2017-06

Outrider/Jimmy Page - 2017.06.22 Thu









[sales data]
1988/6/19
[producer]
Jimmy Page
[member]
Jimmy Page(g/synthesizer/vo)
Barriemore Barlow(ds)
Jason Bonham(ds)
John Miles(vo)
Chris Farlowe(vo)
Tony Franklin(b)
Felix Krish(b)
Durban Laverde(b)
Robert Plant(vo)




ZEPP解散後のジミー・ペイジさんの作品はロサンゼルスはサントラ質が強く
The Firmはポール・ロジャースさんのR&B色が強かったので、かなり時間が経ちましたが、
リズムと絶妙にからまないヘンテコなリフが久々に楽しめるペイジさんの初ソロアルバム。

ペイジさんはZEPP解散後も、チャリティーコンサートなどをTVで見る機会は多かったんですが
薬中のせいで指が動かず満足にギターを弾けない醜態を見るたびに幻想が壊れていくという感じで、
前年(1987年)麻薬不法所持で逮捕され、執行猶予処分となったことを契機に
麻薬依存症とアルコール中毒の治療に本格的に取り組み、健康状態が改善したものの、
発売当時はあまり期待しておらず、ゲストでプラントさん呼ぶならジョンジーさんも呼べよとか、
このアルバムで唯一不必要な演出はボンゾの息子にボンゾそっくりに叩かせたことだとか
不満たらたらだったんですが、今聴くとなかなかいいです(笑)
(ボーカル陣(ジョン・マイルス、クリス・ファーロー&プラント)はなかなか聴き応えあり)

今はZEPPな側面以外の耳で聴けるようになったので、素直に聴くことができるんですけど、
当時はどうしてもZEPPと比較してしまって、狭量で損な聴き方をしていたなと反省。
ZEPPファンの中には私同様、購入したまま殆ど聴かずに放置している方もいると思いますが
騙されたと思って、押し入れから引っ張り出して聴いてみてください。
きっと今まで聴こえなかったペイジさんのギターフレーズが聴こえるはずです。

スポンサーサイト

Anthology 1964-1968/Jimmy Page - 2017.06.22 Thu









[sales data]
1997/1/22
[producer]
unknown
[member]
Jimmy Page
Neil Christian & The Crusaders
Nico
John Mayall & The Bluesbreakers
Eric Clapton
Chris Farlowe
Joe Cocker
etc




ZEPP加入前のジミー・ペイジさんは人気セッションマンとして本人すら覚えていない
膨大な数のレコーディングに参加しており、そういった珍音源を手っ取り早くまとめて聴くための
怪しい感じの寄せ集め企画盤が多数発売されているのですが、
この類の音源は複数リリースされているにも拘らず殆ど使い回しで選曲が重複しているので
購入時は要注意です。

[参考]ジミー・ペイジの参加セッション一覧
ジミー・ペイジ本人監修のセッション物完全盤BOXが出れば良いのに・・・

何故、ジミー・ペイジほどのミュージシャンのレコーディングデータが正確に残っていないかというと
当時はミュージシャン側、セッションマン側、プロデューサー側それぞれに守秘義務があり、
ペイジ自身も自分のどのプレイがどこで使用されているのか知らされないことも
多かったそうです。
(例えば本盤に収録されているFleurs De Lysはプロデュースだけでペイジは弾いてない説や
ドノヴァンのThe Hurdy Gurdy Manは長年ジミー・ペイジがプレイヤーとしてクレジットされていましたが
近年ジョンジーに公式に否定されました)



ジョンジーwrote
"I would like to confirm that the musicians on the record were as follows:
・Donovan, Accoustic Guitar;
・John Paul Jones, Arrangement/
Musical Director and Bass Guitar;
・Alan Parker, Lead (electric) Guitar;
・Clem Cattini, Drums.
No other musicians were involved in this session."

では今更ながらZEPP加入前のジミー・ペイジさんの略歴をおさらいしましょう!
若干15歳でニール・クリスチャン&クルセイダーズでプロギタリストとしてデビュー。
ソロ・デビューは1965年、フォンタナ・レコードからシングル
「She Just Satisfies」をリリース。



この曲はセッションで参加したキンクスのRevengeの改作で楽曲クレジットは
レイ・デイヴィス&ジミー・ペイジ。
またこの前後、エリック・クラプトンとのツインギターによる非公式セッションの様子を録音した
ブルースナンバーをリリースしクラプトンの反感を買っていますが、この件に関してペイジは、
レコード会社が勝手にやったと主張しています。

後にベーシストの穴埋めとしてヤードバーズに参加し、レッド・ツェッペリン誕生につながって行くのは
皆さんご存知のところです。

nicoさんのデビューシングルはなんとジミー・ペイジさんがプロデュースしていました(驚)

Sunset Wading/John G Perry - 2017.06.21 Wed









[sales data]
1976
[producer]
Rupert Hine
[member]
John G. Perry
(vo/b/p)
Rupert Hine(p/etc)
Michael Giles(ds)
Roger Glover
(A.R.P 2600)
Simon Jeffes(koto)
Geoffrey Richardso
(viola/fl)
Elio D'anna(sax/fl)
Corrado Rusticci(g)
Morris Pert
(marimba/vibes)
Beryl Streeter(vo)
Gavyn Wright(vl)
Steve Rowlinson(vl)
Levine Andradi(viola)
Helen Liebmann
(cello)




グリンゴ、キャラヴァン、カーヴド・エアー等を渡り歩いた通好みなロックファンには
お馴染みのベーシスト(兼ボーカリスト)の初ソロアルバム。

この頃ルバート・ハインがプロデュースする作品はJohn G. PerryとMichael Gilesのリズム隊の
組み合わせが多く(John G. Perryは後にルパート・ハインとクォンタム・ジャンプを結成)



気心知れたメンバーによるリズムセクションに管楽器&ストリングスがからむ
非常に丁寧に作られたアルバムです。

帯にはプログレの歴史的名盤と書かれていますが、ニューエイジ・ミュージックの先駆けと
いった感じです。
(中には高中正義のようなトロピカルな感じの曲もあります(笑)

最初はメロディアスでアダルトなイージーリズニング物としてBGM的に聴き流していたんですが
地味ですけど結構テクニカルな面もあり、聴き込む度に味が増すスルメ盤な1枚かと。

Prev «  | TOP |  » Next

ブログ案内

縞梟

Author:縞梟
ブログ概要はこちらをご参照ください

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

洋楽 (899)
Live In Japan(黒船襲来) (42)
Albert Lee (3)
Allman Brothers Band (11)
Andy Summers (7)
The Band (13)
The Beatles関連 (8)
The Byrds (10)
Bill Bruford (16)
Bill Laswell (3)
Billy Preston (4)
Bob Dylan (17)
Cactus (0)
Caleb Quaye/ Hookfoot (5)
Colosseum/Tempest (12)
Cozy Powell (9)
Cream (8)
C,S,N & Young関連 (10)
David Bowie (41)
Dave Mason (5)
David Sylvian (7)
Deep Purple関連 (14)
Delaney & Bonnie (7)
Eagles (5)
Emerson Lake and Palmer(E.L.P) (33)
Electric Light Orchestra(E.L.O) (4)
Emmylou Harris (6)
Eno (8)
Eric Clapton (13)
Faces/Small Faces (4)
Focus (15)
Frank Zappa (19)
Frank Zappa関連 (2)
Frankie Miller (7)
Fred Frith (2)
Free (1)
Gary Moore (11)
Genesis (4)
Gong (14)
Gram Parsons (4)
Grand Funk Railroad (3)
Gurvitz Brothers (3)
Humble Pie (2)
Ian Gillan Band (11)
Jack Bruce (12)
Jackson Browne (2)
Jan Akkerman (11)
Jeff Beck (8)
Jimi Hendrix (42)
Joni Mitchell (7)
Kevin Ayers (6)
King Crimson (48)
King Crimson関連 (16)
The Kinks (5)
Led Zeppelin (7)
Little Feat (10)
Lou Reed (6)
Lynyrd Skynyrd (4)
Magma (3)
Max Middleton (5)
Mick Ronson (4)
Mike Bloomfield (6)
The Mountain (2)
Neal Schon (3)
Neil Young (3)
Nicky Hopkins (8)
Nico (5)
Nucleus (3)
Paul Butterfield (6)
Peter Banks (5)
Peter Frampton (1)
Peter Gabriel (9)
Peter Green (2)
Phil Manzanera (19)
Pink Floyd (1)
Poco (3)
Procol Harum (10)
Queen (3)
Rainbow (15)
RMS(Ray Russell/Mo Foster/Simon Phillips) (8)
Robin Trower (5)
Rolling Stones (6)
Rolling Stones関連 (2)
Roxy Music (6)
Roy Buchanan (3)
Renaissance (2)
Santana (3)
Soft Machine (6)
Spencer Davis Group (3)
Steve Hackett (13)
Steve Hillage (7)
Steve Miller Band (2)
Terry Bozzio (7)
Tommy Bolin (10)
UK (4)
Velvet Underground (7)
Whitesnake (16)
Wishbone Ash (0)
The Who (8)
Yardbirds (6)
YES (4)
カテゴリ外(洋楽) (48)
ジャズ・フュージョン (398)
Al Di Meola (10)
Allan Holdsworth (18)
Billy Cobham (13)
Brecker Brothers (10)
David Torn (7)
Frank Gambale (4)
Herbie Hancock (5)
Jean-Luc Ponty (8)
Jeff Berlin (6)
John Coltrane (1)
John Mclaughlin (21)
John McLaughlin関連 (2)
John Scofield (20)
John Tropea (7)
Jonas Hellborg (3)
Larry Coryell (6)
Lee Ritenour (3)
Lenny White (5)
Mark Nauseef (4)
Mahavishnu Orchestra (15)
McCoy Tyner (3)
Mike Stern (13)
Miles Davis (18)
Pat Metheny (10)
Pat Metheny関連 (3)
Return To Forever (13)
Stanley Clarke (11)
Steve Khan (5)
Stuff (8)
Tony Williams (9)
Weather Report (25)
大村憲司 (6)
パラシュート (8)
深町純 (5)
増尾好秋 (6)
マライア (7)
森園勝敏 (10)
渡辺香津美 (19)
渡辺貞夫 (4)
カテゴリ外(ジャズ・フュージョン) (47)
邦楽 (596)
あがた森魚 (5)
荒井由実 (4)
井上陽水 (12)
ウエスト・ロード・ブルース・バンド(山岸潤史) (4)
遠藤賢司 (28)
小川美潮 (11)
大瀧詠一 (6)
久保田麻琴(サンディー&ザ・サンセッツ) (3)
カルメン・マキ (13)
クラムボン (5)
クリエイション/竹田和夫 (27)
コシミハル (9)
ゴールデン・カップス/エディ藩 (11)
サディスティック・ミカ・バンド/サディスティックス (16)
サンハウス/シーナ&ザ・ロケッツ (11)
鈴木慶一 (3)
鈴木賢司 (6)
鈴木茂 (10)
ズボンズ (5)
ソウル・フラワー・ユニオン/ニューエスト・モデル (25)
高中正義 (4)
ちわきまゆみ (8)
陳信輝 (6)
戸川純 (9)
西岡恭蔵(ザ・ディランⅡ) (8)
人間椅子 (7)
BOW WOW (10)
はっぴいえんど~ティン・パン・アレイ関連 (33)
ハプニングス・フォー (7)
早川義夫(ジャックス) (6)
浜田麻里 (6)
パンタ/頭脳警察 (18)
ヒート・ウェイヴ/山口洋 (21)
フラワー・トラベリン・バンド (6)
ボ・ガンボス/どんと (27)
細野晴臣 (22)
Boat/Natsumen (12)
紫(沖縄ロック) (10)
村八分(山口冨士夫) (7)
ザ・モップス (6)
柳ジョージ (6)
矢野顕子 (13)
山内テツ (3)
山下達郎 (6)
Lazy~Loudness (18)
YMO/坂本/高橋関連 (19)
wha-ha-ha~はにわちゃん (4)
日本のプログレバンド (11)
岡野ハジメ (4)
成毛滋 (6)
ファー・イースト・ファミリー・バンド (6)
柳田ヒロ (7)
四人囃子 (15)
アニメ (10)
カテゴリ外(邦楽) (21)
その他(戯言・雑記) (87)
縞梟的笑論文 (12)
パチスロ (53)
お悔やみ (15)

記事画像

リンク

このブログをリンクに追加する