
または異世界の名称。



そしてこのネタに大真面目に取り組んだのがFEFBで、
11台のコズミック・キーボード(ハモンド・オルガン、ムーグ、メロトロンほか)で巧みに
アレンジされたサウンドと日本神話風に展開する「地球空洞説」は国内はもとより
まだ国際的に門戸を開いていない閉鎖的な日本人に対する神秘的なイメージも手伝い
海外でも高い評価を受け、日本人初の世界同時発売で海外リリースもされ、
CDは2009年に紙ジャケで再プレスされましたが、このバンドの作品は長い間、
何故か輸入盤(UKプレス)でしか入手できないという珍現象がおきていました。

穏やかな情感が全編を覆い、痃想的でとても心地良いサウンドに仕上がっています。
デヴィッド・ギルモア風のギター、倭旋律のムーグ、そしてメロトロンの響き、
大仰なサウンドコンセプトと落差のある文夫さんの歌スタイル(カレッジ・フォーク)に
やや違和感がありますが、日本のロックを語る上で欠かすことのできない好盤。

1970年中期は海外のロックミュージックが音楽シーンをリードしていく構図で
商業的には開花しませんでしたが、日本にも世界に通用する「音楽」を創ろうとしていた
志の高い音楽家が存在した事は記憶に留めておくべきでしょう。
ちなみに高橋政明さんは後に「喜多郎」と改名しワールドワイドな活躍をしているのは
ご存知の通り。



多元宇宙の旅/ファー・イースト・ファミリー・バンド - 1976.03.15 Mon









[sales data]
1976/3
[producer]
クラウス・シュルツ
[member]
宮下文夫(vo/g/key)
伊藤明(key)
高橋正明(現・喜多郎)(key)
福島博人(g)
深草彰(b)
高崎静夫(ds)




ヴァージンレコードのマナースタジオ録音。

プログレバンドは大別すると
(1)テクニカル系(クリムゾン/YESなど)
(2)精神音楽追求系(ピンク・フロイド、タンジェリン・ドリーム)で

FEFB3.jpg

本作は元タンジェリン・ドリームのクラウス・シュルツがプロデュースしたことで
ピンク・フロイドからクレイムが出てもおかしくない神秘をそのままカバーしたような流れで
日本語をもっと活かしてオリジナリティをださなかったことがちと残念。



アルバムコンセプトは前作のテーマ「日本神話」から「再生」「無限」「宇宙」と
精神的な時空に拡大させ、緻密な音作りを完成させるも、ハードな制作スケジュールで
様々なトラブルから伊藤、高橋、高崎、深草の4人が脱退。
あと一歩のところで世界進出計画は頓挫します。

20111101124302.jpg

このノアの箱舟のような宇宙船地球号はどこへ向かおうとしていたのか・・・

Nipponjin/ファー・イースト・ファミリー・バンド - 1976.08.25 Wed









[sales data]
1976/8/25
[producer]
宮下文夫
[member]
宮下文夫(vo/g/key)
伊藤明(key)
高橋正明(現・喜多郎)(key)
福島博人(g)
深草彰(b)
高崎静夫(ds)



多元宇宙への旅」の制作過程で生じたトラブルから伊藤、高橋、高崎、深草の4人が脱退。
解散もやむなしの状況下で宮下と福島がバンド存続を意図して編集に尽力し
ミックスをクラウス・シュルツに依頼しファーラウトの「日本人」のリメイクや未発表2曲を含み
新アルバムとしての体裁を整えたベスト的な内容です。

結果的にドイツなどでは好セールスを記録しバンドは原田裕臣(ds)を新メンバーに加え
脱退した深草彰をゲストプレイヤーに迎え「天空人」をリリースします。

天空人/ファー・イースト・ファミリー・バンド - 1977.11.25 Fri









[sales data]
1977/11/25
[producer]
宮下文夫
[member]
宮下文夫(vo/g/key)
福島博人(g)
原田裕臣(ds)
*****
深草彰(b)




メンバーが宮下氏と福島氏の二人だけとなり新たに原田裕臣を加えたラストアルバム。

宮下氏はこのアルバムでファーラウト以降一貫して取り組んでいたテーマ
「日本人的精神世界」がひとつの完成を見ますがバンドを解散した後も、
宮下(現:富実夫)&伊藤(現:詳)&高橋(現:喜多郎)はこぞってマインドミュージックの
世界に没入

miyashita.jpg ito.jpg

特に高橋さんはクラウス・シュルツェと出会ったことで、シンセサイザーにすっかり魅了され
「喜多郎」に改名し(ロン毛の高校時代に「キタロウ」(「ゲゲゲの鬼太郎」)と呼ばれて
いたことから別漢字を当て「喜多郎」としたそうです)ソロ活動を開始し世界的な
アーチストとなります。
(喜多郎氏が同時期にリリースしたソロアルバムのタイトルがなんと「天界」と
ネタがかぶってるのは偶然でしょうか(笑)

kitarou_20160617164625e42.jpg

原田裕臣さんは人気セッションドラマーとして活躍しゴダイゴ、萩原健一、沢田研二、山内テツの
バック演奏の他、大野克夫による「太陽にほえろ!」シリーズなど多くのレコーディングに参加。

fukakusa.jpg

深草彰(現:深草アキ)さんは中国の古楽器「秦琴」の第一人者として活躍されています。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (947)
Live In Japan(黒船襲来) (43)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (9)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (2)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Camel (2)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (42)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (15)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (6)
Led Zeppelin (9)
Little Feat (11)
Lou Reed (7)
Lynyrd Skynyrd (5)
Magma (4)
Max Middleton (7)
Mick Ronson (5)
Mike Bloomfield (7)
The Mountain (3)
Neal Schon (3)
Neil Young (4)
Nicky Hopkins (10)
Nico (6)
Nucleus (4)
Paul Butterfield (7)
Peter Banks (8)
Peter Frampton (2)
Peter Gabriel (10)
Peter Green (3)
Phil Manzanera (20)
Pink Floyd (2)
Pink Floyd関連 (2)
Poco (5)
Procol Harum (11)
Queen (4)
Rainbow (17)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (10)
Robin Trower (6)
Rolling Stones (8)
Rolling Stones関連 (2)
Roxy Music (6)
Roy Buchanan (3)
Renaissance (2)
Santana (3)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (7)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (49)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (600)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (28)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (22)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (88)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (54)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する